患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 夏 50代 女性 裂肛 外来患者様より

この病院に来てよかったです。

切れ痔になる原因を教えてもらえたので、予防することもできると思うとホッとしました。

<スタッフよりコメント>

この病院に来てよかった。とのお言葉とても嬉しく思います。

切れ痔を繰り返すんです・・・と悩まれている方、本当にたくさんいらっしゃいます。

手術をしても切れない肛門は作れないですし、根本治療は便通習慣を見直すことなんですよね。

お尻に良かれと思ってやっていたことが、実はお尻にとっては良くないこともたくさんあります。

これを機に、排便習慣を見直してみて下さいね。

また、何かございましたらお気軽にご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2014年 春 脱肛・肛門掻痒症 40代 外来患者


診察を受けてやっぱり!と思いました。

長い年月をかけて自分でこの症状を作っていた事を知ってショックです。

手術をした方がいいのでしょうが、正直な所どうしたら良いのか(費用の事、夫に話す事)を考えています。

しばらくは坐薬を使って便通をよくしたいと思います。

《スタッフよりコメント》

手術をお考えの方、迷っている方、手術せずにこのまま痔とつき合っていく方。当院では、ご自身のご希望に添って治療をしていく事ができます。

痔をこれ以上悪化させない様に、うまくつき合っていくアドバイスも受ける事ができます。

もちろん症状にもよりますが、気軽にご相談いただけたらと思います。

お大事になさって下さい。

スタッフ山根


2014年 夏 80代 女性 外来患者さん

佐々木みのり先生へ

今日は、いいお話をして頂きまして本当にありがとうございました。

もっと早く来ていたらと心から思っております。

これからは友達にも教えてあげたいです。

《スタッフよりコメント》

みのり先生へのメッセージありがとうございます。

いいお話がきけたとの事で、私も嬉しく思います。

当院はお一人お一人に充分時間をとって、診察をさせて頂いています。

普段聞けないお尻の話、沢山聞いて行って下さいね!

また困った事があれば、いつでもご相談下さい。

スタッフ山根


2014年 夏 20代 女性 痔核 外来患者様より

病院に行くまでは、少し気が重かったのですが、自己判断してもと思い、行くことにしました。

説明も細かく受けることができ、安心しました。

<スタッフよりコメント>

そうですよね・・・なかなか肛門科へは足が向かないですよね。

勇気を出して受診して下さり、安心しました。とのお言葉嬉しく思います。

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

当院は皆さんが思われている肛門科のイメージとは、少し違います。

辛い症状で悩んでいるけど、受診をためらっておられる方がいらっしゃれば・・・受診されると、きっと思っていたイメージとは違った!と感じて頂けるかと思います。

1人で悩まず、どんなことでもご相談下さいね。

スタッフ:浦岡

2014年 夏 30代 男性 直腸粘膜脱 外来患者様より

とても親身に話を聞いて頂き感謝しています。

話をすることにより、不安がなくなりとても楽になりました。

<スタッフよりコメント>

気持ちが楽になったとのことで嬉しく思います。

1人で悩みを抱えてしまうと、本当にしんどくなってしまいますよね。

先生は話しにとことん付き合って下さいますよ。

どんなことでもお尋ね下さいね。

今後も心配に思うことなどあれば何でもご相談下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。