患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性患者さんの手記(痔瘻・入院手術・2011年秋)

腰椎麻酔でしたが、注射は、全く痛くなく、
手術は、あっという間に終わりました。


術後、痛みは少しありましたが、
痛み止めを飲めば、食事も頂けて、
思っていたよりも楽でした。


◆手術日1日目


緊張していたので、昼食はあまり食べれませんでした。
昼一番の手術でしたので、夕方麻酔がきれてきた頃 痛みがでてきたので、
痛み止めを飲み、夕食は部屋で頂きました。


夕方、痛くなったので
痛くて寝れなかったらどうしよう? と思いましたが、
朝までぐっすり寝れました。


◆2日目


浣腸が怖く、看護師さんにして頂きましたが、
便がでずに、夜、薬を出してもらい
一日、ゴロゴロと過ごしました。


◆3日目


昨晩 飲んだ薬がきいたのか、朝食後 排便。
その後、浣腸(今日は自分でできました。) → 外出!!

◆4日目

朝、浣腸をしたけど排便がでず、9:00頃 排便。
その後、もう一度浣腸だったので、今日は少々痛み有り。
日曜日だったので、家族がきてくれたので外出して
お昼は外で食べました。


夜、先生の指示で浣腸 → 排便。
排便後、痛みがあったので薬を飲む。

院内コンサートがあり、ゆっくりと音楽を聴く事ができて良かった


◆5日目


昨晩、排便をしたので、朝の排便がスムーズにでて楽だった。


今日は昼から患者さん達と、皆でケーキ屋に行き
帰り、バラを見ながらお散歩
とても入院(手術をした)した人の行動とは思えない程、
楽しく入院生活を送れました。


◆6日目


あっという間の5泊6日の入院生活でした。
院長先生、みのり先生、スタッフの方、
本当にありがとうございました。


この病院で手術を受けて、良かったと思っております。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


日記風に書いて下さいました。


入院中の方の様子がよく分かります。


こんな感じで過ごされる方が多いです。


ケーキも美味しい店が多いですヨ。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


【便秘外来】 のページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。