患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2011年夏)

肛門に なにかとびだしているなと思って12年。


痛くはないし、押すともどってくれるので、
「ま~いいか」と過ごしてきたけど、5月に すわっていると肛門に違和感。


痛くはないけど、痛くなってきたらどうしようと、不安が強くなってきた。


以前に、内科と肛門科の病院に行って、ぬり薬と注入薬をもらったけど、
そこもいまいちだと思ったので、
今回はしっかりなおすつもりで、HPで病院さがしから始めたところ、
ここが出てきて、内容を確認。


女性の先生だったら、
恥ずかしくなくて、相談もじっくりできそう。


早速、電話をして予約。


診察の結果、脱肛で手術が必要とのこと。


不安を解消できるならと、手術を決めて帰りました。


手術まで1ヶ月あると、いろんな事を思うので、
なるべく考えないようにしてました。


術前検査で、巌先生とお話しをしたら、
不安が少しやわらいで、気持ちが前向きになりました。


手術は手術台にのぼるまでドキドキしてたけど、
看護婦さんみんなに声をかけてもらって、
「どうとでもして」と、開きなおったところで始まり、
力がぬけて、よかったみたいです。


麻すいのチクチク感だけで、痛さは ほぼなくて手術終了。


その後も痛み止めをもらい、ほぼ痛さを感じず、良好でした。


手術の次の日から普通にすわれるし、歩けるわで、
思ってたより快適な入院生活でした。


便も ほぼ毎日、同じ時に出て、
浣腸も入院前に何度もしてきたので、
恐くなく出来て、順調でした。


入院生活も、同じ悩み、同じ病気で来た人ばかりなので、
仲間意識が働いて、うちとけて話が出来て、
楽しくすごさせてもらいました。


ありがとうございました。


いわお先生の、術前写真と術後の写真を比べて見せてくれて
説明をしてくれた顔、うれしそうで、
私もうれしくなってしまいました。


普通のきれいなおしりになったんだーと実感しました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


え? そんなに嬉しそうでしたか?


確かに手術直後は、「よっしゃー」という顔になっていることが
多いかも知れませんねぇ。






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ







コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。