患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の男性患者さんの手記(痔ろう・入院手術)

僕は20代半ばに痔が発症して約10年間、
病院にも行かず、ごまかしながらここまできましたが、
今年に入ってから症状が急激に悪化し、
歩く事すら困難になり、早急かつ冷静にネットで病院を探しました。


その時に私の痔が痔瘻(じろう)と言う症状なのだと、
ネットで色々と検索して分かりました。


そして、色々ある病院の中でも、
ここは特別な事に保険が利かないので、正直悩みました。


安くてなんぼの今の世の中に、逆行しているような病院ですが、
裏を返せば、よほど自信がなければできないと思って、決断しました。


そして案の定、入院手術でした。


患部も数ヶ所あり、手術も大変でしたが、
先生方も大変そうでした。(ありがとうございました。)


術後当日は痛みは普通にありましたが、寝れないほどではなく、
翌日には思ったよりも痛みもなく
(でも、座る事とか、起き上がるとか、くしゃみをする時などは痛いです。)
良好でした。


しかし、便をする時は大変です。


大仕事ですので、これから入院手術される方はそのつもりでいてください。


今もこれをベッドの上で、横になって書いています。


ここでの入院の日々は、いつか良い思い出になると思っています。


院内コンサートなどもあり、心も癒される思いでした。


看護の方々も、とても親切で、
病院の環境も良かったと思います。


これから入院される方に一言いうとすれば、
「大丈夫です。 良い思い出になります。」 と言いたいです。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


そうです。


いつか思い出にするために、
今日は治療!! ですヨ。



佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

はい
痔の闘病は忘れられない
とっても良い思い出です
佐々木先生のことを
「尊敬できる」「心から慕っていた」
方として
今でも時々思い出します
お変わりないかなぁ?
時々会いに行って
年を重ねていく先生を
脳の中で上書き保存しないといけないな
と思いつつ
お尻の具合が良くて
行く理由がありません
【2011/06/30 20:20】 URL | 元満もとこ #5oqX/DCc[ 編集]
コメントありがとうございます。
一緒にがんばった思い出ですね。

私の記憶はどうぞ、そのまま、
上書きせずにおいてください(笑)。
いらっしゃる理由がないのは何よりです。
【2011/07/01 16:27】 URL | 佐々木 巌 #3HF.sUwc[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。