患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2011年冬)

手術当日、9:00に来院し、すぐにお尻に麻酔のテープ(?)を貼ってもらう。


11:00頃、手術開始。


局所麻酔はたまにチクチクする程度で、
手術中は全く痛みはなし。


歩いて病室に帰り、30分後 徐々に痛みが


痛み止めを飲み、しばらく休んだら、痛みは軽減しました。


私の痛みのピークは、約3時間でした。


その後、寝る前には少しズキズキする程度で、
朝起きると、動かない限り、全く痛くありませんでした。


そして、恐怖の診察&浣腸。。。


診察は全く痛くなかったですが、浣腸が痛かったです。


シャワーも浴びましたが、少し傷がしみる程度でした。


(傷口がまだ腫れていたら、浣腸がなかなか入りづらいので、注意が必要です。)


今日で4日目ですが、さすがに排便時は痛みますが、
日常生活には、あまり支障なく過ごせています。


最後に、院長先生、みのり先生 はじめ、看護師の皆さん、
食堂のおじさんやおばさん、全ての人が親切で優しくて、
大変快適な入院生活を送る事が出来ました。


他の患者さんにも恵まれ、毎食後 コーヒーを飲みつつ、
談笑がすごく楽しかったです。


まだまだ完治する迄、お世話になりますが、
本当にありがとうございました。
 


P.S
コンサート、とても良かったです。


みなさんの歌はもちろん、みのり先生の最後のお言葉、
すごく心に響きました。


あと、クイズ
オカノさんのお人柄がにじみ出てて、niceでした。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


手術直後は少々痛む方が多いです。


あとが楽だったようで、よかったです。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。