患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2010年秋)

痔で病院へ行くことは一大決心でしたが、
みのり先生に明るく、あっさり・テキパキとお話しして頂き、
大肛病院へ来て良かったと思った。


手術は院長先生、みのり先生の二人にして頂くが、
手術中は何の痛みも無く、お尻より横に向いた首が痛い位でしたが、
病室に帰る時は、さすがにペンギン歩きでした。


ガマンできる痛さだが、夜は痛み止めを飲み、爆睡。


二日目、シャワー・外出許可が出て、
中之島公園のバラを見ながら、ブラブラ2時間位散歩。


三日目、排便の時、痛みが有るが、20~30分でましになる。


昼食後に大阪城公園までブラブラ、菊花展で目の保養。


夕食後は女性八人で一時間おしゃべりと大爆笑、
なかなか楽しい入院生活です。


四日目はお尻の囲いがかぶれてヒリヒリ、お薬を塗ってもらう。


アットホームのコンサート、とても楽しい時間でした。


守衛さん、最高です。 みのり先生の歌声ステキでした。


院長先生、みのり先生、看護師さん、本当に優しいです。


ありがとうございました。


明日からは痔にならないように、生活を見直します。


本当にありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


楽しい入院生活だったようで、何よりです。


もう帰って来なくていいように、おしりを大切に!!


佐々木 巌




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。