患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代男性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2010年夏)

どれくらい痔とお付合いしてたかはわかりませんが、
10年は超えて付き合っていたと思います。


私の場合、あまり自覚症状が無く、
強いて言えば、ウンコをした時に血がポトポトたれるぐらいで、
痛みもなかったのですが、
2~3年前から、ひんぱんに血が出るようになり、
腹圧がかかる事でも出血するようになり、
面倒くさくなり、巷で噂の 「大阪肛門科診療所」 にやってきました。


保険がきかない事で悩みましたが、
「実績のある所で、安心できるなら!」
と言う嫁の一言で決めました。


手術当日、もっとキンチョーしてるかなと思っていたけど、
それ程キンチョーせずに当院に到着。


手術までの時間に館内を案内してもらう。


血圧・麻酔のアレルギー反応チェック・点滴で、いざ出陣。


初めて見る手術室。


キンチョーしてきたので、オシッコに行く。


覚悟を決めて手術台へ! って言う程の覚悟は必要無しです。
(結果論ですけど)


手術中の痛みは、麻酔が効いてるので全くありません。


麻酔注射も、普通の注射も、痛い度は同じです。
「チクッ!」 です。


手術中は流れてくる曲を聴いて、少し眠たくなるくらいリラックスです。
(院長・みのり先生もリラックスムードで手術してはりましたよ!)


手術が終わり病室に戻り、翌日の朝まではベットの上で安静です。
退屈との戦いです。(腰椎麻酔)


僕は午前2番目の手術だったので、昼頃に麻酔が切れてきました。


15~16時頃に完全に麻酔が切れると予想し、
昼めしをたっぷり食べて、15~16時は爆睡しよーと決めました。
(少しでも痛みを感じたくないので)


※術後スグは座って食べにくいので、パン・おにぎり etc・・・
寝ながら食べれる物を買っておく方が良いですよ!


痛みは思っていた程の激痛ではありませんでした。
(強いて言うなら、自分のキャパよりも大きなウンコが出た感じの痛みです。
 この痛みはずっと続きますよ!
 個人差はあると思いますが、僕はガマンできる痛みでした。)


皆さんの体験談を読ませてもらって
「術後は快適!」 みたいな事を書いていますが、
そんなに快適ではないですよ!


お尻の穴に力を入れれないから、オシッコもしにくいし、
オナラをするのも、クシャミをするのも、座るのも怖いです。
(現在、術後3日目)


切ったん(手術)だから、当たり前です。


でも、普通にガマンできる痛みなので、これで治るのならと納得!


3日目になると、外出も出来るし、朝・晩の検診以外は自由なので、
ここまで来ると、気持ちは快適になります。
(症状は変わりません。ガマンできる程度の痛みと、お尻に力をいれれない怖さ)


お尻を気にしなければ、もっと快適なんでしょうけど・・・無理です!


ジャンナ ジャンカさんのサックス コンサート、よかったです。


実は、僕 リハーサルの時に、すでに涙が出そうになるくらい
感動してしまったんです。 (泣ける曲やったんやろうか?)


これからは、中途半端にピロピロ飲みしたらアカンと思いました。
 



今日で4日目、症状は変わらず軽い痛みのままです。


ウンコがスッキリ決まった時は良いのですが、今日は最悪!!


自力では大量に出たものの、カンチョーをして残便感があり、再カンチョー・・・


またもや残便感あり。 不快な1日を過ごします。
 



OKブラザーズバンド良かった。


みのり先生とその仲間達! 感動をありがとう。
院長の五弦ベース シブイ!
 



5日目 今日もウンコ決まらず、残便感を残して生活する。


痛みも変わらずです。


結局、痛みは退院するまで変わらずでした。


激痛は1度もなしです。


排便慣れ、リズムをつかめないまま退院するのが、今後少し不安です。
 



入院中でビックリしたのは、女性が多く、男はわずか4人で、
女性陣に圧倒されましたが、
皆さん良い人ばっかりだったお陰で、楽しく過ごせました。


正にアットホーム。


患者の皆さん・病院のスタッフの皆さん・先生方・そしてMYファミリー


皆様方に感謝!!
 





【 ドクターからのメッセージ 】



この方はサックスホン・コンサートにとても感動しておられました。
(私はリハーサルのみ見ました)


そんなに喜んでもらえて、来てもらってよかった・・・


ご家族がいつもお見舞いに来られていて、
すごく幸せなご家庭に見えました。


そう、ご家族に感謝、とてもスバラシイと思います。


佐々木 巌






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ












コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。