患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳代の女性の手記より(脱肛・日帰り手術・2008年冬)

子供を出産後40年、脱肛との闘いに悩まされ
日増しの(脱肛)成長に、如何なものかと案じる毎日でした。



最近では出血というお添えものまで付き、どうしようもない状態になり、
40年来のものに手を下さなくてはならないかと考えておりましたところ、



お友達より、
「上手な先生が居られるよ」、
「先生以下、staffも申し分のない人達で構成され、何の心配も無い」 との事で、
「是非、先生に相談してみては。」 との事でした。



私も切羽詰っており、意を決し、足を運びました。



やはり、想像以上の好印象、
早速、切除の手続きを終え、見苦しい箇所への切除へと進みました。



こんなに痛みも少なく、思っていたより安易に治療が出来た事は、
佐々木みのり先生の技術と、staffの人達の支えがあったからこそと思っております。



誠に有難うご座いました。



その後の検診(週一回)で、最初2~3ヶ月の通院が必要と聞いていましたが、
先生の技量と経過処置が良い為に1ヶ月位で、OKになるとか…、
先生からのお話しがありました。



もっと早く先生を知っていればと悔まれてなりません。



完治の暁には、旅行にスポーツにと、
希望に胸がふくらんでおります。



Lots of thank you !



【 ドクターからのメッセージ 】



日帰り手術は入院手術と違い、痛みを伴うことが多いのですが、
痛みの感じ方には随分個人差があります。



この方の場合は痛みも軽く、予定よりも早く治癒しましたが、
どんなに痛くても、術後の痛みは傷が治ればなくなります。



最終的には、「痛かったけど手術して良かった!」
と、言って頂けるのが日帰り手術です。



命にかかわる病気ではありませんが、
「手術をして人生変わりました」 と、言われる患者さんも多いです。



おしりもスッキリ治ったことですし、
これからの人生、どんどん楽しんで下さい!



佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。