患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳代男性患者さんの手記(痔ろう・入院手術・2010年夏)

H19・H20と他の総合病院で手術を行い、
今回初めて、大阪肛門科診療所でお世話になりました。


手術~入院~退院までの感想は、お世辞でも無く99点です。


~内訳~


良い所 (99点~~気持ち的には120点!)


・ 院長先生、みのり先生をはじめ、全ての看護師さんに、
  親身になってお世話して頂ける。
  (他の病院ではそこまで・・・でした。)


・ 同じ痔主の方ばっかりなので、すごく話がし易い。
  (食事中も痔の話で盛り上がりました) 笑


・ 何よりも、院長先生・みのり先生が優しい・・・。。。
  そして、すっごく面白い!!!
  (膿が取れた時、院長先生が、
   「この仕事してて最高に嬉しい時やわ」と言って下さったとき、
   涙が出そうになりました。)


悪い所 (ワガママ -1点)


・ 外出許可が出て無い時、カードが無いので、
  タバコが吸いに行きにくい・・・。
  (コレが -1点・・・ごめんなさい。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


保険が効かないコトもありますが、
そんなん関係ない位、非常に素晴らしい診療所だと思いました。


特に院長先生・みのり先生の技術の素晴らしさが 100点満点です!!


他の病院では 「痛かった」 しか思い出が無く、
痔瘻は術後も痛い嫌な病気でしたが、
今回、全くと言って良い程 「痛く無かった」 のにびっくりしてます。


まだまだお世話になりますが、
今後共宜しくお願い致します。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


食事中に痔の話、便の話していいのは、院内だけデスヨ!
(私はつい外食先でも・・・子供にたしなめられてマス・・・)


タバコの件は、さりげないプレッシャーです。
「これを機会に禁煙」 となったらいいなぁ、と。


治療はこれから、がんばりましょう。


※ 当院の通用口はオートロックなのですが、
  外出許可が出るまではカードキーを貸してもらえず、
  タバコが自由に吸えないのです。
  (↑不評でしたので必要な方には貸出すことにしました。)


佐々木 巌




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。