患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代女性患者さんの手記(脱肛・外来治療・2010年秋)

これまで病気らしい病気もなかったため、
お医者さんにかかること自体が一大決心でしたが、
佐々木みのり先生の診察は、とても頼りになるものでした。


目を見て、あたたかくも、はっきりと説明して下さるのが、
私にはよかったです。


また、スタッフの皆さんがあたたかい雰囲気で接して下さるのが、
安心につながりました。


患者さんを呼ばれる際の、
「順番が前後しますが、○○時予約の~」というアナウンスは、
待っている患者さんに対する気づかいとして、
非常に良いと感じました。


痛みもないので、20年以上放ってあったところ、
大腸検査をすることになり、果たして検査ができるのか不安で、
慌てて診ていただきましたが、
検査も受けられるとの診断で、安心しました。


何より、実は便秘だったことが分かっただけでも(ショックですが)
診て頂いてよかったです。
 

・・・お酒はやめないとならないですね。
先週から禁酒を始めていたので、継続することにします・・・。


迷っておられる人がいたら、早目に診てもらった方がよいと
強く進言します。


あと、あまり上手く話せないかも、という方は、
問診票に先に書いておく・・・というのがいいかも。
(いいですか、先生?)
 


【 ドクターからのメッセージ 】


はい!
皆さん、緊張のためか診察室に入ってこられたときには表情が硬いです。


私たちは患者さんの緊張をほぐすよう努力していますが、
言いたいこと、聞きたいことが分からなくなってしまう方もおられると思います。


そのような場合は問診票にお書き下さい。配慮致します。


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。