患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2010年春)

二度目の手術です。


初めは40年位前でした。


その時の痛みは忘れる事が出来ません。


一年余り前より、手術を何とか逃れようとして、
近くの内科で軟便になるクスリをもらって過ごして来ましたが、
だんだん痛みに悩まされ始めました。


そこで手術を覚悟し、二、三軒の医者をお尋ねしましたけど・・・


佐々木先生に出会った瞬間の事、
先生のお優しい人柄に強くひかれましたし、
院内の雰囲気がとても明るく、ふしぎと安心感が湧いてきました。


絶対ここに決めようと思いました。


もう迷わず決めました。


とにかく、うつぶせの手術が気丈夫でした。


マスイの注射も覚悟を決めていたほどに痛くありませんでしたので・・・、
本番のマスイがいつ行われるのか不安になり、おたずねしましたところ、
“もう終りましたよ” とのお声が返って来て、
“ほんとに?” と、ほんとに “へえ?!・・・” と思い、
そのうれしさは、たとえようありませんでした。


これだったら、一年前に受けておけば良かったと後悔しました。


私、排便は苦しみましたが、
看護婦さんにおたすけいただいたりして、
とてもありがたく思いました。


明日、無事退院出来ます。


コンサートで元気をいっぱいいただきました。


ほんとうにありがとうございました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


当院は自費診療の施設ですので、
他の病院を回ってから、受診される患者さんが多いです。


痔の手術を受けられるのが2回目、3回目という方もおられます。


そこでビックリされるのが、やはり 「痛みの少なさ」 のようです。


局所麻酔は、特に評判が悪いようです。


おしりのまわりに注射をするのですが、
これがもう死ぬほど痛かった!


あんな痛い麻酔はいやなので、
腰からの麻酔か、全身麻酔にして下さい!!
と、強く主張する患者さんが多いです。


ですが、当院で行う局所麻酔は、そんなに痛くないです。


そりゃあ、ちょっとくらいはチクチク痛いですが、
皆さんによると、 「耐えられる痛み」 だそうです。


もちろん痛くないよう、様々な工夫と努力をしています。


その工夫は、企業秘密?! です


この方の場合、麻酔が終わっているのに、
「先生、いつ麻酔するんですか? もうすぐ痛くなるんですよね?」
と、麻酔をしている間、気付かないくらい痛みがなかったようです


とっても感動していただいてうれしかったです


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ





コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。