患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性患者さんの手記(脱肛・日帰り手術・2010年春)

出産後から痔ができ、初めはすごく小さかったのが、
いつの間にか大きく膨れあがっていた。


近くの病院で診察を受けた。


「手術をしなあかん」 と、にちゃにちゃ にやけ、
笑いながら、すごく感じ悪くて。


絶対いらん、こんな所で手術しないと思った。


それに、私は母子家庭。 仕事は休めない。


「痔がなんや、怖くない。 ほっとくからいい。」 と諦めていた。


先生は男の先生やし、「どこ見とんねん」 と思った。


朝トイレに座る暇もない程、忙しい毎日を過ごしていた。


便秘はもちろん、冷え性やし、食事も睡眠も不規則。
仕方がないと思った。


今回、手術を受けようと思ったのは、
痔が大きくなりすぎて、排便後きれいに拭きとれないし、
排便する際、痔が大きくなっている気がした。


子供にインターネットで女医がいる肛門科を探してもらった。


佐々木みのり先生に辿り着いた。


でも保険が効かない、お金がかかる。 でも手術したい。


子供に相談した所、
「ほっといたらあかん。よくないし、ずっと気にしていた所やし、
すっきりしてき」 と言ってくれた。


おしりを人に見せるって、とっても恥ずかしい事やし、
痔を持ってるなんて、家族以外の人に知られたくない。


佐々木みのり先生に初めて診察を受けて、びっくり。


なんて明るいの。


「大きな痔ですね」 と笑顔で言われ、
「大丈夫」 と言って下さった。


先生に任せよう、と手術を受けた。


正直、麻酔は痛いし、痛みと不安とで泣きそうやった。


でも、がんばった。


手術後も痛くて痛くてたまらなかった。


3日間、痛みと戦った。


薬を飲んでも痛みは治まらなかった。


4日目から痛みが軽減され、仕事へも行った。


時々 痛みがはしったが、表情に出さず、がんばった。


私の痔は大きかったので、3ヵ月位かかると思っていたが、
約1ヶ月半で治った。


毎日排便をし、浣腸、薬を塗布。先生に言われた通りにやった。


大好きなビールも飲まず、
自転車通勤10分を、徒歩で20分歩いた。


がんばって良かった。


生まれ変わった おしりにびっくり。


みのり先生に感謝しています。
ありがとうございました。


初めは、先生に笑顔すら見せれず、
いつもやや険しい表情だった。


手術後から少しずつ、穏やかな表情に変わり、
治療が終了と聞くと、満面の笑み。


手術をして良かった。


温泉だって、おしりを隠さず入れるし、
とにかく 幸せ。


病院の皆様、本当にありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


よく頑張られましたね!


ご家庭の事情、仕事の状況をお聞きして、
日帰り手術を提案しましたが、本当に辛抱強い方で、
痛みを表情に出さない方でした。


また、この手記を読ませて頂いて、
診察・治療に至るまで、お子さんの存在が、後押しがあったと知り、
ステキな母娘だと、ちょっと感動しました


日帰り手術の痛みに耐えられたのも、
お子さんの存在が大きかったのだと思います。


確かに、日帰り手術は痛いです。


でも、3日たつと、随分痛みも和らぎ、
ほとんどの方がお仕事に行かれます。


そして、2週間もたてば、痛み止めがいらなくなります。


痛みはつらいですが、
入院できない方には、便利な方法だと思います。


治療が終わった時の患者さんの笑顔は、
私たちの仕事の糧です。


患者さんも、「あ~、手術して良かった!」 と思われるように、
私たちは、「あ~、この仕事してて良かった!」 と思える瞬間でもあります。


そして、治療が終われば、その患者さんとの別れが待っています。


ちょっぴり切なく、寂しい瞬間でもあるんです


どうぞお元気で!


そして、また戻って来ることがないよう、
オシリを大切に!!
 


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ








コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。