患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性患者さんの手記(脱肛・日帰り手術&短期入院・2010年春)

私は10年前に、おしりに違和感(かゆみ)を感じました。


年々ひどくなっていることを実感し、何件か病院にも行きました。
そのたび塗り薬をもらったり、腸検査をしたりもしました。


しかし、一向に良くなることはありませんでした。


何回ももう恥ずかしいので、あきらめかけていました。


でも今年になり、市販の薬を使い更に悪化してしまいました。


すぐにHPで女医の先生を検索し、みのり先生にたどり着きました。


先生はお会いした瞬間から優しいオーラで真剣に私の話を聴いてくれました。


そして、私のおしりをみて、すぐに10年以上悩みをもっていたことや、
どういう症状か全て言ってくれました。


10年間悩んでいたことが、嘘のようでした。


手術は痛みはありましたが、今までの悩みがなくなったせいか、
術後とてもよく眠れました。


入院生活でも女性の方がほとんどで、
皆さん笑いながら痔の話をしたり、イボが何個あったかなど、
うれしそうにおしえてくれました。


自分だけではなかったんだなと思いました。


先生は、
どうして私はこういう病気になり、悪化させてしまった原因、
そしてこれからどうすれば完治するかを全て詳しく説明してくださいました。


たった数十分の手術で、全ての悩みが取りのぞかれてとても幸せです。


本当に佐々木先生に出会えたことに、心から感謝しております。


ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


立派な脱肛と、長年のかゆみで悩んでおられた女性でした。


かゆみで悩んでおられる女性は多く、誰にも相談できず、
また、何科を受診したらよいのか分からず、
途方に暮れている人もたくさん診てきました。


この方は、短期入院手術で、
通常の入院手術よりは痛みは強かったと思いますが、
翌日からケロッとしておられ、元気に過しておられました。


また退院後は、東京からの通院、本当にご苦労様でした!


また、痔にならないよう
便通にだけは気を付けて下さいね!


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。