患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2010年春)

私は、30年余り前のお産がきっかけで、イボ痔になりました。


当初は症状もそんなにひどくなかったし、
子育て中という事もあり、そのまま生活しておりました。


便秘が常習で、排便の度にいきんでいたら、だんだんと悪化していき、
排便後に自然に戻っていたイボも出たままの状態になり、
しまいには出血もはじまりました。


それでも肛門科の病院は恥ずかしい気持ちがあり
ずっとそのままにしていました。


外出するつもりでいても、痔の症状が悪化したら中止して、
何度も子供にもかなしい思いをさせてしまいました。


年令も50代半ばを過ぎ、体力低下もあり、
出血が一ヶ月以上続き、
歩いているだけでイボが脱出し、
押し戻しても、又 脱出するを繰り返す状態になってしまい、
途方にくれていました。


今までの30年間、家族や親戚、友達から
ずっと、手術して早く楽になったらと言われていたけど、
ずっと「痔は “やまいだれ” に、てら(寺)と書くのだから、
お墓まで持って行く」 とひと1倍こわがりの私は
絶対手術はしないと心に決めていました。


が、このまま年令を重ねて将来介護が必要な体になった時
どうしようと少し気持ちが変化してきました。


そして、手術をしてもらう病院をネットで探す日々が続き、
肛門の大事さもわかりました。


ネットで探した結果、色んな病院がありました。


日帰り手術だけやっている病院、保険診療の病院など。


でも、色んな病院のホームページを見てゆくのだけれど、
その日の最後は 「大阪肛門科診療所」 のホームページに
たどりつくと言う日が何日か続き、
もうここしかないと決めました。


手術された方の体験談、トップページの巌先生とみのり先生の
やさしそうなお顔を拝見し、本当に長い長い、
30年余 手術を拒み続けた気持ちが、不思議な位なくなり、
この病院で痔を治してもらおう、手術してもらおうと決心しました。


でも、こわがりの私は手術は気持ちの準備が必要だからと
2ヶ月程先に考えて初診を受けました。


出血も続いているし、イボもたくさんあるから
2ヶ月も先にしないで、5月の連休にしましょうとの
みのり先生の診断に 「1週間もない。無理や。」 と
心で思いましたが、主人も早い方が良いと言ってくれて、
4月30日に手術を受けました。


生来のこわがりで、手術がとってもとってもこわかったのですが、
麻酔も思っていたより痛くなかったし、
手術は、本当に痛くありませんでした。


途中、ふと性格の不安性で、
おふたりの先生、看護師さんにご迷惑をおかけしましたが、
皆様のやさしさで乗り切れました。


本当にありがとうございました。


長年、痔で苦しんでいた私を見て来た、主人も息子も、
こんなに良い病院をもっと早く知っていたら良かったのにと、
手術後も元気な私を見て話しています。


入院中は、やさしい看護師さん、
おそうじ、食事の世話をして下さるおじさんとおばさん、
本当に楽しい入院生活になりました。


明日、退院しますが、後は通院をしばらくしたら、
元気になって、主人と又、園芸やウォーキングが出来ると
楽しみにしています。


本当にありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


本当にこわがり、不安がりの患者さんでした


ひどい脱肛で、かなりの出血があり、貧血症状も出ていたので、
あまりのん気に構えていられない状況でした。


手術を決断されたのは、
ご本人よりも、一緒に付いて来られていた御主人でした


そして、手術当日・・・。
付き添いに来られたのは、息子さん。


ご本人は、手術が終わって夜の面会時間が終了するまで、
そばに付いていて欲しかったようですが、
デートの約束があるとのことで、
早々に帰って行かれ、心細そうにされていました。


手術が終わって、大した痛みもなく、
経過も順調で、ケロッとしておられるのを見た、ご家族の方が皆、
「こんなに簡単にすむのなら、母さん、もっと早く手術してほしかったわ!
今まで何度、痔のせいで、旅行をキャンセルしたか分からんで!」
と言っておられ、苦笑してしまいました


これからは、今までできなかったことを楽しんで下さいね!


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。