患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2010年春)

10数年間、脱肛でしたが、
中に押して入れていれば痛みはありませんでした。


4月に入り、痛みを感じるようになり、
日増しに痛みがひどくなり、薬を入れても全く良くなりませんでした。


患部が肛門という事から、病院に行く勇気がなく、
後悔はしましたが・・・


ある時、主人がインターネットで本病院を探してくれて、
すぐに診察を受けました。


佐々木みのり先生より 「すぐ、手術やわぁ!」 と言われた時は
ショックでしたが、長年悩んでいたし、「絶対によくならない!」
との診断でもあった事から、手術を決意いたしました。


手術も入院も始めての経験で、少し不安でありましたが、
痛みに耐える自信もなかったので・・・、 しかし、痛かった!


痛みがない内に、診察に来ればよかった・・・ と、本当に後悔しました。


手術は院長先生(男性)であったので、
当初の “恥ずかしい” という気持ちは、術後にはありませんでした。


最終的には “安心”しました。


とにかく、「早期の治療」 という事を本当に感じました。


先生はじめ、スタッフの皆様も本当に親切で、
本当に有難うご座居ました。


結構、“痔” で悩んでいる人や、患っている人が多い事にビックリしましたが、逆に安心しました。


見せてみると、案外 “恥しい” 事ではなかったです。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


痔にも色々な種類があって、中には緊急手術を要するものもあります。
この方のケースがそうでした。


「早く救ってあげなければならないオシリ」でした。
もう限界に近かったと思います。


痛くない痔は長年放置されがちです。


つらくないのであれば、それはそれで良いと思うのですが、
つらくなってきた時には、かなりひどい状態になっていることが多いです。


初めて肛門科を受診されて、それだけでも一大決心をしていたのに、
手術?! となると、ショックは倍増です。


でも、手術をしなければ、つらい状況は ず~っと続くので、
いつか決心をしなければならないです。


早く決心をした方が、早く楽になれます。


手術後の痛みは一生続きません。
治ればいつかなくなる痛みです。


あと少しで治ります! 一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。