患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2010年春)

3年ほど前に、一度診察に来た時は、それほど危機感もなく、
市販の塗り薬でどうにか痔とつき合ってきたものの、
今回ばかりは便を出せば、丸一日以上痛みが残り、
自然と便を出すのが恐く、3~4日に1回するのがやっとの状態となり、
再度当病院を訪れました。


仕事が忙しく (忙しいという言葉に逃げているだけですが)、
思うように休めない中、偶然と言うか、
ゴールデンウィーク中に手術ができることになり、
再診 即 検査で、4日後に手術と言う、
少し無謀とも思える予定を立て、決行となりました。


しかし、こういうことは思い切りが大事で、
あれこれ色んなことを考えていると、
つい良い機会を逃してしまいます。


思い立ったら吉日。


少々の仕事は脇に置いといて、
尻の不安を取り除いてから、仕事に遊びに励めば、
きっと違う明日が開けてくると思います。


恥ずかしいという気持ちも、
周りも皆同じ苦しみを持っている人達だから、却って遠慮なく喋れるし、
暖かいスタッフに囲まれ、素敵な院内コンサートもあり、
短い入院生活でしたが、エンジョイすることができ感謝!!
 


【 ドクターからのメッセージ 】


待っているだけではチャンスは来ません。


結局いつ思い切るかだけなのですが、
やっぱりご自身で、「もう、いや!」 とならないと、
手術に踏み切れないのが、この病気の辛いところでもあります。


何事もタイミングは大切。


この機会を大切に、治してしまいましょう。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ





コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。