患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内痔核の女性(23歳)の手記

私は自分が痔になってしまった事に気付いてから、最初は痔のことを軽く考え、薬局の薬等でこっそり治し(治ったつもりになり)、自分の生活習慣などは改善することもなく、気付いた頃には(約2~3年後)ひどくなって再発してしまいました。


それでも病院に行くなんて考えもせず、日増しに悪くなっていきました。


それからやっと生活習慣を考え直すようになり、便秘にならない食事(それまでは薬に頼りっぱなし)、野菜中心の食事、漢方薬、自然食品ナドナド、どうしても病院に行くのがいやで、努力を始めました。


でももう遅く、治ることは決してなく、ひどくならないのが精一杯でした。


毎日毎日、朝のお通じのコトで頭が一杯で自分の人生が不安でした。


朝には必ず、薬と綿と湯をトイレに持ち込んで、早くて30分、遅いときには一時間努力していました。


これは普通ではないと感じていてもどうする事もできずに、約2年ほどそのような生活が続きました。


家族以外の誰にも気付かれずに毎日をしのいで生きているようで、不安で、友達にも彼氏にもいつかは言わないでは済まない、と悩んでいました。


このままでは精神が病んでしまうと思って、やっと薬局の先生(この先生も痔で大肛のお世話になったそうです)に「病院に行きたいです。」という事ができました。


それで一番にこの大肛を教えてもらって、診察を受けましたが、手術と決まってからは、今まで抱えていた重い気持ちがフッと楽になったような、コワイようなでした。


それから後は、どうしてもっと早く来る勇気がなかったのか?!
と考えずにいられませんでした。


手術をした今、不安もありますが”大丈夫”と言って下さる先生方の言葉を信じて、希望を持ってガンバッテいこうと思います。


本当に短い間でしたが、ありがとうございました!
(通院もよろしくお願いします。)


ここに入院してうれしかった事


1. 先生方をはじめ、看護婦のみなさま、受付の方々、食堂のおばさん、おそうじのおばさんすべての人がやさしく接して下さったコト。痛さやはずかしさもそのやさしさのおかげでどれ程、救われたかわかりませんでした。(涙がでそうなくらいうれしかったこともあります。)


2. お手洗いがキレイで、夜も明るくしてくれている。


3. 図書室があってよかったです。


4. 朝食がおいしかったコト。(朝だけが楽しみでした?)


5. 希望が持てたコト


スバラシイ病院、に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。


【 当時のドクターメッセージ 】


女の方は恥ずかしさから痔を我慢し、病院に行ったときには痔の病状が進行していることが多いです。


もっと早く来られていれば手術しなくても済んだのに…と思うことが多々あります。


また痔は生活習慣病と言われるように、おしりに負担のかかるような生活を続けていると、どんどん悪くなっていきます。


入院手術をされてから生活態度を見直し、気を付けられる方が多いです。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。