患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年冬)

一大決心をし、女性診療のある当院を選び、
本当に高い敷居を越え、初診予約を致しました。


みのり先生の診察を受け、分かり易く丁寧な説明をお聞きするうち
緊張が和らぎ、初対面と思えない、かかりつけのお医者様の様な親しみを覚え、
安心して 「この先生にお任せしよう!!」 と思え、その場で手術を決めました。


石橋を叩いて引き返す性格の私なのに、即決できた自分が、今でも不思議な程です。


頂いた薬を塗ると、すぐに症状が治まったので、
あの時、即決していなければ、手術の決心が着かなかった様な気がします。


院長先生、みのり先生、共に気さくでお優しく、
ユーモアあふれるお人柄のお陰で、病院内は明るく、
看護師さん達も笑顔で優しく接して下さいました。


本当によくして頂き、感謝致しております。


入院患者同志も、同じ症状や不安な事を相談し合い、励まし合い、
一緒にお散歩やお茶しに出かけたりと、想像していたより、
ずっと明るく楽しい入院生活を過ごせました。


皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました!!


当院をネっトで見付けてくれました主人にも感謝です!
 


【 ドクターからのメッセージ 】


本当に楽しそうな入院生活でしたね!


いつもは、男性グループと女性グループと別れていることが多いのですが、
今回は、男女関係なく 仲良くされていて、
同窓会も企画されているようで、
とても結束の強い2009年12月期生でした


痔・・・ っていうと、暗いイメージがあるようですが、
どうしてなんでしょうね。


うちの診療所は明るいですョ!


受診された患者さんが皆、笑顔で帰って行くことができるよう
最善を尽くしたいと思います。


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。