患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(入院手術・2009年冬)

大腸の内視鏡で発見、こちらを紹介いただきました。


検査の翌日、悩んでいても仕方ないと 思いきって受診しました。


やはり、なかなか敷居が高いので、
今じゃないときっとこのままにしてしまうと思い、
電話でみのり先生の外来を予約しました。


診察していただいた結果、やはり手術しかないとの事。
やっぱりな (大腸検査で写真を見ていたので) と思いました。


内側にキズもあり、これが原因との事。
まさか、キズがあるとは思っていませんでした。


日帰り手術はとても痛いし、キズもあるので、
入院した方が多くの手法がとれるとのお話をしていただき、
入院手術を決心しました。


でも仕事もあり、休みがとりにくいと悩んでいたら、
「連休を利用し、退院日は病院から出社したら」
との御提案をしていただき、とてもありがたかったです。


手術前の検査日には、院長先生にも診察していただき、
「当日はまかせて下さい」 との力強いお言葉をいただきました。


手術当日はさすがに緊張していましたが、
(お昼のお弁当の味はよくわかりませんでした)
手術室に入ったら、両先生が明るく話しかけて下さり、
局麻もほとんど痛みなく終了。


オペ中もリラックスできるよう、お話を伺いながらのためか、
オペ前の緊張はどこやらで、看護師の方もとても優しくて、
オペ日当日は痛み止めの薬、注射で、痛みもあまりなく無事に終了しました。


オペ後の1番の恐怖は排便でした。


やはり身体が拒否して自力ではとても無理。


固くなるのも怖いので浣腸を決意。


市販薬を買ってきていたのですが、はじめての経験で、
また、オペ後のこともあり、悩んだ末に看護師さんに相談しました。


入院中に自分1人でできるようにならなくてはと思い、
1つ目を入れていただき、2つ目を自分でチャレンジ。


何とか自分でクリアできた時は、ホッとしました。
これで退院後も安心。


外出の許可がでてからは、HPの近くをウロウロ。


会社にも所用で行ってきましたが、痛みもほとんどなくて、
痛み止めも、ほとんど使用せずに退院前夜までこれました。


排便後の痛みはまだありますが、
それ以外は ほとんどなく過ごせました。


また、無理をお願いし申しわけありませんでした。

わがままな患者でした。

切除してるのに、この程度の痛みですむのかと思うほどでした。


来年はキレイなお尻ですごせるのをうれしく思います。
ありがとうございました。


後は便のコントロールをしっかりして、
再発しないようにしたいと思います。


追伸:
切除したものをみのり先生に見せていただけて、よかったです。
ただ、当日来なかった母が 「見たかった」 と非常に残念がっておりました。


とっていただいた写真をまじまじと見て、
「おおきいのがあったんやね」 と言っておりました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


そんなに緊張されていたとは思えないくらい、
手術中はおしゃべりに花が咲き、盛り上がっていましたよね!


手記を読んで、初めて知りました。


わがままな患者なんて、とんでもない!


入院中に何度か医療のことについてお話させて頂き、
こちらも とても勉強になりました。


5泊6日の入院期間。
短いと感じる人、長いと感じる人、様々ですが、
仕事をされている人にとったら、一大事。


一週間も仕事を休まなければならないので、お休みがとれず、
入院手術がなかなか受けられない人も多いです。


土・日・祝日を利用したら4日間休みをとれるんだけど・・・
という患者さんには、ここから通勤してもらってます


手術を受けて3日目から、学校に通った高校生もいましたヨ


ですから、どうしても長期のお休みがとれない方は相談してもらってます。


うちの患者さんたちは術後元気なので、
全然、仕事に行っても大丈夫みたいですヨ!



佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。