患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年秋)

今まで このファイル(手記)の存在は知っていました。
1、2度 パラパラめくっただけでしたが・・・。


今回 手術を終えて思うのは、某CMの ”出すって 大切ー!”


何でも 赤ちゃんは食べる前にまず出すのだとか。


院長先生、みのり先生、看護師さんの方々、スタッフの皆さん、
大変お世話になりました。


痛みはまだまだですが、食後の同胞とのおしゃべりは、楽しい時間でした。
最後の晩のコンサートは、この五日間の辛さも吹っ飛びました。


私は初めから大肛に出逢えた幸せ者です。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


そうなんです。
この手記の存在は、患者さんへの熱いメッセージとなっているようです。
待合室で必死に読んでいる人も多いです。


と同時に、私たちへの励ましにもなっています。
苦情も大変ありがたいです。


今までいただいたご意見やアイデアで、今の診療所があるのです。
患者さんとともにつくり上げた 「大肛」 なんです。


本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。