患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年秋)

9月末に症状がでました。


裂肛だとずーっと思ってました。
別の医院で、そう最初に診断されたので・・・


ナンコウ、座薬治療をうけながら、2週間、3週間、1ヶ月・・・


痛み止めも効いてないような・・・
ずっと痛みをこらえて、結局 「手術です」 と言われた時は、ショックでした。


何で薬効かないんだろう。
私のトイレの仕方のせい?
仕事のしすぎ?


その医院では日帰り手術しかしてなかったので、
インターネットでここを捜しあてました。


初診からいきなり 「手術した方が」 と、みのり先生の意見。
予想通りで、自分もそう思ってたので、すぐお願いすることにしました。


「え、もう決めるの?」 と、みのり先生。


診断はイボ3つ。1つがかなりの大きさにたえれず根元が裂けたらしい・・・と。


先の事を考えても切るしかないと、
しっかりていねいに説明をしてくれた、みのり先生。


ああ・・・ 何でもっと早くここに来てなかったのか・・・


この1ヶ月半、どれだけ痛みに耐えたことか・・・


治らない裂肛、治ってもくり返すかもしれない裂肛・・・
その様に最初のお医者もズバッと判断してほしかったです。
イボなんだから・・・


みのり先生、院長先生、ナースのみなさん、
こんなに自分の体を治すことに専念させてくれて、
ありがとうございました。


これからは、もっとおしりをいたわってやろうと思います。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


うちは保険が利きません。
診察や治療にお金がかかります。


なので、オシリが悪くなって、
まず最初に受診してくださる人は少ないです。


他の施設に通院してるけど、なかなか治らない・・・
他の施設で手術と言われたけど、不安・・・
他の施設で手術を受けたけど、いつまでたっても治らない・・・
など、悩みは人それぞれです。


いわゆる 「セカンドオピニオン」 で当院に来られる人は年々増えていて、
今年は4割近くの人が、よその施設から来られています。


皆さん、とても気まずそうに、言いにくそうに、
「すみません。別のところで治療を受けた者ですが、診て下さいますか?
ややこしい患者ですみません。
前の医者に相談すべきことなんですけど・・・
本当に申し訳ないです・・・」


と涙を流される人もいます。


私たちが、いやがると思っておられるのでしょうが、
そんなことはありません!


うちは、セカンドオピニオン大歓迎です


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ





コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。