患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年秋)

痛くなかったけど、ずぅーっと気になっていたイボ、
秋の大型連休に勢いで手術を受けることに。


手術中は麻酔のおかげで全く痛くなく、良かったと一安心。


術後、痛み止めのおかげで寝れそうな頃に布団の集金、
これは入院中、一番気になりました。 タイミングを考えて欲しかった・・・


手術当日の夜は痛くて痛くて、つらかったです。


入院生活は皆さん同じ場所の悩みという事で、
顔を合わせるたびに 「出ました?」 なんていう会話で、
気もつかわず、非常に心強かったです。


痛みは日々小さくなっていきましたが、
やっぱり排便が恐くて、日にちぐすりですね。


看護師さんたちの優しい対応と、先生の明るい対応のおかげで、
安心して治療に専念できました。


ありがとうございます。


同じ病気の友人たちにすすめようと思います。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


布団の集金のタイミング・・・ 検討します


そうですか・・・ 当日の夜は痛くてつらかったですか・・・
術後の痛みについては、本当に個人差が大きいです。


特に手術当日の麻酔が切れ始める頃が最もつらいようです。
でも翌日になると、ケロッとしている方が大半です。


あとは、術後の第1回目の排便ですね
これを乗り切れば、だんだん慣れていきます。


その痛みは、一生続きません。
少しずつ楽になっていって、傷が治ればいずれなくなります。


入院手術の良い点は、
やはり 「仲間がいて励まし合えること」 でしょうか。


同じ患者さん同士も仲間ですが、私たちスタッフも仲間です


みんなで一緒に頑張ろう! という雰囲気が、
治療にもプラスに働いています。


そういう意味では、私たちも随分患者さんに助けてもらっています。

あと少し! 一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。