患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年秋)

院長先生、みのり先生、看護師の方、掃除のおばちゃんも
みなさんに本当に有り難う御座いました。


十代の頃から痔に悩まされ、辛く痛みに耐える日々がありましたが、
今、私のお尻はとても回復に向かっているのが日に日に分かります。


「肛門科」 と言う場所にとても恥ずかしくて、受診できないと言う思いが強すぎて、
長年ずーっと市販の薬で対応して来ましたが、悪化するいっぽうで、
このままではもう限界を感じ、手術を決意しました。


手術を終えて思った事は、こんなにも簡単に楽になれるなら
本当にもっと早くこの病院に来ておきたかったと、心から思います。


「肛門科」 を受診するのも、男の先生にも絶対の抵抗感があったのですが、
最初のみのり先生の診察で、すごく丁寧に診察してもらえて
(みのり先生の人柄も、きさくさも、丁寧さも良くて、
スタッフの方も、とても良くて)
院内の雰囲気が抜群に良かったので、
男の院長先生に対する抵抗感もなくなりました。


案の定、みのり先生の旦那様だけに、
院長先生も、とてもとても きさくな良い方だったので安心して診察もしてもらえたし、
手術もしてもらえました。


ここの病院へ来て思った事は、患者さんが不安や疑問を抱えたまま、
診察や手術に及ぶのではなく、
100%の信頼を持って、先生方に託せる事だと思いました。


実際に私がそうでした。


今までの人生の中で、内科や外科や色々な病院に行きましたが、
こちらの病院程、先生を初め、スタッフ、掃除のおばちゃんや
給食のおじちゃんや、すべての方が抜群に良い人が揃ってるところを知りません。


痔で苦しんでる方、どーか どーか 早く受診して下さい。
とてもラクな生活 (痛みに耐えなくても良い生活) が待ってます。


手術中のあのリラックスできる優しい音楽も、
本当に心を和ませてくれました。


術後のアフターも本当に丁寧にしてくれました。


今までのイヤな病院のイメージを変えてくれました。


本当に本当に心から有り難うで感謝の気持ちで一杯です
 



【 ドクターからのメッセージ 】


手術中の音楽は、「押尾コータロー」 さんです。
ファンクラブ入ってマス。


いえ、本当は私が入りたかったのですが、ハズカシくて家内に入らせたのですが・・・


「いつか、院内コンサートに押尾さんをよんでくるぞー」 と思っています(笑)


佐々木 巌
 



やっぱり 肛門科って 敷居が高いですか・・・?
私たちが思っている以上に入りにくいんでしょうね・・・
その上、「大阪肛門科診療所」 ですから・・・


本当は 「佐々木診療所」 や 「佐々木クリニック」 の方が
入りやすかったかもしれません。


でも・・・、大正元年以来 肛門専門でやってきた施設なので、
その専門性をどうしてもアピールしたかった


こういうネーミングになってしまったのですが、
あとから考えたら、大切なことは技術を残すことであって、
名前にこだわらなくても良かったのかな・・・と思いました。


でも、先代からの技術・思想を反映してくれている名前だと
やっぱり誇りを持っています。


悩める人々への道しるべになればと思っています。


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。