患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(痔核・日帰り手術を受けて入院・2009年秋)

13歳の頃に肛門にイボがあるのに気付き、
痛みも出血もなかった為、20年そのままだったのですが、
ずっとイボが1つあるのが嫌で、6月にとある肛門科へ行き、
出された薬を注入してから、急に激痛になり、
10年前にこちらで手術した知人に、こちらを教えてもらい、
診察してもらいました。


診察の結果、切るとヒクが ”こんもり”する可能性がある 「切る方法」 より、
私の場合、外痔核でしたので、仕上がりのきれいな 「結紮(けっさつ)」 の
日帰り手術をすすめられましたが、
待合にある患者の声を読んでいると、日帰りはとても痛く、
入院すればよかったと書いてありましたので、
先生にお願いして、日帰り手術の結紮で入院という形にして頂きました。


■9月18日(金)
PM4~4:30
   手術終了(麻酔は痛いが手術は無痛)

5:00
   ジリジリ痛くなり出す
   ぬり薬をぬる
6:00
   座ると痛く無理なので、立ったまま夕食
   1時間おきにぬり薬
11:20
   就寝するが
AM3:30
   痛みで目がさめ、そのまま眠れず


■9月19日(土)
AM6:40
   飲み薬を飲むと少々痛みがましになる
8:00
   初シャワー
   横になるより立っている方が楽
PM1:00
   自立で初排便
   思ってたより痛くないが、少量しか出ず
   1時間おきクリーム
   看護師さんに浣腸してもらうが、激痛で中止する
PM3:30
   便する
PM8:00
   自分で浣腸したら痛くなかった
PM11:30
   就寝
AM1:30
   痛くて目がさめる
   安定剤と痛み止めを飲むと、すぐ眠れた


■9月20日(日)
AM8:10
   朝食後 8:10に便 (昨日より多い)
PM1:00
   座談会の時、少し痛い
PM3:00
   外出、歩いてると痛くない
PM7:00~
   痛みが少ない!
PM10:30
   すい眠薬、痛み止め、飲んで寝る


午前の診察の時の指入れが激痛
鏡で見たら、イボがしぼんでいた
2時間おきクリーム
かがんだり立ちあがっても大丈夫


■9月21日(日)
AM5:30
   起床 痛みがほとんど少ない
8:00頃から、痛くなる
8:20
   便の時、痛い
   その後、痛みほとんどナシ
   晩も痛み止め、すい眠薬でぐっすりねむる

   
診察の時、先生の指を入れる時、その後30分痛く、
動けない状態
3時間おきクリーム


■9月22日(火)
AM6:40
   便後ヒリヒリ
朝食後
AM7:55
   浣腸する時 痛かった
   便後もズキズキ
AM10:30 診察
   先生の指の時、そんなに痛くなく、
   部屋に戻ってもイスにすわれました


外出しても痛みなし
夕方、近くの銭湯で初風呂
4時間おきクリーム
普通に動けるし、尿後ヒリヒリと、おしりの角度でたまに痛いだけ


PM10:00
   ベッドに入って 30分後から痛い
   どうも横になると痛みを感じるみたいです
   痛み止めを飲む 就寝


■9月23日(水)
AM4:30
   激痛で目がさめる
AM6:30
   便、浣腸 (今までで1番痛い便だった)
   かがむのも、立ちあがるのも、引っぱられる様に痛くなる
AM9:30
   痛みは多少あるが、昨日くらいの感じ
   尿時しみるのは、イボが切れ出しているかららしい
AM10:00以降
   昨日の痛みくらいに戻った


夕方銭湯へ行ったが、昨日より少し痛い


PM7:55
   便後、痛く、浣腸がなかなか入らなく、苦労しました
就寝


■9月24日(木)
AM5:40
   少々の痛みで目がさめ、便、汗出ながらの激痛、
   その後、浣腸も痛くてなかなか入らない。
AM6:50
   食事中 イスに座ってても痛みを感じる
AM8:40
   診察 → 退院
 



色々お世話になりありがとうございました。
退院してからも通院で治療は続きますので、まだ不安ではありますが、
本当にこちらの病院で手術・入院できてよかったと思います。


みのり先生も、いわお先生もナースの皆様も、ソージのおばさん、おじさんも
親切でやさしく、患者さん達も皆同じ悩みを持つ同志で心強く、
快適生活を過ごせました。


後は通院でがんばって完治できる様にしたいと思います。


院内コンサートも本当に楽しく、
先生夫妻の仲の良さがとってもあらわれていました。


P.S
日帰り手術は痛くてもガマンしないといけないので、
どうしても仕事休めない方は、短期で2泊3日入院すると、
痛み止め注射してもらえるのでいいと思います。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


日帰り手術を受けられて、入院された患者さんでした。
(しかも、6泊7日も!)


詳しく病状を書いて下さっているので、
たくさんの患者さんが参考にされてましたヨ ありがとうございます。


私も こんなに毎日、日帰り手術の患者さんの診察をさせて頂く機会がないので、
大変 勉強になりました。


痔を治療するだけでなく、肛門の仕上がりも美しく!
ということで、わざわざ いた~い日帰り手術の結紮(けっさつ)療法を選んで入院されました。


痛いけど、我慢した甲斐があったよね! と言えるくらい自然な仕上がりで、
肛門が美しく仕上がるのが、日帰り手術の良さです。


これで痛みがなかったら 最高なんですけどね


やっぱり 入院した甲斐もあったと思います。
もう痛みのピークも過ぎ去って、あとは完治を待つのみ


予想通り、とてもきれいな仕上がりで、
手術の選択は 痛い日帰り手術で良かったと思います。


痛い! と言っても、他の入院患者さんたちと楽しく過ごせる痛みだったわけで、
痛い、痛いと言われる日帰り手術ですが、
耐えられない痛みではありません。


また、たとえ痛くても、1~2週間たてば
痛み止めもいらなくなります。


一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



   

   

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。