患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2009年夏)

私の長男が当病院で 5年前お世話になり全快しました。


その当時から、子供に 「親父、早く決断して手術してもらいや!!」
と云われていましたが、遂に排便後の痛さに辛抱出来ず訪れました。


8月9日 恐る恐る手術室へ。
下半身麻酔が打たれ 手術をされましたが、全く痛さが無く、
遂うとうとと眠ってしまい 「終わりました」 の声に目を覚ましました。


術後、多くの 「いぼ」 を処理された事が判り 驚いたものです。


その後の排便中に痛さを感じましたが、これも痛み止めを飲んでいれば、
激痛までには至らず、三日目には外出許可が出た為、自力で2km位歩き、
その晩は、院長ご夫妻とお友達でコンサートが催され、
奥さん(女医)の選曲の巾の広さ、声量の豊富さに感動(涙そうそう)でした。


又、看護師さんの博愛精神に(温かみのある接し方を頂き)頭が下がる思いで過ごした5日間でした。


先生はじめ皆々様、有難うございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


以前は、親御さんに聞いて来院されるパターンばかりだったのですが、
最近増えている この逆パターン。


 「子供に聞いて来ました・・・」


これは、ネットの普及によるところも大きいのでしょう。


今回の治療は息子さんに聞いておられた通りだったようで良かったです。


でも、院内コンサートは、この1~2年の間のことなので、
息子さんにも自慢できるかな?!





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。