患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳代の男性の手記より(痔ろう・入院手術・2009年夏)

病状はジロウです。
7月初めくらいに発覚しました。


最初はお尻に違和感がある程度だったんですが、
3日我慢してるうちに、どんどん痛みが増していき、
4日目の朝には、立っても、座っても、寝ても痛くなりました。


会社には出勤したのですが、あまりの痛さに耐えられず診察を受けました。


その日のうちにウミを抜く簡易手術を受け、痛みは治まりました。


しかし、完治するには手術しかないと言われ、一瞬悩みましたが、
結局 さっさと治したかったので先生にお任せしました。


結論、やってよかった!!


心配事もなくなったし、手術中も痛みが一切ありませんでした。


一週間の休暇だと思って、よく食べて、よく笑い、よく話し、
よく寝て、ある意味良いリフレッシュ期間になりました。


この病院を選んだ理由を最後に書きます。


・ 総合病院だと新米の先生に当たる可能性があるので嫌だった


・ 確かにお金は安くはないけど、それだけ自信があるのかなぁと思ったこと


・ 院長先生が、「治るまで 最後までおつき合いさせてもらいます」 と言いきったこと
  リスクに関しても、きちんと説明してもらったのがよかったです。


本当にありがとうございました!!


まだ完治していませんが、これからもよろしくお願いします♪
 


【 ドクターからのメッセージ 】


素早い決断だったので、時間的なロスも最小限で手術になりました。
この方のように、どうせやるならさっさとしたい方もおられます。


痛みが少なくて良かったですね。


入院中もお元気でしたネ。


もうしばらく、がんばって治療しましょう。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。