患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

前回がいつだったか思い出せないくらい、久しぶりにお尻が痛くなりました。
「そのうちに痛くなくなる」 と思いましたが、今回はなかなかおさまらない。


ついにあきらめて、こちらの病院を訪れました。


少々緊張しながら診察を受けましたが、
院長先生のザックバランな応対に、緊張もやわらぎ手術を決断しました。


手術もなんだか なごやかな中 始まり、
麻酔で痛みもないので、恥ずかしながら ウトウトしてしまいました。


術後の痛みもほとんどなく、ホッとしました。


ただ、浣腸しても 便が2日間出なかったのが悩みでしたが、
それも1回出ると、不安もなくなりました。


この入院で、痔と排便の関係が とても大事だという事を知りました。


なんだか抵抗感のある浣腸でしたが、上手に付き合っていきたいと思います。


【 ドクターからのメッセージ 】


診察も、手術も、がんばるのは私達にまかせて、
患者さんは気楽にして頂くのが一番です。


便秘に対する治療は人それぞれですので、
ご自身で自分に合う方法をさがしてゆくのが、よいと思います。


そのためのヒントを差し上げることができればと考えています。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。