患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(裂肛・入院手術・2009年春)

今までずっと痛いながらも放置してしまった事・・・
恥しくて病院にも行けず・・・ 友人にも言えず・・・


そんなこんなで思いきって近くの肛門科へ行ってみました。


本当に勇気がいりました。


眼科~歯医者~ にはすぐに足を運べるのに・・・


とりあえず診察終えて ”切れ痔=裂肛” ですと告げられ、
しばらく薬で様子をみましょう・・・


約2ヶ月まじめに内服と注入薬とがんばってみたけれど・・・


Dr.の一言 ”何で治らないと思う?” と言われ、正直悲しくなりました。


言葉一つで次も言われたらどうしよう という気持になり・・・
図書館へ何気に行ってみて大肛の事知りました。


思いたったらすぐ行動してみて・・・
院長先生との出会い (診察にきたつもりが半分は人生相談)


診察も本当に優しく、口調も・・・
前回の事があったので余計に心が落ちつきました。


迷わず、ここで(大肛)お世話になろうと決心しました。


手術を終えての今(入院中)傷口はまだ痛いですが、
気持ちとしては、便秘を治して切れ痔とはさよならするぞ!
という前向きになりました。


人生初の入院&手術、とても快適にすごせました。
気くばりの整った場所、1つ1つ、守衛のおじさん、おそうじのおばさん、ご苦労様です。


NSさん達も本当に親切でいやされました。


受付さんも、いつもニコ2でした。


スタッフさんたちの優しい気持ちで、痛い傷口も救われました。


院長先生、みのり先生の大きな気持がこもった大肛。
今まで、いくつもの病院をみてきましたが、
ここは ☆最高☆ この一言につきます。


これからもお世話になるかと思いますが、宜しくお願いします。


P.S. 
点てきの際、お世話かけました。。。
手術室のポンチョ、何だか笑えました


アットホームなコンサート、
生ピアノでの演奏、みのり先生の美声には、
痛いおしりも忘れてしまいました。


機会があれば、又 参加させてもらいます。


【 ドクターからのメッセージ 】


私たち医療従事者の何気ない一言が
患者さんを深く傷付けてしまうことってあるんですね


当院は保険が利かない施設ですので、
他のクリニックや病院で治療を受けたけどうまく行かず、
心も体も傷付いて、ボロボロになった患者さんも時々来られます。


そんな時、いつも前医を悪く言ったり、
今までの治療が間違っていたなどと言わないよう注意しています。


そんなことをしても、誰も幸せになりませんし、
何の解決にもなりません。


私たちがすべきことは、患者さんの話をじっくり聞いて、
すべてを受け入れ、今 何ができるか、
これから どうすべきかを一緒に考えます。


他の施設で手術まで受けられて、うまく行かなかったケースなどでは、
患者さんが医師に対する不信感を持っていたりする
悲しい結果を伴っている場合もあります。


医療はサービスや技術を提供する職種ですが、
「相手を信じる心」 がなければ成り立ちません。


信頼関係がなければ、サービスや技術も
むなしいものになってしまいます。


ですから、私たちは まず、患者さんとの信頼関係を築くことに全力を注ぎます。


治療のことが 二の次になってしまっても、そちらを優先します。


たとえ うまくいかなかったとしても、患者さんが付いて来てくれます。


治療は医師だけで行うものではなく、医者と患者の二人三脚で行われます。


どちらか一方だけではうまくいきません。
両者がうまくかみ合った時、初めて成功します。


私たちを信じ、付いて来て下さった患者さんに、ありがとうと言いたいです。


佐々木 みのり




痔という病気だけでなく、
患者さんの悩みと向き合うことのできる医者、人間になりたいと思っています。


気持ちが楽になって頂けたら本当に嬉しいです。


佐々木 巌




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ









コメント

大肛と出会えてからは
痔より歯医者のほうが怖いです
【2009/07/15 20:39】 URL | 元満もとこ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。