患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

 看護師さん みな親切で気持がいい


→ (ドクター)
  ありがとうございます。やさしい看護師さんは当院の自慢です。


 トイレのフタ、ヒーターが入っているので使用後必ず閉めて欲しい。
  電気代の無駄、節電に通じる。
  数が多いので、個人の家より違うはずです。


→ (ドクター)
  ご指摘ありがとうございます。 確かに その通りですが、
  トイレの後の 「ニオイ」 を逃すために開けている人もいますので、
  対応が難しいですね


 個室に入りましたが、洗面所がついてないのです。
  ちょっと手を洗ったり、コップをゆすいだりするのに不便ですね。
  改装されている様ですので、是非つけて欲しいです。
  ビジネスホテルのように、トイレ、シャワーまでは望みませんが・・・


→ (ドクター)
  そうですね ご意見ありがとうございます。
  でも 水道の配管を持ってくることができないので、
  実現できそうにないです スミマセン


 お尻のこと。
  皆様 一様に悩みをかかえておられ、びっくりしました。
  私の場合 イボ痔ですが、痛くも何ともなく、
  立つ姿勢が長時間だったり、よく歩いた時に出て、出血して、
  そして、おさまってのくり返しで、
  最近になって出血の量が多く、貧血を起すようになってきたので来院した次第です。


  まさか 手術が必要なんて思いもしませんでした。


  今は手術して、5泊6日した退院の日。


  傷あとは排便時にと、立ったり座ったりのこすれに痛みはありますので、
  「手術して良かった」 という思いはありません。
  (正直なところ、費用もかかりますから。)


  でも、この後 「手術して良かった」 と思えたら幸福だと思います。


  そして、2度目、3度目、同じ病気で こちらにご縁がない様、願っています。


挿絵


【 ドクターからのメッセージ 】


イボ痔でも、全く何の痛みもなく、不快感すらなければ、
「私、何ともないのに どうして手術しなくちゃいけないの?!」 という気持になるものです。


よく分かります。 でも!!
この方の場合、出血がすごかったです


貧血になっていたくらいですから


たかが痔からの出血くらい・・・ と、あなどっていると大変です。
少量でも、毎日 排便のたびに出血していると貧血になります。


(この方の場合は、少量ではなく、大量でしたが・・・


痔からの出血は痔の治療をしなければ治りません。
いくら鉄剤で補給をしてみたところで、
おしりから血液がどんどん失われていっているワケですから、意味がないのです


今はまだ 手術直後で 「手術をしたせいで、おしりが痛い」 ので、
「あ~! 手術して良かった~!」 という気持にはなれないと思いますが、
完治した時には、そう思って頂けるとうれしいです。


佐々木 みのり




100%の患者さんに、手術直後から
「やってよかった!!」 と言って頂けるように、
これからも精進したいと思います。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。