患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(内痔核・痔ろう・入院手術・2009年冬)

手術する迄、とーっても悩みました。 が、結果的に良かったと思います。


先生方、看護師さん方、他の患者さん方、
お世話をして下さった皆様に感謝です!!


決断するまでは、ナーバスになる事が多かったし、
他に持病もあるので、ユウウツな毎日を送ってきました。


が、心の ひっかかりや、やっかい者を排除できたので、
気分的には、ちと すっきり。


費用はかかるけれど、悩んでおられる方々には、
”一歩 ふみ出したら、気が楽になるヨ!!” と、言いたいです。


痛いけど、思った程ではないし。


あとは、日にち薬で、自然に回復 待つのみ。


肛門チャマに (毎日、負担をかけてがんばってくれていたのネ) 感謝!


早く、良くなれ-


でも、ホント、みのり先生 (もちろん院長先生も・・・) のタフさに、脱帽!!


他の入院患者サン達とも、和気アイアイムードで、
これまた、人生勉強のチャンスでした。


只、メッチャ、太りました。 で、かえって、便秘気味に~~~。


一日も早く、肛門チャマを意識しなくてすむ日が来ますように。


【 ドクターからのメッセージ 】


長い間ふんぎりがつかず、やっと決心されての手術でしたネ!


でも、術後は 皆さん、本当に楽しそうでしたネ!


入院中のお食事はカロリーも考えてメニューを組んでいます。


でも、あまり動かないですし、入院生活はホテル生活と似たようなところがあるので、
楽チン ですので、どうしても太ってしまうようですヨ


でも一番効いたのは、食後に皆さんで集まって食べていた
「おかし」ではないでしょうか


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。