患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2009年冬)

7、8年程前に義父がお世話になり、
20年来の痔主だった私にとっても、当院はとても気になる存在でした。


しかし、「フンギリ」 がつかず、近所の病院を数件回りましたが、
色々な意味でフィーリングが合いませんでした。


意を決して、最後の望み大阪肛門科診療所を受診。


正直、当院を受診するまでは、
保険である事への抵抗が少なからずありました。


しかし、先生やスタッフはまず患者が何に悩み、おびえ、不安になっているか、
しっかり把握しているだけでなく、個々に合わせた、適切かつ心地良い対応をしてくれます。


技術に関しては言うまでもありませんが、
今無くなりつつある、医療の良心を感じます。


ここに任せるしか無い! と確信しました。


このフィーリングについては、
是非、佐々木先生と直接お会いして判断して欲しいと思います。


5泊6日の快適な入院生活も今夜限り。


女性陣パワーに圧倒されまくりでしたが、
仲間にして頂きありがとうございました。


まだ、くしゃみをするとズキンとしますが、
何よりも、排便時に脱出しない事実に感動です。


このアットホームな雰囲気こをが、最大の強みです。


お世話になりました。


これから、しばらくよろしくお願いします。


「やりがいのある WO 」


【 ドクターからのメッセージ 】


女性陣に圧倒されながらも、仲良く入院生活を送っておられましたね


今回の患者さんたちも、とってもお元気で、明るく、パワフルでした!


私たちのこと、この施設のことをいっぱいほめていただき、ありがとうございます。


患者さんからの温かいお言葉は、私たちの支えであり、仕事の励みになります。


これからも、
「ここで手術して良かった!」
と言ってもらえるよう、頑張ります。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。