患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳代の女性の手記より(裂肛・外来治療・2008年冬)

予約するまで、した後や、ものすごく不安でしたけど、
実際受けてみると、先生、スタッフの方々はとてもきさくな方で、
受けて良かったと思います。


何年も前から、悩んでたのがバカみたいです。


悩んでるひまがあったら、そく受診した方がよいですよ---!


ひどくなってからでは遅いですし。


『悩むなら、まず受診』 です。


みのり先生も、すぱんと言うので、安心して悩みや、いろんな事を言えました。


【 ドクターからのメッセージ 】


皆さん診察に来られるまではとっても不安でいっぱいのようです。


でも、いざ受けてみると 「な~んだ」 と思われることも多いです。


診察室から笑い声が響き渡ることもしばしば・・・。


患者さんの表情が明るくなると、私たちも幸せな気持になれます。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。