患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年夏)

長い間、人知れず悩んできた痔・・・が、こんなにも簡単に解決してしまうなんて!


手術前の検査の時、看護婦さんが、
「入院中、皆さん仲良くなられるようですョ」って言われたけど、
心の中では、「診察に来るのさえ、コソコソと、やっとこれたぐらいなのに、
見ず知らずの人と、仲良くなるなんて・・・」って、思ってました。 が、本当でした!


他のメンバーでは、とても言えない話を、しかも食事中、みんなで暴露しあい、
ものすごく盛り上がりました!


おしりの話以外にも、それぞれの悩み相談、人生相談にまで発展し、
本当にいろんな人の、いろんな話が聞けて、本当に濃密な時間を過ごせました(笑)


院長先生、みのり先生、お子さんたちの、アットホームな雰囲気にも、
とても、あったかい気持ちになりました。


入院中の方々を見てると、本当に、痛みとかには、個人差があるんだなって思いましたが、幸いにも、私には特にひどい痛みもなく、退院の日を迎えることができそうです。


本当に、ありがとうございました!


【 ドクターからのメッセージ 】


そうですよね・・・
他人に普通 おしりの話なんて できませんよね・・・


ところが・・・!


ここでは堂々と、しかも大声で 周りをはばからずにできるんです!


それも専門の施設ならではだと思います。
だって、周りの人たちは、み~んな自分と同じ病気!なワケですから


そして、一番恥ずかしい部分をさらけ出した仲間だからでしょうか、
普通の友達とは違って、何でも話せてしまうようです。


まさに、「人生の友」 です。


このお付合いが、一生涯続くことも珍しくないようですョ


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。