患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 夏 痔瘻 20代 男性 入院患者様より

<痛み>

評判通りほとんどなかったです。

個人差はあるようですが、同じ時期に受けた方は、痛いという方もいるようでしたが、我慢できないほどではなかったようです。

生まれて初めての腰椎麻酔で、尿道カテーテルのほうが入っている間痛かったです。

<術後の排便>

特に痛みもなく、ほぼ毎朝同じ時間に出ました。

浣腸や軟膏を塗る作業、携帯ウォシュレット、ナプキンについては苦痛ではないですが、そこそこ時間もかかり、外出先等で上手くできるか、少し不安です。

外周りが多いので。

<入院生活>

手術日から、ご飯は3食きっちり出ましたが、手術日のご飯をベッドで食べる時、何か机のようなものがあるとありがたかったです。

ご飯は全部美味しかったです。

シャワーやトイレも常に清潔で安心して使えました。

イベント(院内)もたくさん案内があり、退屈はそんなにしないのかなと思いました。

整体やコンサート等、出たかったのですが、休んでいる間に済ませたい私用があったので参加できませんでしたが、機会があれば、また見てみたいです。

看護師さんも頻繁に様子をみにきて下さり安心できました。

<治療費>

自由診療で高いですが、医療保険や控除を上手く使えば少しは負担が減ると思います。

<入院中の仕事>
3連休に、有給休暇を3日くっつけて手術を受けました。私の場合、会社には内緒(実家の用事等とウソついてます)

先生も言っていましたが、職場には上司にだけでも伝えておいたほうが、いろいろ退院後に配慮してもらえるかもしれません。

<スタッフよりコメント>

痛みに関しては本当に個人差が大きく、痛み止めを全く飲まなくても平気な方もいれば、きっちり痛み止めを飲んでいる方もいます。

こればかりは手術を受けてみないとわからないですよね・・・

術後の排便は痛かったです・・・と苦戦されている方が多いですが、特に痛みもなく、毎朝しっかり排便もあったようで良かったです。

今回は残念ながら自力整体・院内コンサートに参加出来なかったとのことで、コンサートは毎月やっておりますので、よろしければまた遊びに来て下さいね。

診察の時とは違う先生の姿が見れますよ♪♪

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。