患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

214年 春 尖形コンジローマ 30代女性 外来患者様

通っていた病院で治療を受けていたのですが、良くなる様子が感じられず、酷くなってきている気がしました。

不安で怖くなり、ネットで色々探していた時に、こちらの病院を見つけ、ホームページを読み、知識・経験・治療法などここでなら正しい病、治療を判断してもらえる気がして、診察をお願いしました。

兄からは、自由診療に対して不振を持ち反対されましたが現状の痛み・不安怖さとしっかり向き合ってくれる先生を求めていたので迷いはありませんでした。

迷っているというより悪くなっていくという不安も大きくなっていました。

不安と恐怖でいっぱいいっぱいで病院へ向かい、受付の方の優しい対応に心が少し安らぎ、診察してくださった先生からも親切・丁寧な説明で分かりやすくお話をしてもらえて、泣きっぱなしだった私ですが、先生に治してもらいたいと強く思いました。

完治するまで、しっかり向き合い闘ってもらえる。心強かった言葉に励まされ、再び新たな病院で治療して今度こそ治したいです。

術前検査についても優しく丁寧にして頂き、今までの一般的な病院と何もかも違う。

向き合い型でほんとうにありがたく思いました。

今はやっと気持ちも落ちついてきて、手術・治療を受け、日常生活に注意し、治そうと前向きに思っております。

これから宜しくお願い致します。

(スタッフよりコメント)
ホームページをご覧になり、受診して頂きありがとうございました。

当院は自由診療というかたちですが、先生は専門の先生ですので、診断と治療は沢山の患者様に納得して頂いております。

その後、お尻の経過はいかがでしょうか。

また、気になる事がございましたら、お気軽にお電話下さいね。

お大事になさってください。

スタッフ:久保

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。