患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年夏)

院長やみのり先生、看護婦さん達がすごく明るくて、沢山元気をいただきました。


最初、浣腸も少し抵抗あったのですが、
そんな恥じらいも飛ばし、いつも笑かしてもらいました。


そして、何か疑問がある時は丁寧に答えてくれて安心できたので、
信用できる病院でした。


すごく楽しい人達とも出会えたし、
気軽にこれからも通院できると思います。


本当にありがとうございます


あと、みなさんがいつもフレンドリーに話してくれたので、すごく嬉しかったです。


blog_image3.gif


【 ドクターからのメッセージ 】


今回の入院患者さんの中でも、ひときわ明るくフレンドリーで、
オープンな女性(しかも若い!)でした。


病室も男女同室でもかまわないと言われた時には、
目が点 になってしまいましたが、それくらい 2007年7月入院の患者さんたちは仲良しでした。


皆さんがあまりにも明るく元気なので、
術後の患者さんであることを忘れそうになりました


完治まであと数週間ですね。
お別れするのが寂しくなりそうです。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。