患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 夏 痔瘻 50代 男性 入院患者様より

7月に入り、肛門にわずかなしこりがあるのを見つけた。

ちょうど、この週に総合病院の内科に行く予定だった為、ついでに外科の診察も受けてみた。

結果は痔瘻でしょうという事で、抗生物質を1週間飲んで様子を見ようだった。

しかし、1週間たっても“しこり”が小さくならなかった為、もう少しこのまま様子を見ようと2週間ほど放置していたら、だんだん“しこり”が大きくなり痛みも出てきたため、もう1度、総合病院を受診しようと決めていた。

ところが女房が肛門科や痔瘻をネットで調べてみると、どこを見ても「痔は肛門科専門で」という事だったので、肛門専門で検索したら大肛がヒット。そして、たまたま女房が近所の人が大肛で手術した事を思い出した為、即予約。

発症から手術までわずか1ヶ月半。

手術はしらないうちに終了(痛みなし)

そして5泊6日の入院生活(ゆっくり過ごさせてもらいました)

とにかく大肛の先生、スタッフの皆さん、家族に感謝感謝。

本当にありがとうございました。

明日、退院します。

<スタッフよりコメント>

痔瘻と診断され即、手術を決断されたのですね。

5泊6日の入院生活、ゆっくり過ごして頂けたようで良かったです。

もちろん保険のきく肛門科はたくさんありますが専門でないケースがほとんどです。

当院は自由診療で保険はききませんが専門ですし、治療と診断はご安心頂けるかと思います。

お一人様お一人様にたっぷりと時間をとって、疑問に思うこと、不安や心配に思うことなど、全てお話し頂き、ご自身の病状をしっかりと理解して受け止めて頂いた上で、今後どうしていくのが良いか治療方針を一緒に考えていきます。

先生はどんなことでも相談に乗って下さいますよ!!こんなこと聞いていいかな・・・と思う事でも何でもお尋ね下さいね。

時には病気とは関係のない話しで盛り上がっておられることも・・(笑)

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

何かございましたらお気軽にご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。