患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 夏 50代 女性 脱肛 日帰り手術を受けられた患者様より

痔とはおそらく20代後半からの付き合いでしょうか?

思い返せばとても昔のことになります。

その頃は排便の時に少し出血があったりして特に続くこともなく気にしていませんでした。

30代になると、いわゆるイボ痔の小さいものが出来ましたが、痛みがあっても冬の寒い時期で夏場はありませんでした。

40代になると、イボ痔も大きくなり、またひどい時は、そのイボが腫れたような状態になり排便後も指で押し込まないと外に出たままになる事が多くなりました。

それでも肛門の中に入れてしまえば痛みも感じないので、数年その繰り返しを続けてきましたが、昨年から入れても外に出てきてしまうようになり、外に出ているが故に痛みも強く感じる日が続き、日常にも影響が出てきました。

50代を前に根本的に(市販薬でごまかすのではなく)治療したいと思いもしたが、どの病院が良いのか周りの友人にも「痔」で通院した人もいないのでネットでリサーチし、こちらの病院にお世話になることにしました。

決めたのは、女医さんであること、専門科であることでした。

少し前置きが長くなりましたが、初めて診て頂くまでは、みなさん多かれ少なかれ同じ様な思いをされたと思います。

でも、みのり先生に診て頂いて、話を聞いて頂き、私の症状を説明して頂く過程で手術することの不安も少し解消され、お任せしようという気持ちになりました。

それは、とても丁寧に時間をかけて説明して下さった事、またその初診の日は母も一緒に付き添いで病院を訪れたのですが、一緒に診察室で先生の説明を聞かせていただけたので、何だか安心感が増したのが大きかったからです。


心配していた診察も驚くほど痛みがなくてビックリしました。

さて、手術当日は麻酔注射も痛くなく(歯医者さんで受ける麻酔と同じくらい)手術中はお尻の上で粘度をこねている様な感じで、痛みは全くありません。

術後はしばらく横になって点滴が終わるのを待って、電車に乗って帰りましたが、その時も肛門が少しつっぱるというか、引っ張られている感じはありますが「痛い」というのとは違いました。

しかし辛いのは翌日でした。

手術した夜も痛み止めを飲んで普通に眠れましたので、これくらいならOKかなと思いましたが、手術後最初の排便が激痛でした。

排便後は座れないくらいで横になって、しばらく腰をさすっていないと耐えられないくらいでした。

もちろん肛門も痛いのですが、排便の後に浣腸しないといけないのですが、これが大変です。

浣腸することもそうですが、その時の腹痛がこれまた辛いのです。そしてもう一つは便意をもよおす時に、肛門に便が降りてくる感じの時が痛く「早く出したい」という思いになります。

そういう痛みを知ってしまうと、その次の日の排便が怖くなりますが、でも、みのり先生の「頑張って出してね。浣腸もしてね。」という明るい声を思い出し、治療に必要なことなので乗り切りました。

でも人間、不思議にそういう痛みにも慣れる様で(もちろん痛み止めの薬もあるので)3日目ぐらいにはなんとか過ごせるようになりました。

くくられたイボが無くなる過程の臭いも気になると思いますが、私は臭いをおさえる機能のついたナプキンを使いましたので、それほどでもなかったです。

軟膏を肛門の中に塗るというハードルも最初は「えっ?」と思いますが、慣れるとチャッチャと出来るようになります。

今は手術してから半年が過ぎて本当に手術をして良かったと思います。

保険が使えないので金銭的には高額ですから、その点は悩みましたが、それを考えても手術して正解だったと私は思います。

以下、受診から手術後までのポイントをまとめます。

・ 病院の入り口が入りやすい(肛門科というより歯医者さんのよう)

・ みのり先生がとても気さくな方で、少し恥ずかしいと思える排便などのことも話しやすいのでストレスがない

・ 看護師の方々もとても優しく、心遣いが嬉しい

・ 診察、手術は痛くない(麻酔がきれたら痛いですよ、もちろん)

・ 手術翌日の排便は激痛

・ 浣腸は慣れるまでは難しい、その時に起こる腹痛も少し辛い

・ 外出先(オフィスも含む)で排便した時に浣腸セットを携帯しておかないといけないので、出張の際は荷物が増える

・ 手術後、数日は座っている事よりも、座ったままイスを前にテーブルやデスク寄りに引く動作の時に肛門が痛い

・ ナプキンは臭いをおさえる機能付きの厚みのあるものがクッションになっておすすめ

・ 手術、術後の通院、薬代などトータルで約50万円くらいかかります。先生のお話、説明を良く聞き、わからない事は質問し、納得して、不安・疑問を無くしてから決めて下さい。


<スタッフよりコメント>

お尻のことを常に気にした生活で、20代の頃から悩み、苦労されていたんですね。

いろいろ知りたくても肛門科の情報って少ないですし、ネットで調べてみても、怖い事や痛い事ばかり書かれていて・・・ますます肛門科へいく勇気がなくなってしまいますよね。

手術中の痛みはほとんどなかったようですが、術後の排便が激痛だったようで・・・でもその痛みも乗り越えて浣腸も使用して便通管理がんばって下さっているのですね。

手術して良かったとのお言葉嬉しく思います。

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

便通管理などお困りの事はございませんでしょうか?

何かございましたらお気軽にご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。