患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 春 脱肛 30代女性 外来患者様

診察を受けて、初めて自分が便秘であり、その為に痔が出来た事を知りました。

痔である事は分かっていたものの、なかなか病院に行く気になれなかったのですが、今回受診して、自分の症状がとても良く分かったので来て良かったです。

先生の丁寧な説明を聞いて長年の排便習慣を改めなければいけない事も分かり、翌日から少し早起きして、便を出し切る事を意識しました。

この事がいかに出来ていなかったかを実感している所です。

今は自分の力だけでは出せなくなってしまっていますが、時間がかかってもあるべき排便習慣を取り戻したいと思います。

そして痔もしっかり治療したいです。

《スタッフよりコメント》
とても嬉しい感想を、ありがとうございます。

なかなか病院に行く気になれなかった、との事でしたが受診をきっかけに良い方向に向かう事を願っています。

もし、また何か分からない事、疑問に思った事があれば気軽にご相談下さいね。

今までの習慣が間違っている!と急に言われたら戸惑うのが普通です。

これで良かったのかな?なぜこれがいけないか。を十分理解して頂く事が大切だと思います。

お大事になさってください。

スタッフ山根

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。