患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 冬 血栓性外痔核 20代 女性

ずっと去年の秋から脱肛と思われる症状があり、早く診てもらいたかったのですが、ようやく来れました。

すると、脱肛ではなく血栓性外痔核だと判明!!

ずっと押し込んでいたのが良くなかったと知り、やっぱりもっと早く診てもらっていたら…と思いましたが、これ以上悪化する前にきちんと診て頂けて安心しました。

手術も考えていたので、本当に安心です。

もともと便秘がひどかったので、今回、そちらの改善をするため先生ともお話ができたことで、これ以上お尻に悪いことはしたくないなぁ…と心から思いました。

これを機に、便秘知らずの体になりたいです。

みのり先生、ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

脱肛だと思っていた症状が血栓性外痔核!!病状がしっかりわかってよかったです。

急にオシリが腫れて…大きなモノが肛門から出てるんです…と手術を覚悟で暗い表情で受診され『切らなくても自然に治ります』との、みのり先生の言葉にホッとされ笑顔になられる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

オシリに負担をかけると何度でもなってしまうので、排便習慣を見直して、“便秘知らずの体”を目指して頑張って下さいね。

また心配なことなどございましたら、何でもご相談下さいね。

スタッフ:浦岡

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。