患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院患者さんからのコメント(30歳代女性・脱肛・2013年春)

ずっと10代の頃から誰にも言えずに悩んでいましたが、何とかしたいと思い立ちネットで調べてこちらの診察を受けました。

「すぐにどうこうなるわけではないので手術をしない。という選択もある」と言われましたが「手術しないと無くなることはない」とも言われ、やっぱりすっきり治したいと思い手術を決めました。

5泊6日の入院手術でした。

生まれて初めての手術で不安でいっぱいでした。

手術自体は30分程で、麻酔が少し痛いくらいで、何度も声を掛けて頂いて安心できました。

緊張のしすぎで少しふらついてしまいましたが…手術後、部屋に戻ってから段々痛くなってきて、どうしようかと思いましたが、痛み止めを飲むとおさまっていき、手術後2時間後には食堂で座って食事が出来るくらいでした。

夜もゆっくり眠ることが出来ました。

入院生活も予想以上に快適でした。

長いしテレビがあったほうが良いかと思い個室にしましたが、食堂では他の入院患者の皆さんと色々お話しが出来ました。

今までこんなにこの病気について誰かと話しをするなんてことはなかったので、時間もあっという間でした。

まだ、これからしばらくは、色々心配なこともありますが、手術・入院についてはこちらで診て頂いて間違いなかったと思います。

自由診療で確かに費用は安くはないですが、本当に安心で快適でした。

先生をはじめ全てのスタッフの方が親切・丁寧で、トイレもいつも清潔でした。

最終日のコンサートも楽しくて入院中だということを忘れそうでした。

感謝の気持ちでいっぱいです。

完治するまでしっかり頑張っていこうと思います。

そう思わせてくれる病院です。


<スタッフよりコメント>

長年誰にも言えずに1人で悩まれていたんですね。

おしりの事で暗くなてしまっていた生活から、手術を受けられて少しでも明るく楽しい毎日をお過ごしになっていれば嬉しいです。

自分のおしりとは、これからも長い長い付き合いになるので、おしりを痛めつけないように便通管理がんばって下さいね。

また何か困った事などありましたら、何でもご相談下さいね。

スタッフ:浦岡

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。