患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 春 脱肛 40代女性 入院患者様

入院手術、日帰り手術のどちらにするか随分と迷いましたが、出血のリスクより、継続する痛みを選択して、日帰り手術にしました。

〈手術について〉
麻酔は少しチクリとしましたが、想像していたよりもほとんど痛みませんでした。

術中に先生方が明るく話しかけられるので、安心して手術を受けられました。

〈術後〉
術後は座ると痛いのでは?と心配しましたが、術後、すぐに昼食を部屋で頂きました。

その日はジリジリ痛みはありませんでしたが、鎮痛剤が効いて、ぐっすり眠る事が出来ました。(薬を飲む前は、ひざ、ひじなど間接が少し痛かったです。)

初日の夕食から1階の食堂で、同じ日に手術を受けられた方々と一緒に食事をして頂き、術後の症状などを明るく共有して心配せずに安心して過ごせました。

〈全体〉
いつも常にきれいに清掃してあり、気持ちよく過ごせました。

先生や看護師さんに大変お世話になり、ありがとうございました。

これからしばらく通院となりますが、よろしくお願いします。
(日帰り手術なのでこれからしばらく痛いと覚悟しています。)

簡易のテーブル(本を読んだり、メモを書いたりする)があれば、便利かもと思いました。

食事は野菜中心、油少なめのメニューで食べやすかったです。

(スタッフよりコメント)
手術や、術後に感じた事など、これから手術を受けられる方にとって、とても参考になる書記をありがとうございます。

経験された方の意見や感想は、私たちにとっても、患者様にとっても、とてもありがたいことです。

同じことを経験された方同士だからこそ、入院中、皆さんすぐに仲良くなられるのですね。

最近は、一緒に買い物に出かけていらっしゃる患者様もいて、すごいご縁だなと思いました!!

また、心配な事があればいつでもご連絡下さいね。

お大事になさってください。

スタッフ:久保
スポンサーサイト

2013年 春 脱肛 60代女性 入院患者様

この年齢で手術を決意したのは、長い間市販の薬でしのいでいたのですが、少し悪化したときに、こんな状態で他の病気になり、自分で手当出来なくなったらと考え、初めてみのり先生の診察を受けました。今までの自分の無知を思い知り手術を決意しました。

手術は院長先生が執刀して下さり、おかげさまで無事終わり病室へと移りました。術後の痛さはやはり相当ありました。

でも完治して快適な生活が送れるのを楽しみに頑張れました。

手術はとても不安でしたが検査時からの看護師さんが優しくて、手術当日の点滴からはじまり、手術時の声かけなどして頂き、全て委ねられました。

また、その後のケアが本当に頭が下がる思いでした。

また、トイレ、洗面所、シャワールームなども充実していて、お掃除も行き届き、いつも気持ちよく、療養出来たと思います。

ありがとうございました。

〈スタッフからのコメント〉
長年悩まれて手術を決心されたのですね。

手術はいつでも受けたいときに受けられるものでもなく、体が元気であってこそ受けられるものだといつも先生がおしゃっています。

術後の痛みはかなりあったようですが、入院中は気持ちよく過ごせたとのことで良かったです。

また何かございましたらいつでもご連絡下さいね。

お大事になさってください。

スタッフ:久保

2014年 冬 痔核 70代女性 入院患者様

痔の手術は痛いものと思っていたのですが、痛み止めの絆創膏のためか、注射も痛くなく、痔核の切り取り手術も全く痛くなく、本当に嬉しく思いました。

手術の時間も、早かったのがビックリしました。

術後の2日目も全く痛みもなく、シャワーも浴びることが出来ました。

排便の困難の状況もすぐに治して頂き、本当にスッキリし、有り難く感謝しています。

〈スタッフからのコメント〉
手術で1番心配なことといえば痛みですよね。

痛みには個人差があるのですが、全く痛みがなかったようで良かったです。

入院手術のよいところは、術後排便管理をしてもらえるところです。

術後の排便が心配で入院を選ぶ方もいらっしゃいます。

その後、便通管理はいかがでしょうか。

また何かお困りの事があればお気軽にご連絡くださいね。

お大事になさってください。

スタッフ:久保

2014年 春 痔瘻 60代女性 入院患者様

この病気は、女性は特に中々打ち明けられないものです。

でも打ち明けると周りに経験者がいるものです。

もっと早く言って相談していればと反省です。

この病院は最初に電話に出た方の対応がとても良く、電話だけでもイヤだったのですが、安心して診てもらう気持ちになりました。

それに女性の医師がいらっしゃったので、安心でした。

でも院長先生に診て頂くことになりましたが、優しく明るい感じで好感を持てました。

手術が終わってまだまだ毎日使う所で自分も分からない事だらけですが、頑張ります。

病院は色々とイベントをしてくださるので、アットホームな所です。

みのり先生のお尻の話は必見です。

コンサートも開いてくださって、みのり先生はとても歌がお上手でこれも必見です。

TREはとても良いと思いました。

無理なく自分に合わせてできるし、私も歌をしていますが、歌う前に必ず身体を動かして発声をします。

身体が硬いと良い声が出ないと、いつも言われています。

自力整体もお尻の状態が良くなればもっとちゃんと出来るかなと思いました。

手術して日が経っていない時に自分では中々身体を動かそうとすると思わないけど、先生達も一緒にして頂いて安心して受けられてとても良かったと思います。


〈スタッフからのコメント〉
たくさんの嬉しいお言葉ありがとうございます。

特に女性の方は周りに相談出来ず、一人で悩まれている方が多いですよね。

お尻は誰もが毎日使うところだけれど、中々人に気軽に話せないですよね。

もっと気軽に抵抗なく話せるようになったら、一人で悩まれる方も減るのになぁと思います・・・。

当院では、ただの入院生活だけでなく、院内コンサートや、体のエクササイズ、先生によるお尻セミナーなど、退屈な入院生活にならないように様々なイベントを行っております。

特に最近はTREが良かった!!との声をたくさん聞きます。

じっくりと自分の体をほぐす時間なんて中々とれないものですよね。

退院されてからも、参加される方もいらっしゃるので、ぜひお気軽にお越し下さい。

また、何かお尻のことで心配な事があればお気軽に受診くださいね。

お大事になさってください。

スタッフ:久保


2014年 脱肛 60代 女性 入院患者様より

とても快適な入院でした。

思っていたよりも痛みも軽く、アットホームな明るく楽しい入院で感謝しております。

とても痔の方が多いので、おすすめの病院だと思います。

ぜひ、お友達にも紹介したいと思っています。

ありがとうございました。

病院のスタッフの方々の優しさにも感謝です。

これからもよろしくお願いします。

<スタッフよりコメント>

快適な入院生活だったようでよかったです。

少しでも、明るく楽しい思い出に残る入院生活であれば・・・と思っております。

患者様同士、入院生活ですっかり意気投合され退院されてからも外来の診察で顔を合わせるとお互いの近況報告をされていたり、一緒にご飯に行かれたりされている姿を見ると、こちらも嬉しくなります。

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

また何かございましたらお気軽にご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2014年 春 20代 女性 脱肛 入院患者様より

私は、ここの病院に来るまでに肛門に違和感があり、他院にて1度だけ診てもらったことがあります。

その病院で痔があるということがわかり、時間があるのであれば今のうちに手術したほうが良いと言われ、勿論強制ではなく手術するかしないかはあなた次第とも言われましたし、とても明るく良い先生でしたが、その時体調を崩していたこともあり決心がつかず結局その後は通わなくなりました。

「やっぱり切らないといけないかな」「早めに切ったほうが楽って先生言ってたしな」とそうこう考えている内にたまたまここの病院の看板を見つけ行ってみることにしました。

予約をした時からスタッフの方が丁寧に説明して下さるし、初めて先生に診てもらった際には、明るく「別に手術しなくていいよ〜坐薬を使いながらしっかり便を出して上手く付き合っていくこともできる。まだまだ小さい小さい」と言われた事でとても安心したのを覚えています。

もともと不安症なので、とりあえず“今はしなくても良い”という事が分かっただけで気持ちが一気に楽になりました。

それから2ヶ月程、お薬を使用し特に肛門の違和感、痛み等感じることもありませんでしたが、体調も良くなり時間ができたので、この機会にと自分の意思で手術することを決めました。

友達等に言うと手術するんだったらどこでもいっしょだし初めに診てもらった保険のきくところでいいんじゃない?と言われましたが、自由診療でも私は、みのり先生に手術してもらいたいと思いました。

通院したのは2回ぐらいでしたが、話もしっかり聞いてくれるし、先生からも詳しく説明して頂けるので、結局は先生との相性というか接してみてこの先生になら任せられると思ったので費用は高いですが手術することにしました。

手術では局所麻酔をするのですが、思ったより痛くなかったです。

私は歯医者で歯茎に麻酔をするほうが手に汗握るなぁ〜と感じるくらいでした。

麻酔さえ効けば痛くないし、あっという間に終わります。

手術が終わり麻酔がきれ始めるとジンジンと痛みますが、痛み止めもあるし我慢できないほどでもないです。

いつでも優しい看護師さんがいるという安心感で精神的にも私は宿泊して良かったなと思いました。

同じ手術をした方々が入院しているので、食事の時等に近況報告できたりして気も紛れるので、それなりに楽しいですよ。

痛みに関しては、やはり排便している時と、排便後はけっこう痛かったです。

少しおとなしくベッドに横になり過ごしました。

とにもかくにも、我慢出来る痛みです!

痛すぎて動けないわけでもないし、なんとかなります。

退院後は気が抜けて少し入院していた時よりも、痛みを感じることになるかもわかりませんが、完治するまで通いたいと思います。

スタッフの皆様、とても優しく接して下さいますし、セラピー犬ラブちゃんもとっても可愛く癒されます。

<スタッフよりコメント>

人と人との巡り合わせはなんだか不思議ですね。

たまたま当院の看板が目に入り受診して下さり、手術を決められたのですね。

入院生活も楽しく過ごして頂けたようでよかったです。

手術中にはラブちゃんにも癒されたのですね。

当院のセラピードッグ、ラブちゃん!手術室にワンちゃんがいる病院ってなかなかないですよね!

その後お尻の調子はいかがでしょうか?

何かございましたらお気軽にご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

40代 女性 脱肛 外来患者様より

自分の症状の程度や、痔のことがよくわかりました。

説明が丁寧で、今までの常識がくつがえりました。

1回だけ肛門科にかかったことがあります。

ここまで、きちんと説明して頂けなくて、全く状態がわからなかったので、安心しました。

これからの心掛けも教えて頂けて良かったです。

看護師さんも先生も優しくて感じよかったです。

ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

自分のお尻の状態がわからないとお尻で何が起こっているのだろう・・・と不安になりますよね。

状態もわかって安心して頂けたとのことで良かったです。

毎日使うお尻ですが、間違ったケアをしてしまっていたり、初めて知る事も多くてびっくりしますよね。

デリケートなお尻・・・正しいケアでいたわってあげて下さいね。

また、困ったことや心配などございましたら何でもご相談下さいね。

お大事なさって下さい。

スタッフ:浦岡

2014年 春 肛門そうよう症 20代女性 外来患者さん

病院に行くのが恥ずかしくてずっとガマンしてきましたが、来てみて良かったです。

診察を受け、自分の症状がきちんと分かってホッとしました。

今まで自分の判断でやっていた事が、自分のお尻を痛めつけていたと知って驚きました!

これからは大事にしようと思います。

《スタッフよりコメント》

来てみて良かったとの事で、嬉しく思います。

勇気がいりますよね。本当に勇気がいります。

一大決心して来院して下さる方もたくさんいらっしゃいます。

今の自分の症状を知ることで、これからどうしていく事がお尻にとって、ご自身にとって良い事なのか見えてきます。

何かお困りの事がありましたら、是非一度受診下さいね。

スタッフ山根


2013 春 脱肛 60代 女性 入院手術

私は30年前この病院で手術を受けた一人です。

30年前のカルテが残っていた事にビックリしました。

30年前は院長先生のお父様でした。

院長先生は気さくにお父様の話をして下さり、昔を思い出しました。

手術の時も何度も声をかけて頂き、安心して終える事ができました。

部屋に戻ってからは、朝の入院した時からついて下さった看護師さんが毎日手取り足とり処置の方法等教えて下さり、話をゆっくりと聞いてアドバイスをして下さり、本当にこの人なら安心だと思えるような方でした。

スタッフの方全員がとても優しく丁寧で助かりました。

ひとつだけ、耳が聞こえにくいので、もう少し大きな声でお話して頂けたら幸いです。

今回最初に診察して頂いたのはみのり先生です。

とてもはっきりされていて、心遣いがすごく主人の体調が悪いのでと相談すると的確なアドバイスを頂きました。

ここまで思って下さる事が、自分も頑張って早く手術してスッキリしたいと思った矢先、主人がなんとか一人で生活できそうと言われ、手術をする事にしました。

入院期間中は、毎日朝食が終わると排便の事で頭がいっぱい、出しても残っていると痛みがありました。

一日中頭の中は便の事を思って痛み止めを飲みながら過ごしていました。

ホッとする時間は、同時に入院した方とお食事中のおしゃべりタイム。

何もかも忘れられるひと時でした。

本当に入院患者さん同士仲良く話したり出来た事が私の財産でした。

とてもいい時期に入院手術が出来て、皆様に感謝しています。

ありがとうございました。

《スタッフよりコメント》

手術の事、家の事、ご主人の事。いろんな事情があって、手術のタイミングが合って、良かったですね。

入院患者さん同士、皆さん楽しそうにされているのを見ていると私も嬉しくなります。

こんなにお尻の事で悩んで居る方がいたなんて・・・と話されている事もよくあります。

また困った事があれば、なんでも相談して下さいね。

スタッフ山根


2014年 脱肛 日帰り手術をうけて短期入院 30代 女性

今まで手術を受けた事がなかったので、手術の前日は緊張して何度も目が覚めてしまいました。

顔はかなり引きつっていたと思います。

でも実際手術が始まるとあっという間に終わりました。

翌日トイレに行っていきむのが少し怖かったです。

手術中も入院中も先生と看護師の皆さんの優しい心遣いにとても助けられました。

本当にありがとうございました。

まだ治療は続きますが、大肛で手術してもらって本当に良かったと思っています。

《スタッフよりコメント》

手術はやはり緊張するものですよね。

でも、手術をして良かったとの事で嬉しく思います。

緊張が少しでもほぐれるように・・・

当院にはセラピードックのラブちゃんがいます!

みのり先生のブログではおなじみのラブちゃんは、手術中にもふれあう事が出来ます!

ラブちゃんはそこに居るだけで幸せな気持ちにさせてくれます。

触ったら、もふもふ気持ちいいですよ!

ラブちゃんがぺろぺろしてくれる事もあります!

犬が好きな方、あまり犬と関わった事がない方でも興味があればお声かけ下さいね。

どんなワンちゃんだろうと思った方は、ぜひみのり先生のブログをチェックしてください!

私もいつも、ラブちゃんに癒されていますーー♪

スタッフ山根


2014年 春 裂肛 50代 女性 入院手術

麻酔の痛みへの恐怖からなかなか手術に踏み切れなかったのですが、手術した患者さんのコメントを信じて手術をお願いしました。

私は局部麻酔でしたが、本当にちょっと痛いだけで大丈夫で楽勝だと思いました。

患者さんのコメントに点滴の針をさすのが一番痛かったと書かれているのを読んで内心本当かな?そんな訳ないよなーと思っていましたが、本当でした。

信頼する先生に手術して頂く事は患者にとって何より安心です。

とにかく信頼できる先生これが一番重要で大切です。

術後は便をする時は多少痛み、出血もありますが手術したからにはそれ位は覚悟の上でしたが、大袈裟に覚悟するという程の事でもなかったです。

退院後は多少不安ですが、この分なら大丈夫だろうと思っています。

なにかあれば、夜中でも連絡出来るという事もすごい安心感です。とにかく患者にとって安心してお任せできるという事が、こちらで手術していただいて本当に良かったと思います。

私は去年膝に怪我をしてその入院中にもともとあった裂肛をさらに悪くしてしまい、身体の自由が利かない時に勝手の悪い病院のトイレでお尻のケアなんて出来ない。
お尻の問題を抱えていては身体の調子が悪いときには大変な思いをする事を実感しました。

まずはお尻から健康にならなくてはと思った次第です。

こちらに入院中、膝の調子をわるくしてしまってお尻だけではなく膝の事まで心配して頂いたり車いすをおしてくれたり本当に感謝しています。

ここの看護師さんの優しさはすばらしいです。

話しやすいし、みなさん優しく声をかけてくださって、特に主任さんには本当にお世話になりありがとうございました。

大阪肛門科診療所はホッとしてあったかくなれる所

そう感じました。

お世話になりありがとうございました。

ここで手術をしてもらおうと決めた一つに

エレベーター内に非常用のトイレ、水、携帯などが備えてあった事です。

絶対に守るという責任感の強さをその備品からすごく感じられました。

ほんとうに良くして頂いて心から感謝しています。

ただ1つだけ2階の車いす用のトイレに手すりがあったらなーと思いました。

《スタッフよりコメント》

貴重なお話、ありがとうございます。

手術をためらっていた事、手術を決心された事、実際に手術をうけて思った事、

とても丁寧に書いてくださって、感謝いたします。

お尻の調子はいかがでしょうか。

手術してキレイになったお尻を労ってあげてください。

何か困った事があればいつでもご相談くださいね!


スタッフ山根

2014年春 裂肛 20代女性

2014年春 裂肛 20代女性

去年から悩まされていた肛門の少しの出血、切れている感じで便が出にくい悩みが、みのり先生の診察やお話で改善されてホッとしました。

肛門をみせるなんて・・・と思っていましたが、早く来て良かったです。

優しいみのり先生の診察、受付の皆さんありがとうございます。

頑張って治療を続けます。

《スタッフより》

ホッとされたとの事で嬉しく思います。

出血すると、本当に驚いてしまいますよね。

しかも、自分では見えそうで見えないので・・・。

ご自身の症状が分かれば、毎日の排便が今より楽になるかもしれません!

もし、またお困の症状がでたらお気軽にご相談下さいね。

スタッフ 山根



2013年 夏 50代 男性 痔瘻 入院患者様より

昭和の時代から長い付き合いの痔とついにお別れと思うと感激というより少し寂しい気分です。

というのは嘘で、人生が変わる予感です。

なぜならどこに行くのもお薬を持ち歩き、少し疲れると“いつもお尻の小人がさわぎ出す”とてもストレス一杯の人生でした。平成3年に動けなくなって手術してもらった時のあまりの痛さに一生付き合うほうが、あの思いをするよりマシと諦めていました。

そして、その時に痔は完治しないものですといわれてしまいましたから・・・

この度、ある医師の紹介で当院を受診した時の院長先生の第一声が“この痔は治ります”“手術は切るのですから痛いですが痛みで夜も寝られない人はいません”の言葉でした。

お話を聞いているうちに「この先生にかけてみよう、いや絶対に治そう」と決心し、その場で手術を決めました。

ジャジャーン!!大正解!!本当にうそのように術後も、排便時も全く痛くないですし、あの“お尻にぶらさがっていた小人”がいなくなっているではありませんか。

全くこのお尻の感覚は、若い頃・・・もう40年以上前・・・以来ですので、はっきり言って初体験です。

先生の技術にただただ感謝感激雨あられです。

それと、最大の感想は、病院らしい臭いが全くない事と、先生、看護師さん、全てのスタッフがゆったりしているのが、とてもとてもリラックスさせて頂き、もうお世話になれないのが残念です。

痔主仲間に必ず伝えます。

ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

どこに行くにも何をするにもお尻のことで頭がいっぱいで辛い日々を過ごされていたんですね。

医者から痔は完治しないものと言われてしまうと、前向きにもなれず人生暗くなってしまいますよね・・・

当院を受診され、その場で手術を決断!!

お尻を騒がせていた小人ともさよならで、お尻の不快感もスッキリして快適に過ごして頂けているようで嬉しく思います。

今までの分まで人生思い切り楽しんで下さいね。

また困った事などございましたら何でもご相談下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2013年 夏 50代 女性 脱肛 日帰り手術を受けられた患者様より

痔とはおそらく20代後半からの付き合いでしょうか?

思い返せばとても昔のことになります。

その頃は排便の時に少し出血があったりして特に続くこともなく気にしていませんでした。

30代になると、いわゆるイボ痔の小さいものが出来ましたが、痛みがあっても冬の寒い時期で夏場はありませんでした。

40代になると、イボ痔も大きくなり、またひどい時は、そのイボが腫れたような状態になり排便後も指で押し込まないと外に出たままになる事が多くなりました。

それでも肛門の中に入れてしまえば痛みも感じないので、数年その繰り返しを続けてきましたが、昨年から入れても外に出てきてしまうようになり、外に出ているが故に痛みも強く感じる日が続き、日常にも影響が出てきました。

50代を前に根本的に(市販薬でごまかすのではなく)治療したいと思いもしたが、どの病院が良いのか周りの友人にも「痔」で通院した人もいないのでネットでリサーチし、こちらの病院にお世話になることにしました。

決めたのは、女医さんであること、専門科であることでした。

少し前置きが長くなりましたが、初めて診て頂くまでは、みなさん多かれ少なかれ同じ様な思いをされたと思います。

でも、みのり先生に診て頂いて、話を聞いて頂き、私の症状を説明して頂く過程で手術することの不安も少し解消され、お任せしようという気持ちになりました。

それは、とても丁寧に時間をかけて説明して下さった事、またその初診の日は母も一緒に付き添いで病院を訪れたのですが、一緒に診察室で先生の説明を聞かせていただけたので、何だか安心感が増したのが大きかったからです。


心配していた診察も驚くほど痛みがなくてビックリしました。

さて、手術当日は麻酔注射も痛くなく(歯医者さんで受ける麻酔と同じくらい)手術中はお尻の上で粘度をこねている様な感じで、痛みは全くありません。

術後はしばらく横になって点滴が終わるのを待って、電車に乗って帰りましたが、その時も肛門が少しつっぱるというか、引っ張られている感じはありますが「痛い」というのとは違いました。

しかし辛いのは翌日でした。

手術した夜も痛み止めを飲んで普通に眠れましたので、これくらいならOKかなと思いましたが、手術後最初の排便が激痛でした。

排便後は座れないくらいで横になって、しばらく腰をさすっていないと耐えられないくらいでした。

もちろん肛門も痛いのですが、排便の後に浣腸しないといけないのですが、これが大変です。

浣腸することもそうですが、その時の腹痛がこれまた辛いのです。そしてもう一つは便意をもよおす時に、肛門に便が降りてくる感じの時が痛く「早く出したい」という思いになります。

そういう痛みを知ってしまうと、その次の日の排便が怖くなりますが、でも、みのり先生の「頑張って出してね。浣腸もしてね。」という明るい声を思い出し、治療に必要なことなので乗り切りました。

でも人間、不思議にそういう痛みにも慣れる様で(もちろん痛み止めの薬もあるので)3日目ぐらいにはなんとか過ごせるようになりました。

くくられたイボが無くなる過程の臭いも気になると思いますが、私は臭いをおさえる機能のついたナプキンを使いましたので、それほどでもなかったです。

軟膏を肛門の中に塗るというハードルも最初は「えっ?」と思いますが、慣れるとチャッチャと出来るようになります。

今は手術してから半年が過ぎて本当に手術をして良かったと思います。

保険が使えないので金銭的には高額ですから、その点は悩みましたが、それを考えても手術して正解だったと私は思います。

以下、受診から手術後までのポイントをまとめます。

・ 病院の入り口が入りやすい(肛門科というより歯医者さんのよう)

・ みのり先生がとても気さくな方で、少し恥ずかしいと思える排便などのことも話しやすいのでストレスがない

・ 看護師の方々もとても優しく、心遣いが嬉しい

・ 診察、手術は痛くない(麻酔がきれたら痛いですよ、もちろん)

・ 手術翌日の排便は激痛

・ 浣腸は慣れるまでは難しい、その時に起こる腹痛も少し辛い

・ 外出先(オフィスも含む)で排便した時に浣腸セットを携帯しておかないといけないので、出張の際は荷物が増える

・ 手術後、数日は座っている事よりも、座ったままイスを前にテーブルやデスク寄りに引く動作の時に肛門が痛い

・ ナプキンは臭いをおさえる機能付きの厚みのあるものがクッションになっておすすめ

・ 手術、術後の通院、薬代などトータルで約50万円くらいかかります。先生のお話、説明を良く聞き、わからない事は質問し、納得して、不安・疑問を無くしてから決めて下さい。


<スタッフよりコメント>

お尻のことを常に気にした生活で、20代の頃から悩み、苦労されていたんですね。

いろいろ知りたくても肛門科の情報って少ないですし、ネットで調べてみても、怖い事や痛い事ばかり書かれていて・・・ますます肛門科へいく勇気がなくなってしまいますよね。

手術中の痛みはほとんどなかったようですが、術後の排便が激痛だったようで・・・でもその痛みも乗り越えて浣腸も使用して便通管理がんばって下さっているのですね。

手術して良かったとのお言葉嬉しく思います。

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

便通管理などお困りの事はございませんでしょうか?

何かございましたらお気軽にご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2014年 春 40代 男性 痔瘻 入院患者様より

痔瘻と診断されてからネットでいろんな方の体験談を読んだが、「麻酔が痛い」術後、麻酔が切れた後の痛み」「排便時の痛み」と痛い事ばかりで、なかなか決心がつかず、でも痔瘻は手術しないと治らないので、イロイロ調べて数軒に絞り、各病院のホームページや口コミを読んでみた。

その中で、大阪肛門科診療所の「痛くないよ、痔の手術」が目に止まり、この病院に行ってみたい!!と思ったが自由診療で高いしと悩みながら、家の近くの肛門科や、ここより安い自由診療の肛門専門病院に行ってみたが、ふんぎりが付かず、最終的にここの病院に予約を入れてみた。

診療日まで数日あったので、その間、院長・副院長のブログや痔瘻の患者の手記を読んでみて「どこまで本間やろう」と思っていたが、院長の診察を受けて疑問が確信に変わりました。

この先生、この病院で手術をやってもらおうと思いました。

評判通り、院長の腰椎麻酔は本当に痛くなかったです。

針をさされる瞬間は、腰を引いてしまいましたが(笑)

手術は全く痛くないです。

手術中も音楽が流れているので、余計な事を考えずにリラックスできました。

痛み止めの坐薬や、早めに痛み止めを飲ませてくれるので、麻酔が切れても痛みは少しで、夜もグッスリ眠れました。

翌日は一番恐れていた排便ですが、看護師さんが丁寧に優しくサポートしてくれたおかげで、不安なく痛みもほとんどなかったです。

術後、院長が写真を持って説明に来てくれました。

痔瘻が3カ所もあるので、見るのが怖かったですが、想像していたより傷が小さく逆に驚きました。

改めて、この先生に任せて良かったと思いました。

朝の診察も痛い消毒とかないです。毎日、お尻の写真は撮られますが(笑)

翌朝はシャワー、翌々日は外出も出来ます。

食事も結構おいしいです。

図書室もありますし、院内コンサートでは歌にお尻についての講義、エクササイズに自力整体とあいている時間も有意義に過ごせました。

こんな病院なかなか無いと思います。

確かに、自由診療だから出来る部分もあるでしょうが院長・副院長・看護師さん、スタッフとみんなが本当に患者のことを思って接してくれます。

少しでも不安や痛みが和らぐようにと思ってくれているのが伝わります。

まだ完治はしていませんが、この病院で手術をして本当に良かったです。

痛いのが怖くて治療を躊躇されている方、一度、受診されてみては。

きっと不安が解消されますよ。

<スタッフよりコメント>

手術を決心されるまでにたくさんたくさん悩まれたのがアンケートから伝わってきました。

当院で手術をして良かったとのことで嬉しく思います。

痔の手術は痛い痛いと聞くと、どれほどに痛いのかと恐怖でなかなか手術を受ける決心もできないですよね。

当院で手術を受けられた患者さんからは、痛みの感じ方は人それぞれですが、腰椎麻酔も手術もほとんど痛みもなくラクでしたと言って下さる方が多いです。

どの病院を受診され手術をうけられるかで、今後の人生大きく変わってくると思いますので自分に合う病院を探すことはとても大切ですね。

お尻の事を考えずに生活出来る日が1日でも早くきますように・・・

心配なことなどございましたら何でもご相談下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2014年 春 30代女性 血栓性外痔核 外来患者様より

妊娠中という事もあり、いろいろ不安でしたが、みのり先生の「大丈夫ですよ」という言葉ですごく安心できました。

症状の事や、対処の仕方も丁寧に説明してくれて、とても分かりやすかったです。

<スタッフよりコメント>

安心して頂けたようで嬉しく思います。

妊娠中は薬が使えないので、また無事に出産を終えられ、授乳が終わって便秘など、困ったことがあれば何でもご相談下さいね。

元気な赤ちゃんを産んで下さいね!!

当院はお子さん連れで受診される方も多く大歓迎ですので安心して受診して下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

40代 女性 外来患者様より

気になっている事をしっかりと聞いて頂き、詳しく説明して頂けてとても良かったです。

今までの生活習慣を改めていかなければいけないという事も分かり、頑張って改善していこうと思いました。

ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

気になっておられた事も解消されたようで良かったです。

長年の生活で、身に付いてしまった生活習慣を改めるのは大変ですよね。

そして、自己流になってしまっていて、なかなか間違いにも気付きにくいものですよね。

頑張って改善していこうと思いました。

との前向きなコメント嬉しく思います。

その後、便通管理はいかがでしょうか?

また、困った事・心配な事などございましたら何でもご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2014年 春 60代 女性 脱肛 日帰り手術を受けて短期入院された患者様より

日帰り手術も出来るとの事でしたが、大事をとって2泊させて頂きました。

術後も安心して寝ることが出来ました。

術後の痛みがどれくらいかと不安でしたが、退院日の今日もわずかに違和感を感じるくらいで特に痛まず助かっています。

完治するまで、しばらくかかるでしょうが、スッキリしてお尻のことを気にしなくてよい日が来ることを楽しみにしています。

お世話になりました。

ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

最近は、日帰りのやり方で大事をとって1泊2泊される方も増えています。

やはり術後は、同じ痛みをもつ方達と一緒にご飯を食べたり、ワイワイ話したりしているほうが気もまぎれるようで、痛みもほとんどなくラクでしたと言って下さる方が多いです。

心配な事があっても病院ですと安心ですし。

術後、安心して眠れたようでよかったです。

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

1日でも早くお尻の事を気にせず楽しい日々が過ごせるようになることを願っています。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。