患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代 女性 脱肛 日帰り短期入院

今、手術をした翌日の夕方ですが、「手術を受けて良かった」と前向きな気持ちです。

手術自体ほとんど痛くないし、食事は美味しいし、のんびり過ごすことができるし、ぐっすり眠れるし…良い事だらけです。

ただ、まだ術後の排便をしていないので、その時の痛みが少し不安です。

でもまぁ浣腸も助けてくれるだろうし何とかなるかな。

お部屋もお手洗いもトイレもあらゆる所がとてもキレイにお掃除されていて快適に過ごさせて頂きありがとうございました。

何度でも泊まりたい所ですが我慢して(!?)キレイにしてもらったオシリを大切にしたいと思います。

ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

「手術を受けて良かった」との前向きなコメント嬉しく思います。

痛みもほとんどなく術後もぐっすり眠れたようで良かったです。

その後、オシリの調子はいかがでしょうか?

快適にお過ごしでしょうか?

何度でも泊まりたい所ですが…(笑)またいつでもお待ちしてますよ(笑)

オシリを大切に…排便管理がんばって下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

スポンサーサイト

2013年 春 痔核・痔瘻 入院手術 30代 男性

まず、ありがとうございました。

院長先生をはじめ、病院におられる全ての方が、とても親切で優しく、人生で初めての手術・入院でしたが、何の不安もなく過ごせました。

術後のケア、私の場合は特に排便のコントロールで親切にお手伝いいただきありがたかったです。

また、院内施設もキレイで食事も美味しくコンサートなどのイベントもされており、私たち患者が少しでも快適に過ごせるようなお心遣いを感じました。

私は、この病院で手術をして頂いて大変良かったと思っております。

なお、痛みに関して私の場合は、手術中は感じる事はなく術後は少し痛みがありました。

<スタッフよりコメント>

今回が人生初の入院・手術だったんですね。

手術を受けられた方の体験談をいろいろ読んでみても痛みなどの感じ方は人それぞれ違いますし、体験してみないとわからない未知の世界で不安になりますよね。

快適に過ごして頂けたとの事でよかったです。

この病院で手術をして頂いて大変良かったとの嬉しいお言葉ありがとうございます。

その後、オシリの調子はいかがでしょうか?

心配なこと、困ったことなどございましたらご連絡下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2013年 冬 血栓性外痔核 20代 女性

ずっと去年の秋から脱肛と思われる症状があり、早く診てもらいたかったのですが、ようやく来れました。

すると、脱肛ではなく血栓性外痔核だと判明!!

ずっと押し込んでいたのが良くなかったと知り、やっぱりもっと早く診てもらっていたら…と思いましたが、これ以上悪化する前にきちんと診て頂けて安心しました。

手術も考えていたので、本当に安心です。

もともと便秘がひどかったので、今回、そちらの改善をするため先生ともお話ができたことで、これ以上お尻に悪いことはしたくないなぁ…と心から思いました。

これを機に、便秘知らずの体になりたいです。

みのり先生、ありがとうございました。

<スタッフよりコメント>

脱肛だと思っていた症状が血栓性外痔核!!病状がしっかりわかってよかったです。

急にオシリが腫れて…大きなモノが肛門から出てるんです…と手術を覚悟で暗い表情で受診され『切らなくても自然に治ります』との、みのり先生の言葉にホッとされ笑顔になられる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

オシリに負担をかけると何度でもなってしまうので、排便習慣を見直して、“便秘知らずの体”を目指して頑張って下さいね。

また心配なことなどございましたら、何でもご相談下さいね。

スタッフ:浦岡

入院患者さんからのコメント(50代女性・脱肛・2013年夏)

私の叔父、義妹、主人とここで手術し完治しているので手術を決めるのには時間はかかりませんでしたが、10年ぶりの手術で少し緊張しました。

手術中は2人の先生方とお話もでき、安心しながら受けられた事に感謝しています。

術後自分を苦しめていた実物を見て、大きさにびっくりしましたが、すっきりしました。

今まで長期ずっと気にしていた不安な事が取り除けて、これからの人生もうちょっと楽しめるかなと期待しています。

ありがとうございました。

実は私は30歳の時に椎間板ヘルニア、40歳の時に股関節脱臼による人工関節、その後子宮頸癌で子宮摘出、歌詞静脈瘤、と結構沢山の手術を経験し、体中サイボーグの様な傷は残っているのですが、今思えば、しなくて良かった手術は一つもなくて、今こうして前を向いて歩いていられるのは、今までの経験のおかげだと思っています。

〈スタッフからのコメント〉
ご家族代々、当院を受診して頂き、ありがとうございます。

やはり手術を受けるというのは不安だし心配なものですよね。

今まで何度か手術を受けてこられて、体も大変だったと思うのですが、そんな中でもいつも前を向いて歩いて来られ、すごいなと感じました。

これからの人生、楽しい事が沢山あることを願っております。

お大事になさって下さい。

スタッフ:久保

入院患者さんからのコメント(60代女性・脱肛・2013年秋)

早めではありませんが、今、手術をしてよかったと思います。

痛みは思った程でなく、軽いと実感。

ただ家と違い、術後は便が・・・中々外へ出てくれず・・・

浣腸をしても中々出ず困りました!!!

下剤を飲んで退院の朝、朝食後、なんとか出たのでありがたかったです。

日帰りだと本当に不安だったと思うので、2泊3日ですが、入院して良かったと思います。

手当の仕方も慣れて、家でも大丈夫と思いました。

〈スタッフからのコメント〉
日帰り手術と入院手術、それぞれの良さがありますが、入院手術は、術後に便通管理をしてもらえることが良い点の一つです。

術後、うまく排便ができるだろうか・・・痛みはないだろうかと便通が一番心配ですよね。

今回中々便が出なかったようで、不安だったことだと思います。

それでも、帰宅後、うまく便通管理をされているようで安心しました。

これからも便通管理で不安な事があれば気軽にご連絡下さいね。

スタッフ:久保

日帰り患者さんからのコメント(40代女性・脱肛・2013年春)

浣腸を続けるうちに、それまで何も感じなかった脱肛がとても不快に感じるようになり、手術を受ける事に。

手術翌日から痛みが強くなりましたが、便があると痛むとのことだったので、辛かったですが、浣腸を何度もしました。

便をもよおす朝だけが痛みがあり、午後は普段どおりに過ごしていました。

痛みがなくなった今も、手術後しばらく続いた痛みを思い出し、痔を繰り返さないよう気をつけたいです。

〈スタッフからのコメント〉
初めは浣腸に抵抗がある方もいらっしゃいますが、浣腸を使用してから効果を実感し、調子が良くなり快適に過ごされている方がたくさんいらっしゃいます。

これからも痔にならないように、便通管理など大変かと思いますが、何か困ったことがあればいつでも受診してください。

スタッフ:久保

2013年 秋 脱肛 60代 男性

10月の月曜日に初診で伺い、その日に金曜日の手術が決まりました。(何と早い…)

手術は約1時間で終わりました。

イボは計4個切り取り、2個は糸で結んであるとの事でした。

手術中、全く痛みはなく、術前の麻酔もさほど痛みはなかったので楽でした。

当日はそのまま横になり休みました。

翌日は便をしっかり出さないとと思い浣腸もしてもらい頑張りましたが出ず、出血ばかりでした。

結局出ずじまいで下剤を処方してもらい就寝…

次の日は朝、下痢気味ではありましたが、とにかく出てスッキリしました。

ただ、お尻の穴が自身の感覚と異なる所にあるようでなかなか自分で浣腸が難しい状況でした。

3日目から外出OK!!ブラブラ散歩に出かけました。

傷口はしばらく出血は続いています。

排便も不定期でまだ完治まで遠いと思いますが、頑張ります。

先生方も看護師さんもアットホームで親切です。

本当に助かりました。

<スタッフよりコメント>

当院を受診され、その日に手術を決めて帰られたんですね。

何よりも術後の排便が大変だったようで…

麻酔の痛みよりも手術中の痛みよりも…術後の排便が大変で…
と苦戦されている方が多くいらっしゃいます。

その後、排便管理はいかがでしょうか?

心配な事、不安な事などございましたら何でもご相談下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

2013年 秋 入院手術 50代 女性

最初にオデキの様なものを発見してから、もう15年になろうとしています。

痛くもなんともなかったのと恥ずかしいとの事で、ずっとほったらかしにしておいたのですが、ここ数年は、あの小さかったオデキも何倍にも巨大化し、出血したり、粘液が出たりで、常にナプキンを当てている状態でした。

いつまでもほっておいても悪化するばかりなので、意を決して治療をしてもらおうと思いました。

そして手術…後に感じた事は“もっと早くに来れば良かった”という事でした。

手術そのものも、術後も想像していたよりずっと軽いものでしたし、何より周りの環境(先生、スタッフの皆さん、患者さん同士)がとてもリラックスできる状態でしたので、術後の不安がより軽く感じられました。

日帰り手術の予定でしたが、入院してとても良かったと思います。

これからの生活に気をつけながら、再発しないような習慣を身につけたいと思います。


<スタッフよりコメント>

せっぱ詰まってもうダメだ…とならないと、肛門科にはなかなか足が向かないですよね…

15年もの間、大変な思いをされていたお尻…手術をされて今までの苦痛から解放されていると嬉しいです。

入院生活もリラックスして過ごして頂けたようで良かったです。

気分が暗くなってしまいがちな入院生活…皆さんが安心して快適に過ごして頂ける場所であったら…と思います。

お大事になさって下さいね。

スタッフ:浦岡

2013年 秋 短期入院 脱肛・痔瘻・裂肛 50代 女性 

今日、手術してスッキリしました。

みのり先生ありがとうございました。

何十年も前から症状がありながら、ついつい放置してしまっていました。

思っていたよりも悪くなっていたので、本当に思い切って手術して良かったです。

もし大肛に来ていなくて、みのり先生とも会ってなくて…もっと先延ばしにしていたらと思うと…

手術中は痛みもなくて(麻酔はチクッとしたけれど)術後もじんわり痛い程度ですんでます。

看護師さんも優しくして頂いてありがとうございます。

これからは、もうならないように便通に気をつけていきたいと思います。

まだしばらくお世話になりますが、よろしくお願いします。

楽しい入院生活ありがとうございました。


<スタッフよりコメント>

できることなら肛門科にはお世話になりたくないって思いますよね…

勇気を振り絞って受診して下さり、手術を受けられてスッキリされたとの事で嬉しく思います。

お尻のことで頭がいっぱいになってしまっていた生活から、手術を受けられて今までお尻のために前向きになれなかった事や、諦めていたことなどが出来るようになって楽しい毎日を過ごされていたら…と思います。

便通管理に気をつけて人生思い切り楽しんで下さいね!!!

お大事になさって下さい。


スタッフ:浦岡

2013年 春 脱肛 40代 女性

出血がひどくなり、外来で診察して頂いた時、みのり先生の丁寧な説明を受けた時‘あぁ信頼できる先生だ’と、もう翌日には手術をお願いしました。

実際の所、本当に何の知識も心づもりもないまま、手術当日を迎えたのですが、院長先生、みのり先生、看護師さん、スタッフさんなど、病院の皆さんが暖かく細やかな気配りをして下さい、本当に心強く安心しました。

手術後は辛くないといえば嘘になりますが、それ以上に皆さんの心配りは暖かかったです。

また、同じ日に手術された患者さん方と、お食事時にお話しすることが出来るようになり、術後の不安の中での情報交換や、その他の何てことのない楽しい会話の時間に大変救われました。

とてもありがたかったものでした。

自力整体も院内コンサートもとても楽しかったですよ。

本当にありがとうございました。

完治までよろしくお願いします。


<スタッフよりコメント>

即、手術を決断!!!

その後、お尻の調子はいかがでしょうか?

術後は、入院患者さん達と楽しい時間を過ごされたんですね。

入院期間中の食堂からはワイワイお喋りが弾んで楽しそうな会話がよく聞こえてきます。

なかなかお尻の情報を他の方と共有する事ってないですもんね。

院内コンサートは毎月開催しておりますので、またよろしければ是非、遊びにいらして下さいね。

スタッフ:浦岡

2013年 夏 50代 脱肛・痔瘻 入院手術

4泊5日、さぞかし退屈だろうなと大量に持ち込んだ本。

一体何冊読んだだろう。

予想では痛みがひどくて、ほとんど部屋の中で過ごすと思っていたが、読書は、本当にベッドに横になっている時間だけで、院内コンサートや自力整体、お部屋の方々とのダベリング。

そして毎日のように外出していました。

痛みは相変わらずありますが、それにも増して普通に生活することがリハビリになるのだと私は感じました。

病院の姿勢としても、患者さんが困っている時は、親身になって対応して頂けるが、後は自力解決なのだと感じます。

やはり、自分でコントロールする力が必要なのだと思います。

これまで排便に関していい加減だったとつくづく感じました。

みのり先生が言われたように、体の声に耳を傾ける…そんな自分になりたいと思いました。

私たち患者さんのために、企画して頂いた院内コンサート、とても楽しかったです。

とても素人さんとは思えない程、感激しました。

魅了されてしまいました。

また、自力整体にも興味を持ちました。

行き届いたお掃除に大感謝です。

いつも清潔できれいにしていただき、気持ちよく過ごせました。

ありがとうございました。


<スタッフよりコメント>

4泊5日の入院生活…たまにはゆっくり読書もいいですね!

忙しい日々の中で、なかなか体を休めて自分と向き合うゆっくりとした時間は過ごせないですし、ゆっくりした時間を過ごして頂け、院内コンサートも楽しんで頂けたようでよかったです。

排便の事って、誰かに教えてもらう機会もなかなかないので、正しい知識を身につけるのは難しいですよね。

体の声に耳を傾けて…排便管理がんばって下さいね。

また何か困った事、心配なことなどございましたら何でもご相談下さいね。

お大事になさって下さい。

スタッフ:浦岡

入院患者さんからのコメント(30代女性・痔核、痔瘻・2013年春)

某病院の処置で地獄の苦しみを味わい、もう痛いのは嫌だ!と必死でネットで探し、痛みが少ないと評判のこちらの病院を訪れました。

過去に一度腰椎麻酔の経験があるため、手術中は痛くなくても麻酔は痛いだろうなぁ・・・と覚悟していたのですが、全く無痛でした。

これにはほんとビックリでした。

無事に手術も終わり、当日の夜もそれ程痛むことなく、過ごせました。

翌日からは、起き上がって座ることも歩くこともでき、他の入院患者さん達ともすぐに仲良くなって、合宿(笑)のような楽しい入院生活を送る事が出来ました。

ただ、排便はやっぱり痛かったです。

まぁ、薬で抑えられる程度の痛みですが・・・。

他の病院で手術をしていたら、今頃こんなにのんびり感想を書いていられなかったと思います。

あと、女性の患者さんが多く、みのり先生は大忙しのようですが、院長先生もとても楽しくて優しい先生なので、女性の方でもそれほど抵抗なく、診察を受ける事が出来ると思います。

(実際、私は診察のたびに大声で笑っていました。)
看護師の方もとても優しいです。
こちらの病院で手術をして本当によかったです。

〈スタッフからのコメント〉
不安な入院生活に、同じ悩みを持つ患者様はとても大きな存在ですよね。

退院されても、その関係が続いている患者様もいらっしゃり、楽しそうに仲良くされている方を見ると素敵だなと思います。

術後も何かございましたら、気軽にご連絡下さい。

スタッフ:久保

日帰り患者さんからのコメント(20代女性・痔瘻・2013年夏)

手術の際に1番気になっていた痛みもなく、術後もある程度痛みへの覚悟はあったのですが、全く痛みがありませんでした。

毎朝、川沿いの公園を散歩に行き、とてもきれいな芝生も気持ちよかったです。

入院生活も親切な看護婦さんを始め、安心して過ごす事が出来ました。

ありがとうございました。

〈スタッフからのコメント〉
術後の痛みには個人差があるようですが、当院には、術後の入院中に散歩に行かれたり、お出かけされたりする方がたくさんいらっしゃいます。

入院期間中ずっとお部屋で寝ているのも退屈だと思いますので、外出できれば少しでも気分が変わりますよね。

安心して過ごしていただいて良かったです!!

スタッフ:久保

入院患者さんからのコメント(50代女性・脱肛・2013年夏)

本当にありがとうございました。

長い間、気になりながらも、病院に行く事をしないで、酷いものになっていました。

でも、出血するようになり、「ひどいね!」「どうしてここまで・・・」と言われきっと落ち込むことを覚悟で、仕方なく来院しました。

ところが、みのり先生の診察を受けて、先生のお話で、悩まなくていい、すぐに手術を受けようと明るい気持ちになれました。

今までの不安もなくなりました。

今日退院でまだしばらく通院ですが、お尻が良くなる事を楽しみに頑張ります。

〈スタッフからのコメント〉

受診して頂いたことで、長い間悩んでいらっしゃった心が晴れ、今までの不安もなくなり良かったです。

病院の先生というのは、怖いイメージや、あまり話を聞いてもらえないというようなイメージを持たれがちですが、院長先生もみのり先生も、親身になって話を聞いてくださいますし、話しやすい環境を作ってくださいます。

悩んでいらっしゃる方がいれば、ぜひ安心して受診して頂きたいです。

スタッフ:久保

日帰り患者さんからのコメント(50代女性・脱肛・2013年夏)

24歳のときから痔に悩まされ、こちらの病院にお世話になるまで3件の病院で診てもらいました。

どこの病院も同じ薬だけ・・・

とても酷い扱いをされたこともありました・・・

中々病院に行く気になれなかった時、新聞でこちらの病院を知り、ネットで調べ、今までの病院とは違うかも・・・と。

5ヶ月悩み、勇気を出してTEL。

優しい対応をして頂きました。

初めてみのり先生に診て頂いた時の一番印象に残った言葉が「これ末期よ!!」

確かに相当我慢しましたが、「末期」にはビックリ!!

手術を無理に勧められることもなく、何故こうなったのか、今後どうすれば良いのかをじっくり話して頂き、手術をお願いしました。

とても話しやすく、質問もしやすかったですし、信頼できる先生だと思いました。

術後、しばらく痛みは続きましたが、通院も苦痛になることはなく、先生から「順調ですよ」と言われる事が嬉しくて、手術をして頂いて良かったです。

みのり先生、本当にありがとうございました。

〈スタッフからのコメント〉
5ヶ月間悩まれてお電話してくださったのですね。

みなさんがいっぱい悩まれて決心し、やっとの思いで電話をかけてくださっているのだと思うと、今以上にもっと一人一人の患者様の不安を軽くできるように、電話対応をしなくては!と改めて思いました。

手術をして良かったとおっしゃって頂けて、嬉しく思います。

お大事になさって下さい。

スタッフ:久保

入院患者さんからのコメント(40代女性・脱肛・2014年夏)

8月の終わり頃から痛みだし、近くの医院でみてもらったら薬はくれましたが、脱肛だったら効かないかもと言われました。

痛みは酷くなるばかりだったので、専門の病院へ行こう思い、手術もでき、女医さんのいるこの病院で予約を取ることに。

妊娠した時から痔になって15年、腫れたり、治ったりを繰り返していて、次痛くなったら切ってもらおうと思っており、1回目の受診から4日後に手術をしてもらいました。

不安はいろいろありましたが、今のこの痛みがなくなるのならと思いました。

手術後も初めてのトイレはとても怖かったですが、痛みもほぼなく、リラックスすることができました。

大部屋といっても、二人で翌朝からお話しする事もできましたが、2泊3日の方だったので、途中で一人に・・・

TVがなかったのでどうやって時間を潰そうかと思いましたが、図書室の本でのりきり、全巻読めず残念です。

5泊6日、無事過ごすことができました。

スタッフの皆様いつも笑顔で優しい声かけほんとうにありがとうございました。

「完治」の言葉が早くいただけるよう便通気をつけます。

〈スタッフよりコメント〉
その後、お尻の状態はいかがでしょうか。

術後も便通管理が大変だと思いますが、何か困った事があれば気軽に受診してくださいね。

入院生活は暇で、楽しくないというイメージをもたれている方が多いと思うのですが、少しでも楽しく快適に過ごして頂いたようで嬉しく思います。

他にも院内コンサートなど、いろんなイベントを行っておりますので、退院後も、またぜひ遊びにきてください。

スタッフ:久保

2013年 春 脱肛 入院手術 30代 女性


手術していただいて2ヶ月が経ちました。

もうすっかり痛みも痒みもなくなりました。手術して頂いて本当に良かったです。

手術は恐がりの私にとっては逃げ出したい程でしたが、常に脱肛状態であることもまた怖くなってきて決心しました。

手術中は何やら気持ち悪いし痛かったです。

手術前は痛みがなかった為手術後の痛み(排便と浣腸)に手術してよかったのかとても悲しくなりました。

退院時もまだ痛く、その後出血したため怖くなって夜に先生に電話をし、結局もう一度、手術して頂きました。

とにかく痛かったです。もしかしたら1回目より痛かったのでは?と思います。

だけど時間が経ち、薬を飲みながら手術2週間後くらいから楽になりました。

恐がりのため診察の度にいろんな事を訴え、質問していましたが、先生はいつも優しく楽しく対応してくださり、元気を頂いておりました。

先生の事は大好きですが、もう痔で手術したくないのでおしりを大切にします。

先生、スタッフの皆様お世話になり本当にありがとうございました。

《スタッフより》

術後2週間、痛みがあったようで辛かったですね。

でも、2ヶ月経ってすっかり痛みも痒みもなくなったと聞いて安心しました。

おしりを大切にしますという言葉ずっと忘れないでくださいね!

また何か困った事があれば、いつでもご相談ください。

診療所にも遊びにきて下さいね。


スタッフ山根

2013年 秋 脱肛 女性 40代 入院手術

スマホで『大阪で肛門科』と調べたらズバリこちらの病院でした。

しかも女医さんで女性外来があって綺麗な先生。

初めて病院で診察を受けてビックリ!きれいなみのり先生が関西弁バリバリで、でも、とがった所がなく何だか安心しました。

2度目の診察で手術の予約を1週間後に入れトントン拍子に決まったのですが、不安でした。スマホでいろんな方の手記を読んでいると大変な人やそうでない人もいて・・・


私は想像以上に楽でした。

手術前の麻酔は痛かったですが、手術は楽で痛くなく、逆に緊張が緩んで寝そうになりました。

先生をはじめお世話になった看護師の方本当にありがとうございました。

ここは病院でありながら、ゲストハウスのような感じでおいしい食事を頂いてコンサートもしていただいて大変良かったです。

これからも多くの患者さんたちを笑顔にして送りだされることでしょう。

こんな病院がある事をもっと多くの方々に知ってほしいと思います。

皆様お体に気をつけてこれからも頑張ってください。

《スタッフより》

先生にはなんでも相談できますから、安心してくださいね。

お肌の話はしても、お尻の話はあんまりしないのが普通ですよね・・・笑

聞けないことが、間違ったケアにつながり症状が悪化する事もあるようです。

お尻の疑問は是非解決していってください。

私も初めてお尻の正しい知識を知った時はビックリしました!!

入院期間中は誰でも参加できる院内コンサートを行っています。

またお時間がある際は遊びにきてくださいね。

スタッフ山根



プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。