患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性患者さんの手記(痔核・外来治療・2011年秋)

ずっと、気になっていました・・・・・


思い切って、診察を受けて良かったです♪


現在46才、20代の頃は下剤(ピンクのこつぶの…)に頼りっぱなしで、
かなりの便秘体質でした。


(今思い出せば、漢方薬も飲んでいたような・・・)


今は2日に1度のペースで、便通・・・・・


色々お話し聞いて、自分の“おしり”の具合が理解できて、
これからは、ちゃんとケアしなくては・・・と感じました


加齢と共に・・・
身体の色んなところが、かなり気になるこの頃・・・
自分の為、しっかり治療していこうと固く決意しました。


ありがとうございました。
& これからも、宜しくお願いします




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト

入院患者さんからのコメント(脱肛・50歳代男性・2011年夏)

やはり、何といっても
手術翌日の一発目の排便が不安です。


案の定・・・私は浣腸で傷口をさらに傷つけてしまいました。


入院中はスタッフにお願いすることにしましょう。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


いえいえ、スタッフに頼るのは、はじめだけ。


後半は自分でできるように練習して下さいネ。


キズは大丈夫。 心配しないで下さい!


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

院内コンサートのご感想 vol.196

正に、Amagingなコンサート、ありがとうございました。


みのり先生の声量、ただただ驚きでした。


ひとつひとつの曲を聴きながら、
この曲 流行ってるときって、私 何してた頃だろう とか、
これは、FMで毎日のように流れてたなぁとか、My走馬燈でした。


「風に立つライオン」 感動しました。


聴きながら、歌詞のイメージが次々と浮かんできて、不覚にも涙ツツッー。


コンサートが終了して一時間半が経ってますが、
頭の中を 「一斉に飛び立つフラミンゴ」 が占めてます。


ショパンから 涙そうそう までこなされる、
ピアノの先生、巌先生、みのり先生、
感動をありがとうございました。


短い入院生活の思わぬ癒しのひとときでした。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


分不相応な おほめの言葉を頂きました。


ありがとうございます。


少しでも心の安らぎになったのでしたら、とても嬉しいです。





70歳代の男性患者さんの手記(ホワイトヘッド肛門・粘膜脱・入院手術)

痛がり、怖がり、甘えた、怒りんぼうの71才のじじいです。


45年前に手術した後が悪くなり、7~8年悩んでいましたが、
残りの人生を楽しく過ごすため、思いきって受診、そして手術。


痛がり、怖がりを充分に発揮する間もなく40分程、
「ハイ、終わりましたよ」 に、チョット間が抜けた感じでした。


歩いて帰室すると、家人も 「良かったね!!」 と安心しました。


後で痛くなるかと心配でしたが、
たいした事(高齢のせい?)もなく、良かった、良かった。


術後の処置も甘えて我儘[わがまま] を充分発揮しましたが、
ナースの方々がニコニコと笑って対応してくれ、
アット言う間の入院生活でした。


皆々様ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


ホワイトヘッドの術後というのは、
一回治しても、また調子が悪くなりやすいです。


今後もお気をつけ下さいね。


佐々木 巌






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

院内コンサートのご感想 vol.195

みのり先生は歌うまかったな~
素敵でした


院長先生の愛燦々とのベースは、よく聴こえてよかったです


患者の為に休みの日にここまでしてくれて、
本当にありがとうございます。


楽しいひとときを過ごすことが出来ました
 


【 ドクターからのメッセージ 】


楽しんで頂けたのでしたら、良かったです。


「趣味の押しつけ」にならないように、
つつましくやってゆこうと思います(笑)





30歳代の女性患者さんの手記(裂肛・肛門そうよう症・直腸性便秘・外来治療)

今年春から違和感が続き、
迷った末に診察を受けに参りました。


電話での事前予約の際に、
大変丁寧な説明、対応をしていただきました。


自由診療であり、その経緯、
又待ち時間や処置などに時間がかかることなど、
説明していただいたので、
当日の気持ちもただ待つばかりなく、
少しは余裕を持てました。


ありがとうございました。


先生はとても慣れておられ、
説明下手な私ですが、色々と説明してくださいました。


いただいた説明用紙を、
帰宅後、次回診察まで何度も何度も読みました。


ありがとうございました。


看護師さんも優しさと気遣い、色々な説明と、
本当によくしていただきました。


安心感を与えて下さる存在だと思いました。


ありがとうございました。


診察後、2週間の浣腸生活となり、
正直なところ、不安と心配でいっぱいです。


この先、どうなるのだろうと・・・。


自分でも心配になる程、精神的にキツイです。


浣腸や再診が、このままずっとずっと続くようでは、
精神的にも経済的にもキツイです。


何より、この先もずっと排便やお尻のことを、
毎日毎日心配して生きていくのかと思うと、不安でたまりません。

 

 

再診して頂きました。


とても親身に話を聞いて頂き、ありがとうございました。


先生にご紹介いただきました先生に診て頂いてきます。


本当にありがとうございました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




外来患者さんからのコメント(痔核・40歳代女性)

説明がていねいで、判りやすかったです。


女医さんがいて、女性だけの診察の時間があるのも、
初診で来やすかったです。


予約時間から、実際の診察まで30分待ったので、
仕方ないですが、もう少し待ち時間が短い方がいいですね。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



50歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2011年夏)

10年ぶりに再び帰ってまいりました


またお世話になるとは思っておりません…でしたが、
又… 先生方にお目にかかれたのは、うれしかったです……


前回は腰椎麻酔でしたが、今回は局所麻酔で、
少しだけチクチクしました。


リラックスしようと思っていても、
やや緊張、血圧も上がっていたようでした。


手術は前回同様、痛くなく手際よく、
先生のトークも楽しく して頂き、本当によかったです。


術後もすこし腫れている感じですが、痛みはありません。


浣腸も、はじめは合わずに(手術前1度家でした時)
頭痛がすごくして、心配もしましたが、
座薬にかえていただき、うまくいきました。


又、退院前には、水の浣腸にも再びトライさせていただき、
自信がもてそうです。


とにかく、先生方も看護師さん達も、
とても親切で、感謝いたしております。


10年前に比べ、水まわり(トイレ、シャワーなど)、待ち合い、
特にお食事が良くなっていたので感激!!


医療の面だけでなく、いろいろな方面にお心遣いなさっていることが、
とてもよく感じられます。


また、もどってきたい感じですが、そうもいきたくなく
複雑な心境ですが、診療所の皆様、患者さんの皆様の
ますますのお幸せをお祈りしております。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


そう! 昔に入院した方なら、
今の当院はちょっとしたパラダイスかも…(笑)


改善に努力してくれたのは、みのり先生です。


みなさん、ホメてあげて下さいね(笑)





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ








入院患者さんからのコメント (こんなイベントあったらいいな…)

お尻(肛門)の便強会(勉強会)!


パワーポイントを使って、解り易く。 etc
 



【 ドクターからのメッセージ 】


便強会(笑) ナイスネーミング!!


これいいですね。

20歳代の男性患者さんの手記(脱肛・痔ろう・裂肛・入院手術・2011年夏)

20代で痔をコンプリートしていました。


以前から自覚症状がありましたが、
あまり支障がなかったので、放置気味でした。


最近になって排便後の痛みがヒドくなってきたので、
病院の門を叩きました。


診断結果を聞いた時は少しショックでしたが、
心の中では手術してでも痔をなおしたいという気持ちがあったので、
通院2回目で入院手術を決めました。


手術自体は何の痛みもありませんでした。


麻酔のアレルギーチェック?のほうが痛かったです。


問題は術後です。


今、私はこのアンケートを退院前日(入院5日目)に書いていますが、
正直オシリは痛いままです。


入院1日目に比べればマシですが、
痛み止めは手放せません。


・手術後、麻酔が切れた時が一番ツラい。


・手術後、1回目の排便には勇気がいる。


・病院のスタッフの方は皆さん親切。


この度はお世話になりました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


おお、これは生の声。


最近、痛くないという有難い声ばかり増えすぎて、
逆にちょっと心配になっていました。


(なぜかというと、不満を言いにくい雰囲気になっているのではないかと思ったりしたのです。)


はい、この方のおっしゃる通りです。


麻酔の切れぎわにはシカメッ面の方が多いかもしれません。


お休みになる頃には、ニコニコしてる方が多いですが・・・
排便はこわいですネ。


がんばっていただいてます!


コメントに感謝!!


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

入院患者さんからのコメント

個室(505)に入院していましたが、個室より廊下のほうが涼しい。
涼しいというか、湿気が少ないと言いますか・・・。


最初はちょっと扉を開けていたのですが、
入り口にある鏡で中の様子が廊下から見えてしまうので、
最終的には窓を2cmほど開けていました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


なるほど・・・


廊下から室内が見えることが問題ですネ。


ご指摘ありがとうございました。







50歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2011年夏)

手術当日、普段通りに朝食を摂るようにとの指示に、
術中に気分悪くなってもどしたら・とか、最初の排便が・・とか。


辛うじて野菜ジュースを飲んで診療所へ。


顔が強張っていたのでしょうか、
看護師さんや看護助手さん、会う方すべてに
大丈夫ですかぁ? と心配していただきました。


病室での待機中も 「手術ってどんな格好で受けるんだろう・・
麻酔効かなかったらどうしよう」 と、どこまでもネガティブ!


手術室では、みのり先生の第一声が 「うわぁ! 緊張したはるぅ」


私のような何かにつけネガティブ思考の人間には
心配していた事が現実に起こるようです。


ズキン ズキンと断続的にやってくるこの痛みは何?


回覧に圧倒的に多かった 「痛くなかった」 のメッセージが
頭の中をグルグル駆け巡り、
なんで私は痛いんやろう? 何で?


晩酌も4日前から断ったのに・・なんでぇ?


そんな中、手術開始からずっと声をかけて下さってる先生に
痛みを訴えたところ、
痛みの場所、理由(忘れましたが)を説明して下さりながら、
ピンポイントで再度麻酔をうっていただきました。


術後もしばらく痛みは続きましたが、
院長先生や看護師さんが頻繁に様子を訊いて下さり、
痛いながらも動揺することなく過ごせました。


入院中に会話をかわすようになった方々からは
私の手術体験談に 「え~っ? うそぉ」
「私は全然痛くなかったよ」
「私は寝てる間に終わってたわ」 等など、
機関銃の如く感想が返ってきました。


八名の中、痛かったのは私一人だけです。


でも、術後経過も排便もバッチリ!


終わりよければ、すべて良し!


両先生、スタッフのみなさん、ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


そうでしたかー。


自分ひとりだけ痛かったら、「なんで私だけ」 とか、
「何か異常?」 と、さらにネガティブになる方が多いのですが、
逆にまわりの人に引っ張られて元気になられたのですね!


良かった。


これも当院の強みのひとつですね。


患者さんのみなさんも、当院のメンバーなんですね!
 


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


入院患者さんからのコメント

個室のクーラーの風が直接当たるので困りました。


出力が大きいのか、弱でも結構強く、
風向きをスイングにしても、角度を固定しても、
どちらにしろ強く当たります。


いすに座っても同じです。


昼間もつけたり消したり、
後半、夜間は止めて寝ました。


(防水シーツも暑いとむれるので、寝れない日もありました)


クーラーの位置は構造や配線上、変えられないのかと思いますが、
もう少し小型で、風向きなど、
こまめに変えられるものになればなぁと思います。


シャワーはコンパクトで使いやすく、清潔でとても良かったです。


洗たく場、洗面、トイレ、シャワーが
1ヶ所にうまくまとまっていて使いやすく、
いつも清潔にして頂いているのでうれしかったです。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


エアコンは対応が困難です・・・


良いアイデアはないでしょうか・・・


50歳代の男性患者さんの手記(痔ろう・入院手術・2011年夏)

10年前に痔ろう手術で完治まで8ヶ月辛い日々!!


今年に入り再発でなく違う所にまた痔ろうが…


ネットで痛くない手術、患者さんの声を信じて診察、入院手術。


手術当日は最後の手術らしく、待っている時間が長く緊張しまくりでした。


手術室に入ると、院長先生が 『お待たせしました~!』 の一言で、
少し気が楽になりました。


一時間ほどで全て終わり。


信じたとうり、痛みなく寝れましたが、
次の日からのトイレが大変でした。


本当、10年前もここにしてればよかったなぁと思います。


食事もおいしく、スタッフの方々も話しやすく親切でした。


あっという間の6日間でした。


お世話になりました。


ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


あんまりニコニコしてると、拍子抜けしますか?


でも手術前に担当医がシカメッ面しているのも、
患者さんはイヤですよね?


うーん、やっぱり今まで通り、
手術室では笑顔でお迎えします。


明るい未来への入口なんですから!


佐々木 巌






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

入院患者さんからのコメント

お湯が使えると便利
 



【 ドクターからのメッセージ 】


4Fトイレは湯が出ないのです(悲)


次回、機会があれば検討します。


30歳代の女性患者さんの手記(肛門そうよう症・外来治療・2011年秋)

今日来院して本当によかったと思いました。


原因のわからない かゆみに悩まされていましたが、
生活の中でたちまち何か困ったことがあるわけではないこと、
場所が人には言いにくい、おしりであること、
あと、どの病院の何科に行けばいいのかもわからず、
とにかくネットで見てみようと思い、出会ったのが、
大阪肛門科診療所でした。


肛門が専門であること、そして女性のお医者様がおられること、
そして女性への心配りがある病院だと思い、
行くことを決めました。


だいぶ勇気はいりましたが、自分で治すことはおろか、
どんな状態になっているのかさえ、
自分の目で見ることはできないのですから、
放っておくこと、そしてそうすることによって、
もっとひどくなることのほうが、こわいと思いました。


実際に診ていただいた時は、なぜかとても安心できました。


また、時間をかけて、きっちりと説明して下さるので、
自分の状態や、どうすれば治るのかがよくわかりました。


おしりとは、これからも長いつきあいになるので、
時間がかかっても、先生のいうことをよく聞いて、
きちんと治していこうと思います。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(裂肛・10歳代女性・2011年秋)

外来患者さんからのコメント(裂肛・30歳代・2011年秋)

とてもていねいに説明していただきました。


診察も痛みなく受ける事が出来ました。


有難うございました。






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(50歳代女性・2011年夏)

自分では不安でしたが、
先生(みのり先生)の親切な診察で、
しっかりとわかりやすく説明していただき、
ありがとうございました。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

40歳代の女性患者さんの手記(裂肛・肛門狭窄症・入院手術)

20数年前から始まった痛みに、ついに決着つけました。


術前は痛みが少し緩和されていたのですが、決心し、手術に!


術後は痛みが楽で、びっくりしました。


初回の来院時に “即手術” と言われ、びっくりしましたが、
今は、なぜもっと早く、こちらに来院しなかったかと悔やんでいます。


これから日々楽になるんだと思うと、わくわくします。


出かける度に、おしりに気をつかってきましたが、
それももうなくなるんだと思うと、やっぱりわくわくします。


遊びのスケジュールがどんどんうまっていく感じです。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


そうです。


楽しく生きてゆくための治療なんです。


存分に人生を謳歌して下さい。


術後の痛みが少なかったみたいで良かったです。


私もうれしいです。
 



佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



入院患者さんからのコメント

「5泊6日は長い。」という思いで、入院させていただきました。


術後は図書室を利用させていただいたり、
普段の生活ではなかなか出来ない、昼間の散歩をしたりと、
自分の時間を楽しませていただきました。


初めてです。


本当に院長先生、副院長先生をはじめ、
お世話になったスタッフの方々に感謝です。


あえて希望を書かせていただくと、
「インターネット接続が出来るなら、もっと良いかな。」と感じました。


お世話になり、ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


インターネット環境…、考えてみます。


院長





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

80歳代の患者さんの手記(脱肛・2011年夏・入院手術)

手術をして頂きまして有難うございました。


20才頃から動力ミシンの仕事を20年間して居りまして、
自分の体を大事にしてなかった様に思います。


60近くになりまして、
森ノ宮の成人病センターで腸の検査をして頂きました時に、
看護師さんに痔がありますよと、注意して頂きましたが、
手術がいやで、そのままにして置きました所、
最近になりまして、ひどくなり、思い切って、
手術をして頂きまして、本当によかったです。


これから体を大事にして行こうと思います。


手術も痛くなく、ラッキーでした。


お二人の先生、スタッフの方々、
本当に有難うございました。


みな様方、お元気でいらしゃって下さいませ。


私は幸せでした。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


こんな風に思っていただいて、こちらこそ幸せです。


元気にしてもらってるのは、こちらの方だと、
いつも思っています。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




50歳代の女性患者さんの手記(腸脱肛初期・外来治療・2011年夏)

近くの病院で診察、治療をうけていましたが、
思うようになおっていかないような気がして、
以前、新聞に佐々木みのり先生、女医先生が紹介されていて、
すがるような気持ちで受診しました。


自分のきちんとした病名、治療のし方等を
わかりやすく説明していただき、
これからの治療を信頼してやっていこうと思いました。


長年の便秘を改善しよう!!


みのり先生の丁寧な対応、スタッフのみなさんも親切でよかったです。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



外来患者さんからのコメント(裂肛・20才代女性・2011年夏)

最初、診察を受ける前までは不安でしたが、
先生や看護師さんが、丁寧に説明して下さったので、
分かりやすかったし、安心できました。


これなら、もっと早く来ればよかったなと思いました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(痔ろう・50歳代・2011年秋)

専門的な診療が受けられて、悩みが軽くなりました。


女性の先生だったので、恥ずかしくなかったです。


看護師さんの対応も、とても感心しました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(肛門そうよう症・外来治療・2011年秋)

初めて浣腸しましたが、意外にさぱりしました。


今まで薬はよく飲んでましたが、
出口が原因というのはおどろきです。






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

40歳代の女性患者さんの手記(脱肛・日帰り手術・2011年夏)

8月11日に、日帰り手術から始まり、後少しで2ヶ月がたちます。


私にとっては、長~い地獄の日々でした。


手術は楽勝、全く痛みはなく、
ほんの少しの時間で終了しましたが、
その後、1時間後…、痛みがDDD


それからの日々、排便時の痛みは半端ない、
陣痛より苦しい痛み、約1ヶ月涙の毎日でした。


まあ、アルコール、自転車禁止は、
私にとって、またまた地獄DDD


ストレスは溜まる一方、身体の調子は悪く
下痢になったり、過呼吸になったり、
本当にあま~く考えすぎていましたが、
どうにか、今では、お尻の痛みもなく、
排便もスムーズに出来るようになり、
長~い地獄の日々は終了に向かっているようです。


やっと、笑える日が来るのかと・・・!! 


ん! がんばりました。


みのり先生、スタッフの皆さま
本当にいろいろ、ありがとうございました





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



50歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2011年夏)

この病院は娘がインターネットで見つけ、初診の日の2日後に手術!!


何がなんだかわからないうちに、一週間が過ぎました…。


10年間位、誰にも言えず悩んでいた事が、
一瞬で快適な日々を過ごせるなんて夢のようです!!


院長先生、みのり先生、スタッフの皆様!!


本当にお世話になり、有り難うございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


初診後、すぐに手術を受けられる方だと、
怒涛の1週間になるのですが、
この方もそうでした。


今後は、再発させないように、
おしりを大切にして下さい。



佐々木 巌




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。