患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り手術患者さんの手記(脱肛・50歳代女性・2011年春)

「おしりのいたみ」 を感じ始めたのは、第1子妊娠の時、
かれこれ4半世紀も前のこと。


便秘の経歴も長く、「自分の腸の長さは人よりもながい」 と信じて生きてきました。


ところが、1年前の5月のある日、便がでないという恐怖を体験し、
「でぐち」を気にしないわけにはいかなくなり、
HPを手当たり次第ポチポチしながら
OKM(手帳に 予定を人にみられては困るので、こう書いていました)
へと導かれていきました。


診察の結果、腸の検査と手術も視野に入れた今後を考えるようにとのお言葉と、
手術の内容を書いたパンフレットをもらって帰りました。


毎日、何度も何度も読みました。


日々の痛みから解放されて、残りの人生 生きられたらと思い、
手帳に○を付け、徐々に手術の日程を考えるようになりました。


手術のお願いをしたのは、初めての診察から半年かかっていました。


手術予定日の数日前に義父が亡くなり、キャンセルも考えましたが、
「自分の痛みがなくなり、これから よりよく生きることを最優先したい」と、
家族に理解を得て、何とか手術室に入ることができました。


手術を受けた日が金曜日で、週明け月曜日の診察までの時間が長く感じられました。


痛み止の薬のおかげで、出産の痛みを超えることはなく、
時間がたつにつれて、少しずる変わっているのを感じることができました。


その後、週1回の診察で 「よくなっていますよ」 と、
先生から言ってもらえるたびに、回復できる身体をもっていることが
とてもうれしく感じました。


診察・手術に辿りつくまでの長い時間を思えば、
治る時間の短かったこと・・・
もっともっと自分のことを大事に考えてやればよかったな、
とも思えるようになりました。


まだまだ 「自然なお通じ」 はむずかしいですが、
ゆっくり習慣づけたいと思っています。


みのり先生はじめ、スタッフの皆様には、本当にお世話になりました。


ありがとうございました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


どんな生き物も排泄をしないと、生きていけません。


なので 出口である肛門は、とても大切です。


「便が出ない」 という時、
「どこで便がつまっているか」 が大切です。


「おなか」 すなわち 「腸」 に便がたまっているのか、
「出口」 すなわち 「肛門」 に便がたまっているのかによって、
対処法が違ってきます。


その時々で違うこともありますし、
人によって便秘の治療は違います。


どうやら 「出口=肛門」 に便をためている人が、
痔になっているようです。


しっかり排泄をするようにしないと、
せっかく手術をして、痔を完治させても、
また 何年かすると痔になってしまいます。


手術までして治したオシリ。


悪くしないよう、これからも便通に気を付けて下さいネ!!




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



スポンサーサイト

入院患者さんからのリクエスト

TVがあればいいなぁと思いました。
(ただ JIN-仁- が見たかっただけ)
→ 食堂に設置しました!!


パソコンも使えたら・・・
(ただ Yahoo!ニュース みたかっただけ・・・)


・ 百人一首大会
  (みのり先生の美声で読み上げてほしい・・・そしてたまに小田さんで・・・)


・ イスとりゲーム、フルーツバスケット
  (動けそうな人のみ) たぶん無理やな・・・ → いや できますヨ!!


・ マージャン大会


・ オセロ勝ち抜き戦 (勝った人は浣腸プレゼント)


フラフープおいたら良さそうです。
  暇つぶし、軽い運動、腸に効く ってことはありますか??
  → あんまり関係ないかも


・ 入院中に3000ピースのパズルを完成した人には、
  “コトブキ浣腸ひとおし君” を 30g×10個入りを 3箱プレゼント!!!
  (ピース数と箱数は・・・ 3000ピース多すぎですね・・・)
  → 景品はなぜか全部浣腸なんですね


プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。