患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外来患者さんからのコメント(切れ痔・30歳代女性・2011年冬)

数週間、病院に行こうかと迷っていた。


男性の先生は嫌だったので、女性の先生をネットで見て、
初めは保険が使えないので悩みましたが、
どうしても女性の先生がよかったので、来院。


分かりやすく、親切で、来院をしてよかったと思います。


スタッフの方にも やさしくして頂き、
もっと早く来ればよかったと思いました。


ありがとうございます。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト

40歳代男性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2010年夏)

どれくらい痔とお付合いしてたかはわかりませんが、
10年は超えて付き合っていたと思います。


私の場合、あまり自覚症状が無く、
強いて言えば、ウンコをした時に血がポトポトたれるぐらいで、
痛みもなかったのですが、
2~3年前から、ひんぱんに血が出るようになり、
腹圧がかかる事でも出血するようになり、
面倒くさくなり、巷で噂の 「大阪肛門科診療所」 にやってきました。


保険がきかない事で悩みましたが、
「実績のある所で、安心できるなら!」
と言う嫁の一言で決めました。


手術当日、もっとキンチョーしてるかなと思っていたけど、
それ程キンチョーせずに当院に到着。


手術までの時間に館内を案内してもらう。


血圧・麻酔のアレルギー反応チェック・点滴で、いざ出陣。


初めて見る手術室。


キンチョーしてきたので、オシッコに行く。


覚悟を決めて手術台へ! って言う程の覚悟は必要無しです。
(結果論ですけど)


手術中の痛みは、麻酔が効いてるので全くありません。


麻酔注射も、普通の注射も、痛い度は同じです。
「チクッ!」 です。


手術中は流れてくる曲を聴いて、少し眠たくなるくらいリラックスです。
(院長・みのり先生もリラックスムードで手術してはりましたよ!)


手術が終わり病室に戻り、翌日の朝まではベットの上で安静です。
退屈との戦いです。(腰椎麻酔)


僕は午前2番目の手術だったので、昼頃に麻酔が切れてきました。


15~16時頃に完全に麻酔が切れると予想し、
昼めしをたっぷり食べて、15~16時は爆睡しよーと決めました。
(少しでも痛みを感じたくないので)


※術後スグは座って食べにくいので、パン・おにぎり etc・・・
寝ながら食べれる物を買っておく方が良いですよ!


痛みは思っていた程の激痛ではありませんでした。
(強いて言うなら、自分のキャパよりも大きなウンコが出た感じの痛みです。
 この痛みはずっと続きますよ!
 個人差はあると思いますが、僕はガマンできる痛みでした。)


皆さんの体験談を読ませてもらって
「術後は快適!」 みたいな事を書いていますが、
そんなに快適ではないですよ!


お尻の穴に力を入れれないから、オシッコもしにくいし、
オナラをするのも、クシャミをするのも、座るのも怖いです。
(現在、術後3日目)


切ったん(手術)だから、当たり前です。


でも、普通にガマンできる痛みなので、これで治るのならと納得!


3日目になると、外出も出来るし、朝・晩の検診以外は自由なので、
ここまで来ると、気持ちは快適になります。
(症状は変わりません。ガマンできる程度の痛みと、お尻に力をいれれない怖さ)


お尻を気にしなければ、もっと快適なんでしょうけど・・・無理です!


ジャンナ ジャンカさんのサックス コンサート、よかったです。


実は、僕 リハーサルの時に、すでに涙が出そうになるくらい
感動してしまったんです。 (泣ける曲やったんやろうか?)


これからは、中途半端にピロピロ飲みしたらアカンと思いました。
 



今日で4日目、症状は変わらず軽い痛みのままです。


ウンコがスッキリ決まった時は良いのですが、今日は最悪!!


自力では大量に出たものの、カンチョーをして残便感があり、再カンチョー・・・


またもや残便感あり。 不快な1日を過ごします。
 



OKブラザーズバンド良かった。


みのり先生とその仲間達! 感動をありがとう。
院長の五弦ベース シブイ!
 



5日目 今日もウンコ決まらず、残便感を残して生活する。


痛みも変わらずです。


結局、痛みは退院するまで変わらずでした。


激痛は1度もなしです。


排便慣れ、リズムをつかめないまま退院するのが、今後少し不安です。
 



入院中でビックリしたのは、女性が多く、男はわずか4人で、
女性陣に圧倒されましたが、
皆さん良い人ばっかりだったお陰で、楽しく過ごせました。


正にアットホーム。


患者の皆さん・病院のスタッフの皆さん・先生方・そしてMYファミリー


皆様方に感謝!!
 





【 ドクターからのメッセージ 】



この方はサックスホン・コンサートにとても感動しておられました。
(私はリハーサルのみ見ました)


そんなに喜んでもらえて、来てもらってよかった・・・


ご家族がいつもお見舞いに来られていて、
すごく幸せなご家庭に見えました。


そう、ご家族に感謝、とてもスバラシイと思います。


佐々木 巌






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ












外来患者さんからのコメント(裂肛・20歳代女性・2011年冬)

何度も 「病院に行かないと・・・」 と思いながら、
こわさや恥かしさもあり、なかなか踏み出せませんでした。


今日、来てみて診察していただいて、良かったです。
とても安心しました。


あのまま放っておかなくてよかったと、心から思いました。


自分の排便の習慣を見直して、
今後気をつけていきたいと思います。


女性の先生にみていただけたことも、とても良かったです。


先生の笑顔に緊張もほぐれました。


ありがとうございました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(痔核・30歳代女性・2011年冬)

自分が一番気になってる症状について、
詳しく説明して頂いて、とても気持ちが楽になりました。


症状を悪化させない様に頑張ろう! という気持ちに、
とてもなりました。


ありがとうございました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



外来患者さんからのコメント(裂肛・30歳代女性)

病院内は清潔感があり、トイレもキレイでした。


先生の説明も分かりやすく、触診も痛みが全くなくてホッとしました。


私はインターネットでこの診療所を調べたのですが、
あるサイトで、この診療所をすすめるが、その際
「浣腸をすすめられるが、その指示は無視して良い」 という、
自称 肛門科医の意見がありました。


(今日の先生の説明で納得して使うことができますが、
私と同じサイトを見た人は不安を持って来院される可能性がありますので、
念のため、お知らせします。)



私は方向オンチなので、谷町線天満橋駅の2番出口が分からず、
地図を見て 4番出口から外へ出たのですが、
電柱に看板があり、迷わず来れました。


入り口も目立ちすぎず、かといって分かりづらいわけでもなく・・・
患者の気持を考えてくれているのだなと思いました。


スタッフの方も、皆さん親切で、嬉しかったです。


ありがとうございました。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(20歳代女性・2011年冬)

詳細に説明いただいて、とてもわかりやすかったです。


便秘や浣腸のことなど、知らないこともたくさんあり、
ためになりました。


みのり先生や看護師さん達も接しやすく、
余り緊張せずに受診できました。


ありがとうございました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

40歳代の女性患者さんの手記(脱肛・裂肛・肛門狭窄症・2010年秋)

初めてお尻に痛みを感じた時、痔であることをなかなか認めたくなくて、
思いすごしと考えるようにしていました。


その理由は、やはりお尻を見せるのに抵抗があったからです。


でも数ヶ月放置していたら、痛みはどんどんひどくなり、
こちらに来ました時は、手術適応になっていました。


今でも、もっと早くこちらに来て診てもらっておけば
よかったなと後悔しています。


以下、入院してからの記録です。
 


< 入院&手術当日 >


11:00頃に来院し、昼食を頂いて
2:00くらいにお尻にますいの下準備のパッチをはり、
3:30くらいに手術室へ。


手術室は音楽が流れていて、リラックスできる雰囲気でしたが、
やはり緊張しました。


手術時間は30分位だったと思いますが、
先生お2人が色々と話しかけてくださり、安心できました。


でも、最初の麻酔は痛かった!!


手術が終わって部屋へ。


けっこうすぐにじんじんと痛んできたので、
ひどくなる前に痛み止めをもらいました。


そのおかげか、つらい痛みはなく、
夜もぐっすり眠れました。


トイレで出血した時は、少し慌てましたが、
看護師さんや先生がすぐに対応して下さり、とても安心しました。
 


< 入院2日目 >


10:00頃に検診があり、順調とのことで、
シャワーと、外出の許可が出ました。


恐れていた手術後初めての便も、浣腸のおかげで全く痛むこともなく、
拍子抜けする程でした。
 


< 入院3日目 >


今日は痛みもほとんど感じることもなく、お昼から外出しました。


今日は院内コンサートがありました。
味気ない入院生活の中で楽しい時間でした。
 


< 入院4日目 >


日に日に楽になってきています。


朝の検診でも順調といわれ、ひと安心。


昼からまた外出しました。



院長・副院長、看護師さんの皆さんが本当によくして下さり、
質問にもていねいに答えて下さるので、なんの不安もなく
手術&入院を受けることができました。


ありがとうございました。


“じ” の話がもっとオープンにできる環境があればいいのになと、
心から思いました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


入院中は痔の話がどこでも、食事中でもオープンにできるのですが、
外では、皆さん なかなか難しいようですね。


会社には内緒で手術を受けてる人も多いです。
やはり言いにくいでしょうか・・・


それどころか、家族にも内緒・・・という人もいて、
この “言いにくいこと” が、病状を悪化させてしまうんでしょうね。


イボ痔や切れ痔であれば、初期なら手術せずに治るのに・・・と、
残念な気持ちになることが多いです。


ひどくなってしまったら、手術治療になる確率が高くなってしまいますからね。


会社で痔のことを打ち明けたら、
まわりに自分と同じような病状で悩んでいる人がいっぱいいた!
という話も、よくあるんです。


“痔” とか “ぢ” とかいう病名が、何とかなればいいですね・・・






痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



院内コンサートのご感想 vol.160

あっという間の1時間半でした。


思ってもいなかったプレゼントを頂いた気分。
ひとときでした。


リアルに好きな歌ばっかりで、
私はとっても ♪ノリノリ♪ で楽しみました。


若い世代には、知らない曲もあって・・・という感想もあって、
楽しみ方もやはりそれぞれなんだと知りました。


いろんな世代を対象とするので、選曲もお悩みかとは思いますが、
先生方の楽しめる空気が、私たちにも伝わって、
アットホームな院内の雰囲気なので、
入院患者同士の会話も自然に弾むのかなと思いました。
 


【 リクエスト 】


皆で、合唱できる歌もあればなぁ・・・と思いました。


勝手に口ずさんでいましたが。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


コンサート後は患者さん同志の交流が活発になり、
その輪が広がるようです。


皆さんが仲良くなるきっかけにもなっているコンサートです。


合唱は早速取り入れてます!



外来患者さんからのコメント(裂肛・30歳代女性・2010年秋)

外来患者さんからのコメント(脱肛・30歳代女性・2010年秋)

気さくな女性の先生で、病院に入るまでの自分の中での気まずさが、
診察室に入ったとたん無くなりました。


手術が必要な段階とハッキリ言われた時はびっくりしましたが、
説明が丁寧でわかりやすくて、とても良かったです。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

入院患者さんからのコメント

各部屋にカレンダーとか鏡があっても良いのでは。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


鏡は検討中です。


カレンダーは設置済みです。


ご指摘ありがとうございました。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

入院患者さんからのコメント

・ 洗面所でお湯が使えたら、ありがたかったと思います。
  (シュピューラーに、お湯をいれたかったのです・・・。)
  浣腸を温めたら、ダメかなァ。


・ バスタオルが干せるタオル掛けが欲しいです。


・ 手鏡があると、自分の傷が確認できますよね。
  貸し出しでもあれば・・・。
  日曜日に、嫁が来たので、見てみました。
  ある意味、感動しますね。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


ご指摘ありがとうございます。


手鏡以外、すべて取り入れました!





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(血栓性外痔核・2010年秋)

今回 2度目の診察でしたが(前回は 9年前)
その時もていねいな説明と診察をしていただいた記憶がありました。


今回も同じ症状だったので少しほっとしましたが、
自分では毎日便通があるので便秘と思っていなかったのに、
直腸性便秘だと言われてびっくりしました。


浣腸のし方もていねいに教えていただきました。


先生や看護師の方もやさしく
とてもていねいな対応なので、安心感があります。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(痔予備軍・40歳代女性・2010秋)

肛門にふくらみを感じ、痔核と思い診察を受けました。


ホームページでの丁寧な説明を読み、
自由診療に関しても、理解できました。


先生がとてもわかりやすく、親切丁寧だったので安心しました。


悩んでられる女性には、とっても心強い施設と思いました。


ありがとうございました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。