患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性患者さんの手記(脱肛・日帰り手術&短期入院・2010年夏)

手術を待つ間はとても不安でしたが、
手術室に入り麻酔が効いてからは、少し全身に力が入りましたが、
リラックスして受けることができたと思います。


ただ、手術台の上半身(頭と腕)が下にななめになっていた為か、
腕がしびれてきたのと、
起きた時、クラッとしました。
(麻酔のせいかとも思いますが)


病室に戻ると、思ったより早く麻酔が切れはじめ、
尿意があるのに、麻酔の余いんで出ないので、
何度も、3Fまでトイレにおりてしまい、
術後、動きすぎてしまいました。


そのせいか、血の止まり悪かったようです。


やはり、トイレは同じ階にあると助かります。


今は痛み止めが効いているのかわかりませんが、
ズキズキしています。


ちょっと眠れそうにありません。


今度は2度とつらい思いをしないように、
便の管理をしていきたいと思います。


先生や看護師の方々、ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


いたーい日帰り手術を受けて、2泊3日で入院された患者さんでした。


日帰り手術は痛いです
特に手術直後の2日間は痛み止めを飲んでいても痛みを感じられる方が多いです。


また、麻酔の効きが悪い人はいませんが、
麻酔が切れ始める時間は随分個人差があります。


麻酔の影響で術後しばらく、尿が出にくくなることもあります。


トイレ、4階にもあったんですけど、わざわざ3階まで行かれたんですね・・・。
すみません。


でも!この手記を書かれたのは手術当日、手術直後!!


しかも何度もトイレに歩いて行っている!!


それだけでもすごいです!


でも、翌日には結構、お元気そうに他の入院患者さんとお話されてたので安心しました。


日帰り手術の痛みもずっと続きません。
いつまでも痛み止めを飲んでいる患者さんもいません!


あと少しで楽になります。


それまで頑張りましょう!!



佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト

外来患者さんのコメント(裂肛・10歳代女性・2010年夏)

お尻のことなので、
なかなか病院に出向くのがはずかしいと思っていましたが、
こちらには女医さんがいらっしゃるということで、
今日初めて来ました。


ホームページで見た通り、気さくで優しく、話しやすい方で
安心しました。


自分なりにネットで症状を調べてはいたのですが、
先生に診ていただいて、的確な説明があり、
「そうだったのか!」 と、こちらに来て分かったことが、
たくさんありました。


また、今後の生活でも気をつけないといけないことが分かりました。


今日来て、今まで自分で何かなぁ~と、
モヤモヤしていた不安がなくなって良かったです。


ありがとうございました。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(脱肛・40歳代女性・2010年夏秋)

イボ痔は 「肛門より奥にできるもので、目に見える所に出てくるものではない」と、思い込んでいました。


今回の診察で、デキモノの原因と、付き合い方、
日常生活の改善点を知ることが出来てよかったです。


お尻に何かが入ってくる (診察の為ですが) 違和感とショックは
少なからずありましたが、
逆に、そういう場所を診て下さった先生に感謝しています。


ありがとうございました。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



外来患者さんからのコメント(50歳代女性・潰瘍性大腸炎の疑い・2010年夏)

肛門科を受診するのは初めてで、どんな事をされるのか不安でしたが、
同性(女性)の優しい先生が、まずじっくりお話しを聞いて下さり、
リラックスしてからの診察でしたので、
あまり緊張せず受ける事が出来ました。


病態についても、とても時間をかけ丁寧に説明して下さり、
わかりやすかったです。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



30歳代の男性患者さんの手記(痔核・痔ろう・入院手術・2010年夏)

20才の時に初めてイボ痔になり、大きな病院へ行きました。


とりあえず痛くてがまんできず、外科を受診。


インターンや、看護婦さん10人程の前で、
えらい先生が 「これが典型的なイボ痔だ!」 と、
私は教材として扱われ、とても嫌な思いをしました。


その後、数年おきに大きな痛みをくり返し、苦しんでいました。


数々苦しい思いをし、この苦痛を断ち切りたい! と、
日々思っていました。


ちょうどその時、仕事でよく通っていた道で、
「大阪肛門病院」(当時)の看板が目に入り、
病院の門をたたきました。


この出会いが、私の痔との戦いに大きな力になってくれたのです!


佐々木院長は、本当に本当に私にとって最高の医師でした。


大変親切で、痔持ちの人の目線に立って対応していただき感謝 感謝!


手術前には、自分の中で恐くて恐くて仕方無かったんですが、
実際手術は痛くなく終わりました。


これからこの病院を受診される方! ほんまに大丈夫ですよ!


佐々木院長・みのり先生・スタッフの全ての人に身をまかして下さい!


必ず明るい未来が訪れます!!



【 ドクターからのメッセージ 】


プロの話し家さん並に話し上手な方で、
ご入院の皆さんが男女問わず、この人のお陰で、
「メチャクチャ楽しかった・・・」とおっしゃってました(笑)


そんなにおびえているように見えなかったんですが・・・


治ったら、大好きな野球 たっぷり楽しんで下さい。


佐々木 巌




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の患者さんの手記より(痔ろう・入院手術・2010年夏)

始めは初手術ということもあり不安だったが、
痛みもほとんどなく、本当に快適な入院生活でした。


意外に若い人も多く、それもまた安心しました(笑)


また患者さんにもめぐまれ、
食事の時には小1時間しゃべったりしていました(笑)


入院中にはコンサートもあり、
楽しい時間を過ごさせてもらいました。


退院後は 「何かあったら・・・」 と不安になる部分もありますが、
この病院なら大丈夫と強く思えます
 



【 ドクターからのメッセージ 】


今回は若い男性(しかも イケメン!)が多くて、
女性患者さん達も楽しんでおられましたネ!


男女分け隔てなく、とても仲良くされていて、
院内がパーッと明るくなっていました。


皆さんが退院されて帰って行かれると、
私たちも寂しくなるんですヨ


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


外来患者さんのコメント(裂肛・子供・2010年夏)

近所の肛門外科で子供は診察できないと断られたり、
小児科で 「痔です」 とだけ言われて、
不安なまま数ヶ月きたので、
今の状態を説明していただいて安心しました。


手術の必要なく、浣腸だけで治療できるのは、とても助かりました。


説明が詳しいのが、安心です。



痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。

外来患者さんからのコメント(裂肛・30歳代女性・2010年夏)

すごく丁寧にやさしく診察して頂き安心しました。


スタッフの方もやさしくて、ここで診察してもらってよかったです。


今は大丈夫ですが、もし何かあったら、
またこちらで絶対診察してもらおうとおもいました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

外来患者さんからのコメント(肛門そうよう症・30歳代女性・2010年夏)

初めての肛門診察で色々不安でしたが、
みのり先生のやさしい人柄と、
わかりやすい説明で、気が楽になりました。


頑張って治したいです。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


外来患者さんからのコメント(裂肛・血栓性外痔核・30歳代女性・2010年夏)

診察を受けるまではすごく不安だったのですが、
先生やスタッフの方がとても親切で、
気持ちが楽になりました。



もっと早く受診すればよかったと思いました。



1人でいろいろと考えこんでしまっていたので。



本当にありがとうございました。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


外来患者さんのコメント(脱肛・60歳代女性・2010年夏)

説明がわかりやすくて、しっかり理解できました。


安心して手術が受けれそうです。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。

外来患者さんのコメント(ただれ・40歳代女性・2010年秋)

先生、看護師さん共々ていねいに話を聞いて頂き、
きっちり説明、診察して頂いたので、
とても安心感が持てました。


「ぢ」 ではなかったのでよかったものの、
やはり素人の判断では、ずっと同じ症状のまま
日々をすごしていただろうと思うと、
来てみてよかったと思います。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。

外来患者さんからのコメント(裂肛・30歳代女性・2010年秋)

勇気がいったけれど、来てよかったと思う。


このままほっとけば、更にひどくなってたかも? 
って思うと、ぞっとする。


何でも早めに通院することが必要やと感じた。


先生も、とても優しく、
分かりやすい説明だったので、良かった。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


にほんブログ村 病気ブログへ



外来患者さんのコメント(脱肛・10歳代女性・2010年秋)

とても親切にわかりやすく説明いただけて、
これから治していきたいと思います。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。

外来患者さんのコメント(痔核・裂肛・30歳代女性・2010年秋)

恥ずかしさと、ちょっとコワイなという気持ちから、
なかなか来院できなくて・・・。


初めて診察を受けてみて、
「もっと早く来とけば良かった」と思いました。


先生の診察(説明)はとても分かりやすく、
看護師さんもとても優しく接してくれました。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


にほんブログ村 病気ブログへ

外来患者さんのコメント(脱肛・50歳代女性・2010年秋)

今まで自分ではわからなかったことを診断していただき、
受診して良かったと思います。


痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


外来患者さんのコメント(脱肛・40歳代女性・2010年秋)

・ まず何よりも、女の先生、女性スタッフ、
  待合も女性ばかりというのが、よかったです。


  何でも話せる雰囲気というか、リラックスした気分で、
  診察を受けられました。


  言いにくいことも、すっと相談できると思います。



・ 質問したことや、さまざまな説明は的確で、
  ていねいに対応して下さいました。


・ 思いきって来てよかったと思っています。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ





外来患者さんのコメント(脱肛・30歳代女性・2010年秋)

今日は来院して、ほんとうに良かったです。


ぢの事がいっぱいわかりました。


先生もスタッフの方もおやさしくて安心しました。


お家から少し遠いですが、通院したいと思いました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


外来患者さんのコメント(痔核・40歳代女性・2010年秋)

外来患者さんからのコメント(脱肛・50歳代女性・2010年秋)

診察を受けるまでは、少し不安だったのですが、
先生が明るく接して頂き、説明もよく解り、安心しました。


手術を受ける事になりましたが、
今は不安はありません。
 



痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


外来患者さんからのコメント(裂肛・20歳代女性・2010年夏)

最初はすごく不安でしたが、手術の必要もなく、安心しました。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


50歳代の女性患者さんの手記(痔核・肛門狭窄症・入院手術・2010夏)

独身の頃、便秘をくり返しておりました。


結婚、出産後、専業主婦になり、
朝、余裕を持ってトイレに行けるようになり、
毎日、排便するようにしていましたが、
たまに、切れたりすることがあり、
それが長年に渡ったことで、徐々に肛門が狭くなっていきました。


出血したり、とびだして、痛みがひどいということはありませんでしたが、
だんだん便が細くなっていくのが気になって、
年齢的にも、悪いところは、今のうちに治療しておくべきだと考えて、
今回、踏みきりました。


インターネットを利用して、いろいろ調べた結果、
先生のブログ、患者さんの情報から、
全くわからない、未知の世界 (手術、治療、痛み) が、少し伝わってきて
しかも、女医さんがおられるということで、決心しました。


入院1日前まで、本当にこれで良かったのだろうかと、
不安になりましたが、
当日になれば、まな板の上の鯉、
あっという間に終わってしまいました。


自分が想像していた以上の痛みはなく、
むしろ、気抜けした感じです


麻酔のチクチクとした感じが、一番イヤだったかな。


手術中の痛みは全くなし。


術後も、痛み止めを処方され、
昼食時には座ることが出来ました。


夜も、痛みが出て眠れないのではと心配しましたが、
薬を飲むこともなく、良く眠ることができました。


あとは、明日、術後 初めての排便時の不安だけです。
 


【 2日目 】


1F食堂にて、皆さんと初顔合わせ。
「新入りです。宜しくお願いします」と・・・。


みんな同志、あたたかく迎えてくださいました。


しっかり食事をとり、部屋に戻った頃には、もよおしが・・・。


勇気を出してトイレへ。


少量ではありましたが、とてもスムーズに、
そして痛みも殆んどなく、排便することができて、やれやれです。


その後、食事のたび、食堂では、症状や経過についての話に花が咲き、
男性、女性関係なく、恥ずかしいと思っていた心の壁など、
いつしか消えていました。


(特に女性同志は、井戸端会議状態で、話は尽きることはありませんでした。)


シャワー、外出の許可も出て、心軽くなりました。
 


【 3日目 】


私の場合、初日から顔をゆがめるような痛みもなく、出血もなく、
むしろ、息つく暇もないくらいの忙しい毎日から解放され、
上げ膳、据え膳、お掃除はしていただけるは、
コンサートも聞けるし、とても、ゆったりとした休日をいただいた感じです。
 


【 4日目 】


術後、一番多くの排便の量。


初めて、少し出血がありましたが、気にする程の量ではなく、
診察の時も、順調に回復していると言われました。


むしろ、これからのほうが、出血や痛みがあるかもと言われ、
痛み止めを出してもらって、退院することにしました。


(お散歩にも行きました。)
 



【 5日目 】


無事、退院。
 



-----------------------------------



食事も満足、 スタッフの皆様に満足、 何よりも先生方に満足。


病院に入院しているということを忘れるくらい、アットホームな雰囲気で、
どんな病気になった時でも、こうであったらいいなぁと思いました。


有難うございました。


(追伸:手術していただいた先生方と、普通にお話しできるなんて、うれしいです。)
 


【 ドクターからのメッセージ 】


痛み止めをほとんど飲むことなく退院できましたね!


うちの診療所では、当たり前のことですが、
結構、びっくりされます。


そして、と~っても楽しい入院生活!


これも、普通じゃない?! ようです。


食堂はいつも井戸端会議場と化し、お食事タイムは数時間に及ぶことも・・・。


そして、みんなそろって外出、お散歩、ランチにお茶!


術後の患者さんとは思えない、見えない軽快な歩きっぷりに
皆、ビックリされます


お見舞に来られた方が、「ほんまに手術したん?!」 と言われることも多々あります。


もちろん、痛みには個人差があり、
すべての患者さんがこんな風に痛みがないわけではありませんが、
それでも動けますし、座れます!


寝たきりの人なんていません!


退院されてから痛くなる人もおられますが、
傷が治れば、その痛みもいつかなくなります。


つらくても一緒に頑張りましょう!
 


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






院内コンサートのご感想 vol.146

コンサートは本当に楽しかったです。


みのり先生、歌うま過ぎです!!


コンサートの後にはサプライズみのり先生ハッピーバースディもあり、
この時の替え歌も最高でした!


楽しい一時、ありがとうございます。
 


【 リクエスト 】


ビンゴ大会!! 景品は浣腸で(笑)
 



【 ドクターからのメッセージ 】


こちらこそ、一緒に誕生日のお祝いをして頂き、
ありがとうございました!


忘年会の景品は浣腸にしましょうか


OK倶楽部の忘年会、今年もやると思います。


もし、ご都合が良ければ、ご参加下さいネ!


佐々木 みのり
 


40歳代の女性患者さんの手記(脱肛・入院手術・2010年夏)

手術時、入院中は院長先生、みのり先生、スタッフの方々
ほんとうにお世話になり、ありがとうございました。


20代の頃から、便秘がひどく、おしりの方にも負担があったのか、
3人出産した頃から痔になりました。


最初は少し痛いぐらいで気にもしないでいました。


年数がたつにつれて、はれてきたり、出てきたりしてきました。


痛みがひどくなってきたので、5年前ぐらいに総合病院に行き、
診察をした際に、手術が必要と言われましたが、
「子供が小さいので」 と言って断り、
軟こうと痛み止めだけもらって帰りました。


2~3回通院しましたが、めんどくさくなり行かなくなりました。


でも、痛みもあり、脱肛もひどくなり、
薬局で軟こうを買って塗る事を数年続けてきました。


でも、症状はひどくなり、排便するたびに出血する様になり、
パソコンでここの病院を知りました。


女医さん(みのり先生)が診察してくださると言うことで、
すぐに電話をして予約をしました。


手術覚悟で病院に来て、みのり先生に診察してもらって、
「りっぱな脱肛です。 手術が必要です。」 と言われました。


覚悟はしていたのですが、どこかで薬だけで治したいと思っていたので、
すごくショックでした。


でも、早く治したかったので、手術をすることにしました。


手術を受けるまで、怖さと痛さの恐怖感ですごく不安でしたが、
先生方やスタッフの方々のおかげで、
無事、手術を終える事が出来ました。


手術が終わり、少し痛みがありましたが、
病室まで歩いて帰りました。


麻酔がきれたのか、痛みが少しづつ増してきたので、
痛み止めを飲みました。


二日目以降は、同室の人(2人)としゃべったり、
DVDを見たり、楽しくすごしました。


食事の時も、手術をした方ばかりなので、
いろいろ意見交換をしました。


痛みがありましたが、すごく楽な気持ちになりました。


痔になった時に、もう少し早く病院に来て治しておいたら、
こんなに痛い思いもなかったと思います。


二度と手術を受けたくないので、再発しない様に努力していきたいと思います。


いろいろありがとうございました。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


どういうタイミングで手術をするかは、
患者さんによって、まちまちです。


とことんまでひどくしてから手術する人、
ひどくなる前に早目に手を打つ人、
どちらが良いかは決められません。


というよりも、それを決めるのは患者さんご本人です。


私たちは、病状をありのまま、率直にお伝えします。


「手術が必要な状態」 「完治させるためには手術しかない」
など、説明をさせて頂いていますが、
手術するのが嫌だったら、しなくたっていいんです。


もちろん、それでは痔は治りませんが・・・


治さずに痔を持ってたっていいんですヨ!


ご自身がそれで納得されるのであれば・・・。


もちろん、痛みや出血はあるかもしれません。


そして、症状がつらくなってきたら、手術をしたくなります。


したくなるまで待ってもいいんです。


ただ、正直言って、あんまりひどくなってから手術するよりも、
ほどほどのところで手術する方が、
ある程度、治療は楽な面はあります。


そういったことも考え合わせて、
手術を受ける時期を決められるといいですネ!
 


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

院内コンサートのご感想 vol.145

邦楽を普段聞かないので (ヒップホップソウルとかロックばかりです)
殆んど めあたらしく感じました。


優しい詞のものばかりで、心が安らぎました。


トイレの神様、初めて聞きました。


大好きだった祖母のことをおもいだして、泣いてしまいましタ。


CDで聞くより何倍も、間近で生で聞くのは、
心の琴線にふれるものだなと思います。


みのり先生の高く澄んだお声と、ブレスを感じさせない所が、
“プロ” だなと思いました。


看護師さんや、クイズコーナーのおかのさん(?)ら、
スタッフの方も一丸となった、チームワークを感じていました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


岡野さんの出しもの、毎回違うんですヨ!
私たちも楽しみで


コンサートで演奏する曲は、患者さん方が知っている曲、
聴いたことがある曲を・・・ と思い、選曲しています。


どちらかというと、私たちは普段は洋楽ばかりなんですヨ!


(ヒップホップはさすがにやりませんが・・・ )


佐々木 みのり
 


30歳代の女性患者さんの手記(痔ろう・入院手術・2010年夏)

まずは、先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。


6月に初診 → 7月に手術・・・と、あれよあれよという間に、
この日を迎えました。


正直、受けるのを悩んだこともありましたが、
先生方の 「使い勝手の良いおしりに生まれ変わるよ」 の言葉を信じて、
受けることにしました。


【 1日目 】


手術の開始時刻が少々遅れて、待っている時間がとても長く感じました。


手術室に入った時、ドキドキしましたが、
みのり先生のお顔を見たら、なんだか少し安心できました。


手術は麻酔もちゃんと効いたし、
怖がりな私のぐちにも、先生方は優しく答えて下さいました。


途中からは、本当に落ちついて受けることができました。


院長先生も、リラックスできるよう、
時々おもしろい事を言って下さりながら・・・(笑)
→ 早口言葉、久々に聞きました(笑)


心配していた術後の痛みは、痛み止めがよくきいていて、
ご飯も食べれたし、こうして、イスに座って書きものもできました。
 


【 2日目 】


痛み止めがきいていたので、夜もわりとよく眠れました。


違和感はあるけれど、全然平気でした。


恐怖の排便!も、思っていたより痛くなく、
痛っ! と、思わず笑ってしまうような軽いものでした。


入院されている他の患者さんたちと、情報交換し、
とても楽しく過ごせました。
 


【 3日目 】


少しおしりがズキズキする程度で、
何の不自由もなく、ふつうに過ごせました。


日に日に、楽になっていくのがわかり、
とても嬉しく思いました。
 



このように、つらいのは初日と、次の日の排便まででした。


あとは、全然 平気!!


全く痛みがないという事はありませんでしたが、
でも、大丈夫。


手術を受けて、本当に良かったと思っています。


知人にも、おすすめの病院です。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


本当に楽しそうな入院生活でしたね!


しかも、今回は男性と女性がとても仲良くされていて、
退院前夜、1つの病室に集まって、夜遅くまで楽しくおしゃべりされている声が、
5Fの当直室まで聞こえてきて、
思わず、私も下に降りて参加しようかな・・・と思ったくらいです



Tさんの、「痔談義」、私も聞きたかった-!!


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






院内コンサートのご感想 vol.144

美味しい食事の後、音楽を聞けるなんて思いもしませんでした。


知っている曲ばかりなので、一緒に口ずさめたし、
子供さんの歌&踊りもかわいくて良かったです。
(一緒に踊りたかった)


真夏の果実は、思い出のある曲なので、
聞いていて泣きそうになりました。


途中にあったクイズ大会みたいなのも、おもしろかった。


おじさんの話し方が妙にツボに入って、笑いが止まらなかったけど。。。


楽しい時間をありがとうございました。
 



【 リクエスト 】


みのり先生、今井美樹の歌も歌って下さい。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


今回、今井美樹のリクエスト、多数いただきました。


いつかやります! 是非、聴きに来て下さい



佐々木 みのり

30歳代の女性患者さんの手記(裂肛・入院手術・2010年夏)

最初に痔になったのは 15年前で、それからは、たまに痛みがある程度で、
すぐ治っていたので放っておいてたのですが、
2、3ヶ月前位から痛みがひどく、なかなか治らないので、
思いきってこの病院に来ることを決めました。


座るのも痛くて、仕事中も集中力がなくなってしまうくらいでした。


診察してもらって、手術した方が良いと言われ、
手術しないで痔とつきあっていく事も考えましたが、
またこの痛みが来るのかと思うと、
今、思いきって手術した方がいいと思い、ふみきりました。


でも、手術はやっぱり怖くて、すごく不安でした。


ただ、先生、看護師さん、受付の方、
皆さんすごく親切で、優しかったので、
入院してからは安心して、怖くなくなりました。


手術後も痛いと思ってきましたが、私はあまり痛みもなく、
排便も浣腸もかなり怖かったのですが、痛みもなく良かったです。


痔の時の方が、かなり痛かった気がします。


あと、同室の方とも仲良くなり、
入院してることを忘れるくらいの雰囲気でした。


本当にアットホームで、良い病院だと思いました。


外出も自由に出来るし、仕事で休みがとりにくくても、
多少の融通は聞いてくれて、すごく助かりました。


ありがとうございました。


早く完治させるようにがんばります。
 


要望を言うなら、
部屋のエアコンの調節がもっと適度になってくれればいいなと思いました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


本当に最初から最後まで、全く痛みがなく、
とても快適そうでしたね!


痛みに強い方なのか、今までの痔の痛みがひどかったのか、
分かりませんが、楽になって良かったです。


エアコンの調節、なかなか難しいんです


風が直接当たらないような工夫を検討中です。


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






院内コンサートのご感想 vol.143

みのり先生や小田さんの唄がすごく上手でびっくりしました。


7月がみのり先生の誕生日だったので、サプライズがあったりして、
色々と楽しめました。


入院中はヒマだったのですが、
こうゆうイベントがあって良かったと思います。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


今回もまたやられました


まさか、サプライズバースデーがあるとは思ってなかったので、
私もビックリしました。


一緒にお祝いして頂き、ありがとうございました

40歳代の女性患者さんの手記(痔核・日帰り手術&短期入院・2010年春)

皆様、優しくしてくれて、とてもいい思い出になりました。


いろいろお世話になりました。


本当に有り難う御座います。
 



【 リクエスト 】


中国の方で、少し言葉が不自由でしたが、
まわりの患者さんたちのあたたかい対応に、
すぐに打ちとけておられました。


そんな患者さん方のやさしい雰囲気も、うちの良さです。


皆さんに、本当に感謝です


佐々木 みのり




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。