患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2010年春)

10数年間、脱肛でしたが、
中に押して入れていれば痛みはありませんでした。


4月に入り、痛みを感じるようになり、
日増しに痛みがひどくなり、薬を入れても全く良くなりませんでした。


患部が肛門という事から、病院に行く勇気がなく、
後悔はしましたが・・・


ある時、主人がインターネットで本病院を探してくれて、
すぐに診察を受けました。


佐々木みのり先生より 「すぐ、手術やわぁ!」 と言われた時は
ショックでしたが、長年悩んでいたし、「絶対によくならない!」
との診断でもあった事から、手術を決意いたしました。


手術も入院も始めての経験で、少し不安でありましたが、
痛みに耐える自信もなかったので・・・、 しかし、痛かった!


痛みがない内に、診察に来ればよかった・・・ と、本当に後悔しました。


手術は院長先生(男性)であったので、
当初の “恥ずかしい” という気持ちは、術後にはありませんでした。


最終的には “安心”しました。


とにかく、「早期の治療」 という事を本当に感じました。


先生はじめ、スタッフの皆様も本当に親切で、
本当に有難うご座居ました。


結構、“痔” で悩んでいる人や、患っている人が多い事にビックリしましたが、逆に安心しました。


見せてみると、案外 “恥しい” 事ではなかったです。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


痔にも色々な種類があって、中には緊急手術を要するものもあります。
この方のケースがそうでした。


「早く救ってあげなければならないオシリ」でした。
もう限界に近かったと思います。


痛くない痔は長年放置されがちです。


つらくないのであれば、それはそれで良いと思うのですが、
つらくなってきた時には、かなりひどい状態になっていることが多いです。


初めて肛門科を受診されて、それだけでも一大決心をしていたのに、
手術?! となると、ショックは倍増です。


でも、手術をしなければ、つらい状況は ず~っと続くので、
いつか決心をしなければならないです。


早く決心をした方が、早く楽になれます。


手術後の痛みは一生続きません。
治ればいつかなくなる痛みです。


あと少しで治ります! 一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




スポンサーサイト

院内コンサートのご感想 vol.127

1、2 曲知らない曲があっただけで、
クラプトンもベッドミドラーも好きな曲だったので、
嬉しかったです。


“やさしさに包まれたなら”で、娘さんの声が聞こえづらかったので、
ソロのパートがあればいいなと思いました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


今回はピアノの藤関さんが欠席だったため、
ギターとボーカルという構成になり、
ほとんど洋楽ばかりになってしまいました。


いつもは、子供が一人で歌う曲もあるのですが、
今回はピアノがいないので、一緒に歌ったのですが、
多分私の声がデカイので、聞きとれなかったんでしょうね


佐々木 みのり


60歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2010春)

かなり緊張して手術室に入りましたところ、
癒される音楽がながれており、肩の力が少しぬけました。


手術中はまったく痛みはなく、
見た事もないようなとても高価そうなデジタルカメラで
患部の写真を撮っていただき、
摘出したものを見せて頂き、
「アー老眼で良かったァ」 と思いました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


手術時に流れいる音楽は押尾コータローです。


完全に私たちの趣味です



痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.126

おもしろかった。


息子さんを見る みのり先生が母の目で、いつもと違っていた。


 → 厳しい目?! 優しい目?! どっちだ?!  (ドクターより)


連弾が良かった。


 → クラッシック曲ではなく、ブギウギピアノでした!


おじさんのコップ芸、要練習ですね。


 → いつもは成功するんですヨ!


院長先生のシャツがズボンに入っていたのが、気になってしまいました。


 → えっ?! シャツは外に出すのがフツーなの?!


院内コンサートのご感想 vol.125

みのり先生の歌声のすばらしさに感動しました。


皆さんの心が表れたあったかいコンサートでした。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


ありがとうございます。


これからも頑張ります!
 



佐々木 みのり

30歳代の女性の手記より(痔瘻・入院手術・2010春)

数年前、同じ病気で手術をしました。(市民病院の外科)


そこでは “痔ろう” という病名はわかりましたが、
原因まではわかりませんでした。


あの時に、この診療所のことを知っていたら、
きっとここに来ていたと思います。


そして、再発もしなかったと思います。


今後はお通じによいものを心がけて摂るようにしたいと思います。


先生も看護師さんも、他にいるスタッフの方、
皆さんが良い人で、安心して手術も受けられたし、
入院も苦になりませんでした。


ありがとうございます。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


色々あったのですね。
経過については、正直なところ運みたいなものもありますから・・・。


でも、こうしてお会いできたわけですし、
ご安心いただけたのなら嬉しく思います。


しばらくは、治療がんばりましょう。
 


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






院内コンサートのご感想 vol.124

美しい歌声をありがとうございます!!


あっ、ピアノも!!


月光は私の大好きな曲の1つなので、嬉しかったです。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


弾き語りって、難しいんですょ


息子があまりにも練習不足で、悲惨な演奏ですみませんでした
 



佐々木 みのり


院内コンサートのご感想 vol.123

とても楽しかったです。
特にアカペラのアメージンググレースに感動しました。


ただ、普段から洋楽を全く聴かないので、
もうちょっと知っている曲があればなァ・・・と思いました。


最後の連弾もすごくよかったのですが、
手元が見えれば、もっとよかったなと思いました。


GWに入院・手術なんて、ちょっと悲しかったりもしましたが、
心が晴れて楽しかったです。


どうもありがとうございました。
 


【 ドクターかたのメッセージ 】


今回はピアノの藤関さんが欠席のため、ギター曲が多く、
自分たちが演奏し慣れた洋楽曲ばかりになってしまいました。


いつもは歌謡曲が多いのですが・・・
 


佐々木 みのり



50歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2010年春)

3年ほど前に、一度診察に来た時は、それほど危機感もなく、
市販の塗り薬でどうにか痔とつき合ってきたものの、
今回ばかりは便を出せば、丸一日以上痛みが残り、
自然と便を出すのが恐く、3~4日に1回するのがやっとの状態となり、
再度当病院を訪れました。


仕事が忙しく (忙しいという言葉に逃げているだけですが)、
思うように休めない中、偶然と言うか、
ゴールデンウィーク中に手術ができることになり、
再診 即 検査で、4日後に手術と言う、
少し無謀とも思える予定を立て、決行となりました。


しかし、こういうことは思い切りが大事で、
あれこれ色んなことを考えていると、
つい良い機会を逃してしまいます。


思い立ったら吉日。


少々の仕事は脇に置いといて、
尻の不安を取り除いてから、仕事に遊びに励めば、
きっと違う明日が開けてくると思います。


恥ずかしいという気持ちも、
周りも皆同じ苦しみを持っている人達だから、却って遠慮なく喋れるし、
暖かいスタッフに囲まれ、素敵な院内コンサートもあり、
短い入院生活でしたが、エンジョイすることができ感謝!!
 


【 ドクターからのメッセージ 】


待っているだけではチャンスは来ません。


結局いつ思い切るかだけなのですが、
やっぱりご自身で、「もう、いや!」 とならないと、
手術に踏み切れないのが、この病気の辛いところでもあります。


何事もタイミングは大切。


この機会を大切に、治してしまいましょう。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ





院内コンサートのご感想 vol.122

入院中に素晴らしいコンサートを聴くことができるなんて夢のようでした。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


人前で演奏するからには、それなりのクオリティを・・・
と、思っていますが、プロではないので
なかなか練習も出来ず悲惨な曲もありましたが、
喜んで頂けて一安心です。


佐々木 みのり


30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2010年春)

《 お世話になった皆様へ 》


私の中で、


病院 = 冷たい所   が、


病院 = 温かい所   に、変わりました。


皆さんのおかげです。 心から感謝しています。


本当にありがとうございました。
 



《 入院中のこつ 》


・ 局所麻酔中は何か楽しい事を考えましょう。
  集中しない方が痛くないです。


・ 手術中は全く痛くないので、先生との会話を楽しみましょう。


・ 術後、もし痛みが出たら、迷わず痛み止めを。


・ それでも、もしも痛ければ注射してもらいましょう。
  “痛みがひく” + “眠れます”


・ 快便を目指し、ビビらずしっかり食べましょう。


・ 意外に浣腸が強い味方になってくれます。 活用しましょう。


・ ウォシュレットで常に清潔に。
     → でも、洗いすぎはダメよ  (ドクターより)


・ 爆笑すると痛いので、TVのチャンネル選択は慎重に。


・ どんな小さい事でも、先生方に質問しましょう。
  軽快に、シンプルに、それでいてわかりやすく答えて下さいます。


これが、どなたかの参考になれば嬉しいです。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


具体的に書いて下さって、ありがとうございます。


きっと 今後、手術を受けられる方の参考になると思います。


今回はGW前の入院手術期間で、
患者さんが少なく寂しいなぁと思っていたのですが、
アットホームな雰囲気で、お一人お一人とじっくり、ゆっくり
接することができ、良かったです。


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




院内コンサートのご感想 vol.121

大好きな曲のメドレーみたいで、ほんとうに楽しかったです。


先生のご家族皆さんで患者の私たちを楽しませて頂けて、
とてもうれしかったです。


元患者さんがメンバーにいらっしゃるのもいいですね。


又、スタッフの方が元PAとは・・・!


ほんとに皆さんの多彩ぶりには驚きです。
 


【 リクエスト 】


みんなでうたうコーナーがあってもいいかも?
シャイな患者さんが多いかもしれませんが・・・
 


【 ドクターからのメッセージ 】


いつもはあるんですヨ! みんなで歌う曲!!


今回はピアノの藤関さんがいないので、出来なかったんです。


患者さんたち、大きな声で歌っておられますヨ!
 



佐々木 みのり

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。