患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の女性の手記より(痔核・2010春・入院手術)

・ 初診の時のみのり先生は、丁寧でやさしくて明るくて、
  この病院で手術を受けよう! と決心できた。


《初日》
・ 手術台に上がるときに、缶の中のごみの血まみれなのが見えて怖かった。
  → スミマセン ふたをするべきでした。 (ドクターより)


・ 手術日のお弁当は、昼、夜ともおいしかった。


・ 手術中おしりに麻酔注射されるのが、一番痛かった。


・ 麻酔でおしりが もあもあした感じだったのが、手術中 突然なくなった。
  痔のきりとられた部分が もあもあしていたのでしょうか・・・?
  → うーん どうでしょう・・・ (ドクターより)


・ 術後の痛みより、点滴がうっとおしかった。


・ 夜はあまり眠れなかった。 気を紛らわせるために。


《2日目》
・ 翌朝から同室の方々と話をするようになり、
  痔歴や浣腸についてなど、同じ病気ならではの会話だった。


・ 天満橋まで買いものに行く。
  段差などは、おしりにひびくので、ゆっくり歩いた。


・ 午後は、ライフに行って買いもの。


・ シャワー、せんたくをする。 浣腸こわかったけど、意外とできた。


《3日目》

・ 朝は、また少し痛みが減っている。


・ 午前中ライフに買い物。


・ 午後はシャワー、ほかの時間は図書館のマンガを読みあさる。
  あとはドラクエ。 2階の待ち合いのソファーがらくちん。


《4日目》
・ 午前中にライフ、洗濯。 午後はシャワー。
  あまり歩かなかったので、階段を往復してみるが、
  つらかった(足が)のですぐやめる。
  おしりは最初の一歩が痛いだけ。 ずっとドラクエ。


《5日目》
・ 午前中 洗濯。


・ かまめしブラボー!


・ 午後から美術館へ向かうも、腹痛・尻痛(?)におそわれる。


・ たまたま最近建ったビルのトイレに、
  車いす女性用のきれいなものがあったので占領。
  浣腸をしてみるが、まだやってきそうなので、猛ダッシュで病院へもどる。


・ ルノアール、見れず。 仕方ないのでドラクエ。


《6日目》
・ 便秘ぎみで、お尻が痛む。 昨日より痛い。
  無事に帰れるか不安。
 



要望 : 乾燥機のフィルターのかえ(ティッシュ)が、そばにあると良い。
    部屋にとりに帰ったので。


    食堂のエアコンの風が寒い。
 


安心して入院生活を送ることができました。
ありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


入院中、活動的に動き回っておられましたね。


また、皆さん仲良くされていて、とてもにぎやかでした。


ご要望も既に改善済みです。 ご指摘ありがとうございます。


術後5日目で猛ダッシュできるなんて、スゴイ!!


便秘をすると、オシリに負担がかかって痛くなります。
なので、しっかり出しましょう!


完治まであと少し! お付合い下さいネ!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ










スポンサーサイト

院内コンサートのご感想 vol.120

とても楽しませていただきました。


アットホームすぎる程のコンサート。


でも、それが 「自分もいつか参加してみたい!」 と思わせてくれた要因かも。


→ また参加して下さい。 完治して患者でなくなった後も、
  コンサートに来られてる人もたくさんいますヨ! (ドクターより)


練習、見学させてもらい、大好きな the Rose と クラプトン 生演奏聴けて
嬉しかった。


長々とおじゃましちゃって、すみません。
ありがとうございました。
 



【 リクエスト 】


先生方が熱唱されている横 (しかも端の方) で、
ひっそりとボリューム? を調整されていた女性が、
「白衣+マスク」 だったのが、コスプレみたいで、
個人的にツボでした。


→ 受付スタッフです。
  何を隠そう、前職がプロのPAです! (ドクターより)


今度、先生方も「白衣」で 歌ってみてはどうでしょう


→ 白衣は ちょっとねぇ・・・ (ドクターより)




40歳代の男性の手記より(裂肛・入院手術・2010年春)

今回の手術は本当に受けて良かったです。


他の病院もいろいろ廻ったのですが、
自分の病状について、きっちりと診断してくれたのはこの病院だけでした。


手術前のインフォームドコンセントもしっかりしていて、
手術前にまず血液・大腸検査などをすすめられて、
安全に配慮していただき、本当に感謝しています。


院内コンサートも粋な演出があったりして、
又 退院後も機会があれば見に行こうと思います。


入院中は他の患者さんとも交流を深め、お互いの悩みを語り合いながら、
有意義な時間を過ごさせて頂きました。


今回の手術をしてくださった 佐々木巌先生、佐々木みのり先生、
その他 看護婦さんに 本当にありがとうございました。


これから退院後、完治するまで1ヶ月半くらいかかるとのことですが、
無理をしないよう、節制に努めたいと思っております。


本当に有難うございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


他科の病気が疑われる場合、先にそちらを調べてからでないと
手術できない場合があります。


この方もそうでした。


専門家に紹介し、診察・検査してもらい
結果的に問題ないと判断されたので手術となりました。


腸の検査なども当院では行っておらず紹介で受けていただきます。


そちらでかなりの時間がかかってしまったので
申し訳なく思っていましたが、
ご理解いただきありがとうございます。


安全のためには十分な時間をかけるのが良いと思います。


コンサートではバンドメンバーのお誕生会をやってしまいました(笑)


楽しんでいただけたら嬉しいです。
 


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


40歳代の男性の手記より(痔ろう・入院手術・2010年春)

5年程前から、肛門の横にイボのようなものがあるなと思っていたのですが、
深酒をした翌日に少し痛む程度で軟膏薬を塗る程度で、ずっと放置してきましたが、
昨年に痛みが強くなった際、近くの肛門科に行ったところ
痔ろうと診断を受けました。


ただ、当時のお尻の具合もあったのでしょうが、
その診察の痛かったこと。。。
診察後 2日間はイスにも座れない状態でした。


単純痔ろうで、直ちに手術をせねばならないという状況ではないと
診断されたことと、この痛みがトラウマで、
約 1年放置した後、セカンドオピニオンとして他診療所にも
診てもらいに行ったところ、やはり痔ろうと診断。


そこで、肛門科は専門の先生が少ないので、
専門の先生のおられるところで施術してもらった方が良いですよとの
アドバイスを頂き、自由診療故に費用的負担が大きいと
二の足を踏んでいたのですが、
インターネットで評判の良い大阪肛門科診療所を訪れました。


結果、大正解。


病状の説明を明確に頂けたことは勿論、
退院後の患者の社会生活を考えて頂いた治療法も提案頂き、
全てを委ねることを決断し、入院・手術に臨みました。


腰椎麻酔だったので、手術中の痛みは全く無く、
あっという間に手術は終わり、
摘出した患部の肉片と写真を見せて頂いてビックリ!


大したことはないと言われましたが、
素人的には大した切除で、麻酔が切れた後の痛みを想像し、
相当ビビリました。


しかし、腰椎麻酔が切れた後も、すぐ筋肉注射の痛み止めなどを打って頂き、
痛み止めが効くまでの 1時間程は苦しんだものの
我慢できる程度の痛みに収まり、
3日目には外に散歩に出られるほどになりました。


ただ、朝の排便、これは未だに恐怖です。


排便自体はそうでもないのですが、
傷の場所が場所だけに、そのあとの洗浄・拭き取りで
どうしても傷口に触れるので、
ヒリヒリ感が収まるまで、しばらく動けません。


日にち薬だと思いますので、
日頃の不摂生を戒める機会ととらえて、
しばしこの恐怖に耐えていこうと思います(笑)。


最後になりましたが、当診療所では、入院期間が連休に被さるように
手術日を設定されておられるようです。


正に、休みを取りにくい患者さんの社会生活に配慮された
素晴らしいお取組みだと思います。


また、スタッフの皆様の日頃のご対応や、
患者さんの入院生活が少しでも楽しいものになればと開催頂いた
院内コンサートなど、病状以外も癒される入院生活でした。


斯様な取り組みをされる中で、
院長はじめスタッフの皆様のご負担は大変なものかと想像しますが、
引き続き、お尻に煩いを持つ者の駆け込み寺として、
ご活躍を祈念致します。


本当にありがとうございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


お忙しい方が少しでも入院しやすいように、
入院スタイルの手術は連休前に予定しています。


入院患者さんが大勢いらっしゃるときには、
連休で静かな街の中で当院だけ人工密度が高いんじゃないかと思うときがしばしばあります(笑)



満員になることもありますから、のんびり構えていて
ご希望の日程に手術が受けられなかった方もおられました(スミマセン)。


当院は肛門科なので、もちろん治っていただくのが一番なのですが、
それ以外にもうひとつ、何かいいことを持ち帰っていただきたいと、
いつも思っています。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






30歳代の男性の手記より(痔ろう・入院手術・3月入院)

保険のきかない治療という事で、正直かなり悩みました。


ただ、手術、入院を通して、他の患者さんとの話の中で、
改めて、この病院を選んで良かったと思ってます。


手術すれば必ず治ると思っていた私ですが、
患者さん同士の話の中では再発された方もいらっしゃって、
同じ手術を2度もしないといけないという辛さを感じました。


この病院での痔ろうの手術の再発率は低いという事で、安心しています。


患者にとって一番不安に思う事は、元の健康な体に戻れると思う事で、
病気は長引かせたくないと願うのです。


今はただ早く治療して元気に走り回りたい気分で一杯です。


でも、やっぱり少しでも安い方がいいですよね。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


そうですね。
ご迷惑をおかけしていますが、保険診療では十分にカバーできない部分
(つまり、十分な診察時間、ていねいな説明、手術の技術、
 十分なコミュニケーションetc・・・)
が、当院の良い部分であり、存在意義と考えております。


ご理解頂ければと存じます。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


50歳代の男性の手記より(痔核・痔ろう・入院手術・2010年春)

事の発端は、2月15日の人間ドックでした。
飲んだバリウムが固まり(全部出たと思ったのに・・・)
その摘出の為、○医師会保険医療CR(ここで人間ドックを受けました)
に行ったところ、道具や設備がないとのことで、
自分の知ってる(看板に肛門科ってかいてあるのを見ただけですが)医院宛の紹介状を書いてもらいました。 (2月22日のことです。)


ところがこの○○医院がおおはずれ。


処置は看護師まかせで、自分では一切なにもせず。
しかも、脱肛になろうが、切れようが自分できばって出せと言うばかり。


しかも最後に浣腸までされ (その前に看護師に指でかきまわされ、
痛みを感じなくなる程腫れてしまいました。)
お腹は痛いし、肛門は痛いしでダウン。


ここはダメだと思い、自宅近くの○○市立HP宛の紹介状を書いてもらい、
救急外来にて受診。


「麻酔をして出しましょう」と言われた時には涙が出そうになった。


麻酔後、ものの1~2分で摘出成功(バンザーイ)


経過観察の為、1泊入院、翌 2月23日退院。


1日3軒のハシゴは初めての経験でした。(二度としたくないです。)
 



ところが、よくなるはずの肛門がだんだん痛くなって
(正確には肛門の脇のところですが)仕事に復帰できず、
自宅療養してました。


バリウム塊摘出の15日後(3月9日)20時頃、
腫れてた肛門の脇から血膿が出て、
それまでの激痛からは開放されたのですが、
いわゆる痔瘻になったのではないかと不安がつのりました。


3月10日 再度○○市立HPを受診。
「これが慢性化すれば痔瘻だが、1~2ヶ月様子を見ましょう」と言われ帰宅。


何のアドバイスもなく、不安はつのるばかり・・・。


それからの2日間は専門医探しと、痔の情報集めに没頭。
(今はネットで色々な情報が集められるので便利がいい)


ここ大阪肛門科診療所は、仕事の途中毎週2回車で通っており、
存在は知っていたのですが、自分には縁のないところと たかをくくってました。


さっそくネットで検索してみると(特に患者さんのブログ、いわゆる「口コミ」ですネ)
これが非常に評判がいい。


他に妻が○○○クリニックなるところを知人から聞いてきたので調べてみると、
昔は専門だったらしいのですが、今は総合クリニックになっていて、
これはどうもという感じでした。


ここは自由診療の為、保険がききませんが、
ホームページになぜ自由診療なのかを説明してあり、
納得がいきました。


実際、初診の時も約1時間(1時間ですよ! 3分診察じゃないんです。
通常の病院の20倍の初診料払わなければいけないのに、8000円+αだけ)
話を聞いてくれ、又、詳しく説明もして下さり、
「この先生にまかせよう」 と思いました。


ほとんどの方がそうだと思いますが、
ざっくばらんで信頼できる先生だと思われるでしょう。


と言うことで、3月13日に初診、3月20日手術入院の運びとなりました。


手術は麻酔 (腰椎麻酔ですが、○○市立HPの先生とは段違いの腕前、
さすがに「ゴッド・ハンド」といわれることはある。
麻酔を怖がってる人も、ご安心下さい。何の心配もありません)が効いているので、
痛くない事はわかっていたのですが、
麻酔が切れた後の痛みと、排便の時と その後の痛みが心配でした。


麻酔が切れた時の痛みはヤケドをしてヒリヒリ、ジンジンする様な痛みが
段々酷くなる感じでした。


でも先、先に痛み止めを飲んだり、注射をしたりして
酷い痛みも 1時間位で収まり、その夜はぐっすり眠れました。


夜中にもう一度痛み止めを飲んで、次の日も適当な時間に飲んでれば、
全く痛みを感じません。(個人差はあるようですが・・・)


PM 3時頃に手術をして、翌日の朝食はイスに座って食事ができました。


しかも、その日の夜に院内コンサートがあり、
1時間以上座ってましたが、なんともなく安心しました。


排便時の痛みと、その後の痛みも想像していたよりかなり楽でした。


余談ですが、ここの手術室、軽音楽が流れています。
ずいぶんリラックスできます。


また、手術中の先生方、声を出して笑いながら執刀されますので、
不安な気持ちもなくなります。


「あれっ!」とか、「おかしいな?」とか言われて手術されると、
「大丈夫かな?」と不安になりますが、
笑いながらだと、妙に安心してしまいますね。


完治までのカウントダウンが始まり、ひと安心しました。


どうしようか悩んでいるみなさん、一歩踏み出してみませんか。


人生に光が差し込みますよ。


「大阪肛門科診療所とかけて、風呂上りのビールととく、
その心は、最高にうまい!
 



【 ドクターからのメッセージ 】


非常に詳しい経過と感想をいただきました。


当院のブログ(ココです)は、ある程度私どもの管理下にあるわけで、
完全にフェアーとは言い切れないかもしれません。


とは言え、お褒めの言葉も、お叱りの言葉もできるだけ掲載するようにしています。


ご参考になれば幸いです。


この方は当院にお越しになるまでに色々とご経験なさったようで、
疑問に十分にお答えしようとすると時間がかかってしまいました。


このように、予約制といいつつ、
やっぱり必要があれば診察時間が長くなったりします。


その間 待って下さっている患者さんもおられるのです(スミマセン!)が、
当院の患者さんたちは、ご理解のある方が多く、いつも助けられています。


最後にもったいないお言葉をちょうだいしましたが、
風呂上がりのビールも、当院へのお褒めの言葉も味わうのはもう少し先にしましょう。


完治してからのほうがずっと味わい深いはずですよ!
 



佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ













入院手術患者さんの手記より

ほんとうに院長先生には、患者の気持をくんでいただき、
くわしくていねいな説明で安心をしました。


ほんとうに有り難うございました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


こちらこそ、ほめて頂いてありがとうございます。


当院では患者さんが話しやすい雰囲気づくりを心かけています。


心配ごとも、ご希望も、お話しいただけるといいと思います。



佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


40歳代の男性の手記より(痔ろう・入院手術・2010年春)

私は当院を別の病院から紹介していただきました。


それだけ他の医師の方々からも信頼されていますので、
安心して手術を受ける事ができました。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


はい! 身の引き締まる思いです。


紹介して下さる先生、来られる患者さんへの期待に応えられる様
努力を続けたいと思います。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.119

とても心温まるコンサート有難うございました。
院長さん御家族はじめ、病院スタッフの皆様から入院卒業生の方々まで参加された一大パフォーマンス、堪能させて頂きました。


また、同時に患者のことを真に思って頂いている診療所の姿勢に
触れさせて頂き感動しました。


ご準備など大変かと思いますが、
これからもOKブラザーズバンドのパフォーマンスで
患者の皆さんの心を癒して下さい。
 


【 リクエスト 】


OKブラザーズバンドの皆様のプロ級の腕前に感銘致しました。


これだけ質の高いパフォーマンスを院内コンサートだけで留めるのは
あまりにも勿体ないと思います。


簡単ではないでしょうが、退院後の元気なお尻を取り戻した面々が参加する
院外のライブハウスでの記念コンサート等の企画も楽しいかなと思います。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


準備・・・ 確かに大変ですかね


仕事が終わってメンバーそろって練習できるのは、
どうしても夜の時間帯になってしまいます。


それでも、こんなに長く続けて来れたのは、
私たち自身が楽しむことができ、
音楽とそれに関わる人たちに癒されたり元気をもらったりしているからだと思います。


音楽を通して、たくさんの人々とつながりを持てたことを
うれしく思っています。


退院後もわざわざ来て下さる患者さんもいて、本当にありがたいです


実は昨年末、忘年会コンサートを院外でやりました。


初めての企画だったのですが、
患者さんから大好評で、今年も開催する予定です。


OK倶楽部メールでご案内しますので、是非いらして下さい!!


佐々木 みのり


20歳代の男性の手記より(痔ろう・入院手術・2010年春)

他の病院で痔ろうの手術をしたが、再発したのでこちらでみて頂きました。


以前の手術でろう管が取りきれていなかったようです。


手術をこちらでする事に決め、3月18日に手術をしました。


手術はビックリする程、痛みはありませんでした。
麻酔ってスゴイなぁ~と思っているうちに終わってしまいました。


術後 2~3時間はさすがに痛いです。
でも、そのピークさえ過ぎると後は平気だと思います。


術後の排便はかなり勇気がいりましたが、これも案外平気です。
私の場合は浣腸の方がつらかったです・・・。


病院の感想は、先生は面白いし、明るいし、とっても元気です。
看護士さんも若くてキレイな方ばかりで、
とってもやさしく、何も文句のつけようがありませんでした。


要望としては、4階にも洗濯機と乾燥機があればなぁと思いました。


まだ完治していませんが、これからも宜しくお願いいたします。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


麻酔が効くと痛くないです。


麻酔が不十分だと術中に痛いと思いますので、
十分に効かせる様に努力しています。


麻酔が切れたあとは、当日は少し痛いかも知れませんね。


当院に来られるまでも、色々あったようですが、
手術もうまくいったし、経過も順調でなによりです。


まだしばらく、がんばりましょう!
 




院長  佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.118

感動しました!


「赤いスイートピー」 が、一番良かったです。
 



【 リクエスト 】


古内東子の 「誰よりも好きなのに・・・」


NHKの のど自慢に出てみては?
 


【 ドクターからのメッセージ 】


すごく盛り上がって一体感のあるコンサートでしたね!
私たちも楽しかったです


自慢するほどのものではないので、
院内で演奏しておくことにします

60歳代の男性の手記より(裂肛・外来治療・2010年春)

肛門の診察を受けるということで、
高齢の男といえども、緊張しながら受診させて頂きましたが、
スタッフの方々は非常に親切、丁寧に対応され、
恐怖が少なくなりました。


院長先生には長時間、本当に微に入り、細に入り、
ご診察 ご指導賜り、安心いたしました。


今後、何かありましたら、必ず貴院に受診させて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


緊張するのに性別・年齢は関係ないです。


肛門科はなぜか、こわいイメージが強いようです。


ご自身の病状を理解することは、安心につながりますので、
勇気を出して受診なさって良かったと思います。
 



院長  佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.117

とってもよかった! アットホームな感じのコンサート。


この院内だけで演奏するのはもったいない!
もっと宣伝しては?


みのり先生のプロ級の声は、また退院しても聞きにきたいですね。
 


【 リクエスト 】


患者さんの中にもいろいろかくし芸を持っている方がいると思います。


現入院している方のはげみにも応募してはどうでしょうか?
 


【 ドクターからのメッセージ 】


実は年に数回、院外コンサートもやっています
あくまでも趣味としてですが


おほめ頂いてありがとうございます。
退院後も是非遊びにいらして下さい!


院内コンサートは患者さん参加型コンサートです。


参加して下さる方、大歓迎です!
お待ちしています!
 



佐々木 みのり

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。