患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年夏)

しだいにおしりの具合が悪くなっていったのは2年前でした。


自分では手術が必要だろうと思っていました。


夫が先に同じ病院で手術を受け、大げさに痛い痛いと言っていましたが、
その後は調子が良さそうなので夫と同じ大阪の病院に行きました。


すると 「ジオン注」 をすすめられ、
入院もせず、痛みもなく翌日から魔法のように快調でした。


ところが、1年後に再発したのです。


又 「ジオン注」 をしてもらえばよくなると思って受診したところ
今度は 「PPH」 をすすめられました。


痔核ともども直腸の皮ふをつり上げて、ホッチキスでガッチャンととめるようなものとの説明でした。


腰椎麻酔で3日入院。
麻酔の副作用で一週間頭痛がして起き上がれませんでしたが、
おしりは痛くありませんでした。


しかし、1ヵ月検診の時から何となく違和感を感じていました。


再発のことを先生にたずねると、肛門から1~2cm上をつり上げているのだから、
もうたれてくる余地はないとの説明でした。


しかし、どんどん具合が悪くなり、痛みはないけれど、
排便の後 押し戻しても歩くともう出てきて、日常生活も不自由でした。


もう前の先生には相談できないし、暗い気持ちで日を過ごしていました。


PPHから1年後、思いついて、ネットで検索してこの病院をみつけました。


いろいろな説明が、とても納得のいくものだったので、
みのり先生の診察を受けました。


そして 「ジオン注もPPHも、痔核を取り去る方法ではないので、
痔核はなくなっていないのよ。」 と言われました。


2年前にすでに覚悟していたので、1週間後の手術をすぐに決断しました。


ホームページにいろいろ説明があった通り、スタッフの方の対応はやさしく、
麻酔はとてもていねいで、手術も、その後の入院生活も ほとんど痛みはなく、
見舞いに来てくれた、経験者の夫も 「あっ」 とびっくり、
元気な私の様子を、むしろ しっとの目つきで眺めるほどでした。


トイレもシャワー室もきれいなのもうらやましさの内だったようです。


とは言え、実際には切っているわけで、
退院後すぐに痛みのない普通の生活に戻れるわけではなく、
痛い思いもしながら通院しています。


直腸性便秘が痔の原因だと言われましたが、浣腸はどうも私には合わないらしく、
とてもお腹が痛くなったり、又、浣腸して排便した後 1時間程で又ひどく腹痛がして
下痢をしたりするので、結局、やめてしまいました。


でもヨーグルトを食べたり、水を飲むようにしたりして、
お腹の調子を整えるように気をつかっています。


早くすっかり本調子と言えるようになりたいものです。


【 ドクターからのメッセージ 】


ご家族にうらやまれたそうですが、
そうですよね、本当は 「痛くないって言ったらウソだ」 ということですよネ。


でも今まで受けられた色々の治療法も、
今回の手術を決意するための重要な要素だったので
決してムダという訳ではないと思います。


もうしばらく、通院がんばりましょう。


佐々木 巌
 



痔の治療には様々な方法があります。
どの方法が良いのかは患者さんによって違ってきます。


その人の おしりに合った治療を選択しなければ、
患者さんが訴えていた症状もおさまりませんし、
かえって 調子が悪くなるようなケースもあります。


この方の場合は、3回目の手術でした。


でも、前の2回の治療があったからこそ、
今が楽だと思えるのだと思います。


まだ完治していないので、本調子ではありませんが、
あと もう少しです!


また、便秘の治し方も人それぞれです。


ご自分に合った治療法を一緒に見つけて行きましょう!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






スポンサーサイト

60歳代の女性の手記より(脱肛・肛門狭窄症・入院手術・2009年夏)

最初はすごく心配でしたが、先生もやさしく、看護師さんもやさしいですよ。


部屋も明るく、二人部屋でしたが、すぐ仲よしになれました。


手術の時は緊張しましたが、院長先生とみのり先生二人で話しながら、
リラックスさせて下さって、あっという間の手術でした。


後は少し痛かったですが、思っていたより楽でした。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


正直に書いて頂いています。


「少し痛かったが、思ったほどでもなかった」
という感想がとても多いのです。


手術中、リラックスできましたか? よかったです。


佐々木 巌
 


「痛くないよ」 というタイトルを付けておきながら、何なんですが、
手術して、”全く痛くない!” なんて、ふつうは有り得ないです。


毎日 使う場所ですし、便を出せば少しくらいは痛いものです。


でも、皆さんからは 「思っていたよりも痛くなかった! 楽だった!」
と言ってもらっています。


中には 「全然痛くない!」 とおっしゃるツワモノ患者さんもおられますが・・・


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

私は、ここで手術をする20日程前に、他の病院で手術を受けていました。
前の手術の時に、すべて取り除けていなく、こちらで再手術を受けることになりました。


前の所では、手術中も術後も、とても痛く、辛い日々が続いていました。


ずっと痛みがとれなかったので、ネットで調べ、こちらの病院を知りました。


病院に対して恐怖があり、心配でしたが、
院長先生もみのり先生も、よく話を聞いてくれ、
丁寧に納得いくまで話をして下さりました。


それだけでも嬉しく安心できました。


手術も、前の恐怖があったため、ドキドキしていましたが、
先生達も、痛くないか、何度も気を使って下さり、
ほとんど痛みもなく安心しました。


術後も、優しい看護婦さん達も、相談にのって下さるので、
入院中も、安心して過ごせました。


掃除や、食事の準備をして下さる、おじさん、おばさん
毎日ありがとうございました。


これから、手術を受けようと思っている人達、
手術も、先生達 すごく上手にして下さるので、
局所麻酔も痛くなかったし、術中も話ができるくらいでした。


術後、排便が怖かったですが、
思ったほど痛くなく、大丈夫でした。


痛くなっても、痛み止めもくれるので、
それで、だいぶんおさまると思います。


術後、まったく痛みがないと言えば嘘になりますが、我慢できない程でもないし、
心配であれば、その都度、看護婦さんや先生に聞けるので、
安心していいと思います。


私は、手術の翌日には、外出もできましたし。


手術までは、不安や緊張がありますが、
受けてしまえば、やって良かった! 早く手術しとけば良かった!
と思えると思います。


排便管理の大切さもよくわかったので、今後は、生活管理を正し、
便通にも気をつけていこうと思います。


先生達、看護婦さん達、掃除のおじさん、おばさん
本当にありがとうございました!


P.S
他の患者さんとも、共通の悩み相談ができるので、
仲良くなり、楽しかったですよ
 


【 ドクターからのメッセージ 】


当院の自慢は看護師、スタッフ達、そして 患者のみなさんです。


同じ病気の仲間は、とても心強いそうですヨ。


佐々木 巌
 



前回、よその病院で受けた手術が、ものすごく痛かったとのことで、
局所麻酔が効かず、手術中も痛くて泣き叫んでおられたそうです。


うちの手術に対しても、不安と恐怖でいっぱいで、
局所麻酔ではなく、腰椎麻酔を希望されたほどでした。


「大丈夫!麻酔はちゃんと効かせてから手術しますから!
麻酔が効いたら痛くないから!」 と、局所麻酔で手術をさせて頂きました。


「あーっ! 痛くない~! 麻酔って効くんや~!
麻酔が効いたら、こんなに楽やとは思わんかった~!
あ~・・・ 安心したら 涙でてきた~・・・


と、手術台の上で泣いておられましたね


局所麻酔は肛門周囲に注射をするので、多少は痛いものです。


痛みの感じ方には個人差があるようですが、
なるべく痛くないような注射の仕方を心がけています。


誰だって痛いのはいやですよね。


でも、本当に痛みに強い辛抱強い人でした。


あと少し! 頑張りましょう!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




院内コンサートのご感想 vol.84

いつ聞いても、何度聞いても、楽しく、パワーを頂けます。


心が浄化された様で、次のコンサートの日まで 又、1ヶ月がんばれます。


いつも有難うございます。
 


【 リクエスト 】


炎のたからもの (ルパン三世 カリオストロの城のエンディングソング)
 


【 ドクターからのメッセージ 】


おしりが完治したにもかかわらず、
いつも毎回、コンサートに来て下さってありがとうございます


音楽って人を癒したり、元気にしたりできるんですね。


そう言って下さる方が一人でもおられる限り、
私たちは演奏を続けたいと思います


佐々木 みのり
 


「しあわせーをー たずねてー ・・・」 私も好きです。


佐々木 巌




50歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

1. 術前、術後の写真は、いい記念品となりました。
   きれいなお尻になって満足です。


2. 図書室、新聞など、退屈しのぎに役に立ちました。


3. 快適病院生活をしてもらおうという努力が、はしばしにうかがえます。
   食事をもう一工夫されると、もっとよいと思います。
 



【 ドクターからのメッセージ 】


1. 実はイヤがる人もいます(泣)。


2. 本はたくさんあります。いくらでも読んで下さい(笑)


3. 食事も含め、改善を続けたいと思います。


ありがとうございました。
 


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






60歳代の女性の手記より(痔核・裂肛・肛門狭窄症・入院手術・2009年夏)

大変お世話になりました。 もっと早く来るべきでした。


この病院を見つける事が出来て、ラッキー・ラッキーです。
先生に感謝。 インターネットに感謝。


日頃、情報が少ない暮らしですので、
子供に相談して良かったと思っています。


院内スタッフの皆様、ありがとうございました。


コンサート、すてきでした!


【 ドクターからのメッセージ 】


当院を探して下さったご家族に感謝です。
また、当院の良さをご理解頂いたことをとても嬉しく思います。


ご感想ありがとうございました。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ






院内コンサートのご感想 vol.83

みのり先生のあまりの美声に驚きました。
(おしりの痛みも、ひととき忘れることができました。)


これからも続けていって下さい。
 


【 リクエスト 】


痔の勉強会というのはどうでしょう?


みんなで集まって、体験談なんかを話したり、
痔についての正しい知識を身につけたりで楽しいかも、です。
 


【 ドクターからのメッセージ 】


ありがとうございます!


私、声が大きいので、皆さんのオシリにひびかないか
いつも気を使いながら歌ってます


痛みがひどくならなくて良かったです。


佐々木 みのり
 


実は院内コンサートがそういう会になってゆけばいいなと思っています。


佐々木 巌


20歳代の男性の手記より(痔ろう・入院手術・2009年夏)

病状はジロウです。
7月初めくらいに発覚しました。


最初はお尻に違和感がある程度だったんですが、
3日我慢してるうちに、どんどん痛みが増していき、
4日目の朝には、立っても、座っても、寝ても痛くなりました。


会社には出勤したのですが、あまりの痛さに耐えられず診察を受けました。


その日のうちにウミを抜く簡易手術を受け、痛みは治まりました。


しかし、完治するには手術しかないと言われ、一瞬悩みましたが、
結局 さっさと治したかったので先生にお任せしました。


結論、やってよかった!!


心配事もなくなったし、手術中も痛みが一切ありませんでした。


一週間の休暇だと思って、よく食べて、よく笑い、よく話し、
よく寝て、ある意味良いリフレッシュ期間になりました。


この病院を選んだ理由を最後に書きます。


・ 総合病院だと新米の先生に当たる可能性があるので嫌だった


・ 確かにお金は安くはないけど、それだけ自信があるのかなぁと思ったこと


・ 院長先生が、「治るまで 最後までおつき合いさせてもらいます」 と言いきったこと
  リスクに関しても、きちんと説明してもらったのがよかったです。


本当にありがとうございました!!


まだ完治していませんが、これからもよろしくお願いします♪
 


【 ドクターからのメッセージ 】


素早い決断だったので、時間的なロスも最小限で手術になりました。
この方のように、どうせやるならさっさとしたい方もおられます。


痛みが少なくて良かったですね。


入院中もお元気でしたネ。


もうしばらく、がんばって治療しましょう。


佐々木 巌





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



院内コンサートのご感想 vol.82

みのり先生の歌声、とても素敵でした


特に、真夏の果実は本当に素敵で、涙が出そうな程でした。。。
おださんの歌声も大好きです


院長先生のベースも、お子さんのチアも、ピアノ演奏も全部が本当に素敵で・・・
元気になれました


ありがとうございました


これからも、このキレイな歌声で、
OK倶楽部を続けていってほしいです
 


【 リクエスト 】


ぜひ!!
この病院内にとどまらず、どこかコンサートホールを借りて
もっとたくさんの人に歌声を披露してほしいです
 


【 ドクターからのメッセージ 】


これからも私の歌声が皆さんの心に届くよう、
心をこめて 愛をこめて 歌っていきたいと思っています。


ありがとうございました


佐々木 みのり
 



夢は大阪城ホールで院内(院外?)コンサートです(笑)


佐々木 巌


プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。